[展覧会みどころ]「超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵」Bunkamura ザ・ミュージアム

”写実絵画の殿堂”ホキ美術館所蔵作品が渋谷に集結

  • 記事中の画像・文章の転載及び引用を全て禁止します。

 Bunkamura ザ・ミュージアムにて展覧会「超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵」が、2020年3月18日(水)から5月11日(月)の期間で開催されます。
 現在、ブームとも言える盛り上がりをみせる写実絵画。1年に数点しか描くことができないほど作家が時間をかけて向き合い、丁寧に描かれた作品には、それぞれの画家が表現したい想いが込められ、ただ細密に描かれているだけでなく、写真や映像とは違った存在感を醸し出します。本展では“写実絵画の殿堂”と呼ばれるホキ美術館が所蔵する、現在の写実絵画を代表する作家たちの作品を紹介します。

ホキ美術館

 ホキ美術館は世界でもまれな写実絵画専門美術館として2010年11月3日に千葉市緑区に開館。そのコレクションは、保木将夫が収集した写実絵画作品、約480点から成っています。

  • [左] ホキ美術館 外観
  • [右] ホキ美術館 内観

作品一部紹介

  • [左] 野田弘志《聖なるものTHE-Ⅳ》2013年
  • [右] 五味文彦《いにしえの王は語る》2018年
  • [左] 石黒賢一郎《存在の在処》2001-2011年
  • [右] 生島浩 《 5:55 》 2007-2010年

出展作家(予定)

 森本草介、野田弘志、中山忠彦、青木敏郎、島村信之、小尾修、五味文彦、大畑稔浩、生島浩、磯江毅、原雅幸、石黒賢一郎、塩谷亮 ほか

チケット情報

お得な早割チケットが2019年10月12日(土)より発売されます。

  • 価格:1枚1,000円(税込) ※通常価格一般1,600円(一般のみ)
  • 販売期間:2019年10月12日(土)~2020年1月8日(水)
  • 販売場所:オンラインチケット MY Bunkamura、Bunkamura ザ・ミュージアム、Bunkamuraチケットセンター他

期間限定 小学生入館料無料!

  • 2020年3月18日(水)から4月5日(日)まで小学生は無料で入館できます。 

開催概要

※入館料・割引等については公式サイトをご確認ください。

  • 展覧会名:「超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵」
  • 会期:2020年3月18日(水)~5月11日(月) *4/14(火)のみ休館
  • 開館時間: 10:00-18:00(入館は17:30まで)
    毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
  • Bunkamura ザ・ミュージアム
  • お問合せ:ハローダイヤル 03-5777-8600
  • 公式サイト:https://www.bunkamura.co.jp/museum/index.html