[速報] 「おいしい浮世絵展」 2020年4月に森アーツセンターギャラリーで開催

「おいしい浮世絵展 ~北斎 広重 国芳が描いた江戸の味わい~」

 展覧会『おいしい浮世絵展 ~北斎 広重 国芳が描いた江戸の味わい~』が2020年4月17日(金)より森アーツセンターギャラリーで開催されることが発表されました。本展は、食を描いた浮世絵そのものの魅力と、現代のくらしにもつながる江戸の食文化を紐解くと同時に、実際に当時どのような料理法が存在したのかについても、再現料理の写真やレシピの解説を通じて紹介するというものです。

  • 展覧会メインビュジュアル

 浮世絵の世界には江戸の風俗史として「日本の食」が度々描かれてきました。 東京オリンピックの年である来年2020年に向け、日本の文化そしてその前身である江戸の文化にも世界的な注目が集まっている中、「浮世絵」と無形文化遺産にも登録された「和食」、これら2つの要素をかけ合わせたオリジナル展覧会となります。

  • 「見立源氏はなの宴」 歌川豊国(三代) 安政2年(1855) 味の素食の文化センター蔵

展覧会について

チケット、開館時間等については公式サイトをご確認下さい。

  • 展覧会名:「おいしい浮世絵展~北斎広重国芳たちが描いた江戸の味わい~」
  • 会期:2020年4月17日(金)~6月7日(日)
  • 会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
  • お問い合わせ:03-57775777-8600(ハローダイヤル)

公式サイト