1100本もの矢が飛ぶ!特別展「三国志」 会場レポ 東京国立博物館

特別展「三国志」 東京国立博物館 平成館にて2019年7月9日(火)より開幕

  • 記事中の写真は全て報道内覧会にて編集部撮影によるものです。転載、引用の全てを禁止します。

東京国立博物館 平成館(上野公園)では、2019年7月9日(火)より日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」が開催されます。開催決定発表の時点からSNS等で話題を呼んでいた同展。この夏、一番の人気と混雑が予想される展覧会といえるでしょう。会期は2019年7月9日(火)から9月16日(月・祝)まで。

編集部では開幕に先立って開催された報道内覧会を取材してきました。

本展の合言葉は「リアル三国志」。三国志は小説、漫画、ゲームなど、日本でも非常に人気の高いコンテンツです。展示ではこれらのコンテンツに対し、実物史料によって考古学ならではの、新たな三国志像の再構築を目指すというもの。漢から三国の時代の文物を最新の研究成果によって読み解いて行きます。

写真右側:関羽像(かんうぞう) 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

関連記事