[展覧会みどころ]「ハマスホイとデンマーク絵画」(東京都美術館)

“北欧のフェルメール”、再び東京へ。

 展覧会「ハマスホイとデンマーク絵画」が、東京都美術館にて2020年1月21日(火)より3月26日(木)の期間に開催されます。

  • 記事中の画像、文章の転載及び引用を全て禁止します。

 身近な人物の肖像、風景、そして静まりかえった室内――限られた主題を黙々と描いたデンマークを代表する画家ヴィルヘルム・ハマスホイ(1864-1916)。17世紀のオランダ絵画に影響を受け、静謐な室内表現を特徴とすることから“北欧のフェルメール”とも評される画家は、1990年代以降、パリのオルセー美術館やニューヨークのグッゲンハイム美術館などで次々と回顧展が開催され、再び脚光を浴びています。日本でも2008年に展覧会が開かれ、国内の美術ファンに強い印象を残しました。本展はハマスホイをはじめ、デンマーク近代絵画の精華を日本で初めて本格的に紹介する展覧会となります。

写真:展覧会のみどころを紹介する、山口県立美術館 萬屋(よろずや)健司 学芸員 記者発表会にて編集部撮影:2019年10月9日

作品紹介と展覧会みどころ

”北欧のフェルメール”、再び東京へ

 2008年の展覧会から約10年を経て、”北欧のフェルメール”と呼ばれるハマスホイの作品が再び日本に集結します。本展では、ハマスホイの作品約40点に加え、”デンマーク絵画の黄金期”と呼ばれる19世紀前半の絵画、スケーイン派の美しい作品、世紀末の首都で活躍した画家たちの作品など、魅力あふれるデンマーク絵画を日本で初めて本格的に紹介します。

  • [左] ヴィルヘルム・ハマスホイ 《室内》 1898年 スウェーデン国立美術館蔵 Nationalmuseum, Stockholm / Photo: Nationalmuseum
  • [右] ヴィルヘルム・ハマスホイ 《カード・テーブルと鉢植えのある室内、ブレズゲーゼ25番地》 1910-11年 マルムー美術館蔵 Malmö Art Museum, Sweden
  • [左] ヴィルヘルム・ハマスホイ 《寝室》 1896年 ユーテボリ美術館蔵 Gothenburg Museum of Art, Sweden 🄫 Photo: Hossein Sehatlou
  • [中] ヴィルヘルム・ハマスホイ 《ピアノを弾く妻イーダのいる室内》 1910年 国立西洋美術館蔵 〔東京展のみ出品〕
  • [右] ヴィルヘルム・ハマスホイ 《背を向けた若い女性のいる室内》 1903-04年 ラナス美術館蔵 © Photo: Randers Kunstmuseum
  • [上] ヴィルヘルム・ハマスホイ 《画家と妻の肖像、パリ》 1892年 デーヴィズ・コレクション蔵 The David Collection, Copenhagen
  • [下] ヴィルヘルム・ハマスホイ 《若いブナの森、フレズレクスヴェアク》 1904年 デーヴィズ・コレクション蔵 The David Collection, Copenhagen
  • [左] ヴィルヘルム・ハマスホイ 《農場の家屋、レスネス》 1900年 デーヴィズ・コレクション蔵 The David Collection, Copenhagen
  • [右] ヴィルヘルム・ハマスホイ 《室内―開いた扉、ストランゲーゼ30番地》 1905年 デーヴィズ・コレクション蔵 The David Collection, Copenhagen

”幸福の国”デンマークが生んだ、心あたたまる名画。

 国連の「世界幸福度ランキング」に何度も1位に輝くデンマーク。そのデンマーク人が大切にしているに価値観に”ヒュゲ”(hygge)というものがあります。これは”くつろいだ、心地よい雰囲気”といった概念で、暖かい部屋で家族や親しい友人と食事を楽しんだり、キャンドルをともして誕生日をお祝いするといった、ほっこりとした幸せな雰囲気を表す、デンマークのライフスタイルを語る上で欠かせないキーワードでもあります。
 19世紀末デンマークの画家たちが描き出した北欧の美しい自然やそこで暮らす人々、プライベートな空間でくつろぐ家族など、”何気ない日常に隠れたささやかな幸福”のイメージにはこの”ヒュゲ”が息づいています。

  • [左] ピーザ・スィヴェリーン・クロイア 《スケーイン南海岸の夏の夕べ-アナ・アンガとマリーイ・クロイア》 1893年 ヒアシュプロング・コレクション蔵 © The Hirschsprung Collection
  • [中] クレステン・クプゲ 《パン屋の傍の中庭、カステレズ》 1832年頃 ニュー・カールスベア彫刻美術館蔵 Ny Carlsberg Glyptotek, Copenhagen / © Photo: Ole Haupt
  • [右] ピーダ・イルステズ 《ピアノに向かう少女》 1897年 アロス・オーフース美術館蔵 ARoS Arhus Kunstmuseum / © Photo: Ole Hein Pedersen
  • [左] ヴィゴ・ヨハンスン 《春の草花を描く子供たち》 1894年 スケーイン美術館蔵 Art Museums of Skagen
  • [右] ヴィゴ・ヨハンスン 《きよしこの夜》 1891年 ヒアシュプロング・コレクション蔵 © The Hirschsprung Collection

企画チケット情報

  • 詳細は展覧会公式サイトをご確認ください。

「ハマスホイ プレミアムナイト」チケット

★ 価格:5,000円(税込) ※一般のみ ★定員:各回300名  ★ 実施日時:2020年1月25日(土)、2月1日(土) 各日18:00~20:30(入室は20:00まで)

夜間に人数限定で、ゆったりした環境で本展を楽しめる 「ハマスホイ プレミアムナイト」チケット。公式図録と音声ガイドもセット。数量限定で発売予定となります。

「ハマスホイ BAG」チケット

  • ポスターや公式図録がセットになった「ハマスホイBAG」付きチケットは限定1,000セットの発売予定。

★価格:7,000円(税込) ※一般のみ ★販売期間:2019年12月3日(火)~ ※なくなり販売終了 ★販売個数:限定1,000セット

限定1,000セットの豪華な内容

☆展覧会プレチラシ(A4) ☆ 展覧会ポスター(A3・二つ折り) ☆ 展覧会ポスター(B2・四つ折り) ☆ 展覧会ポスター(B3・二つ折り) ☆ 特製リーフレット(特製タトゥ付) ☆ 紙製ドキュメントフォルダー ☆ 公式図録 ☆ ポストカードセット 10枚

上記の内容を特製バッグに入れて、「ハマスホイとデンマーク絵画」特設ショップにてお渡し予定。

展覧会概要

  • ※観覧料及び各種割引、前売り券等について展覧会公式サイトをご確認ください。

東京会場

  • 会期:2020年1月21日(火)~3月26日(木)
  • 会場:東京都美術館(上野公園)
  • 主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館 、読売新聞社
  • 後援:デンマーク大使館
  • 協賛:大日本印刷
  • 展覧会公式サイト:https://artexhibition.jp/denmark2020/

山口会場

  • 2020年4月7日(火)-6月7日(日) 山口県立美術館

Amazon

美術展ぴあ2019-2020 (ぴあ MOOK)
  • ぴあ
  • 価格  ¥ 1,078
  • 販売者 Amazon.co.jp