[会期終了]「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」(東京国立近代美術館)

「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」 (※会期終了)

※会期終了にともない、画像表示を終了しています。

 東京国立近代美術館(東京・竹橋)では、鏑木清方(1878-1972)の幻の名作《築地明石町》(1927年)と、あわせて三部作となる《新富町》、《浜町河岸》(どちらも1930年)の新収蔵を記念した「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」展を2019年11月1日(金)から12月15日(日)の期間、開催中です。編集部では記者内見会を取材してきました。

  • 取材協力:東京国立近代美術館さま
  • 記事中の写真、画像、文章の転載及び引用を全て禁止します。

関連記事

鏑木清方について

鏑木清方(1878-1972)は東京神田に生まれ、浮世絵系の水野年方(1866-1908)に入門し、挿絵画家として画業をスタートさせました。日本画では文展、帝展を主たる舞台とし、美人画家として上村松園(1875-1949)と並び称されました。清方は大正前期、鳥居清長の《隅田川船遊び》から着想した《墨田河舟遊》(1914 年)に見られるように、浮世絵をもとにした近世風俗を主なテーマとしていました。それに変化が見られたのは大正末のこと。1923(大正12)年に起きた関東大震災を契機に再開発が進むなかで、清方は失われゆく明治の情景を制作のテーマに加えます。そうして生まれたのが《築地明石町》(1927 年)や、《三遊亭円朝像》(1930 年)、《明治風俗十二ヶ月》(1935 年)、といった名作の数々でした。


展覧会のようす

 展示は、所蔵品ギャラリー第10室。

  • このセクションの写真は 記者内見会にて編集部撮影によるもの

小説家・川口松太郎に贈った《鶴八》が追加出品

 追加出品された新出の清方作品。小説家の川口松太郎に贈った《鶴八》(製作年不詳)です。所蔵者は鑑定番組の出演で知られる中島誠之助氏。同作はこれまで展覧会に出品された記録のない新出作品です。

出品作品のポストカード12種

 出品作品のポストカードは全12種類で税込み100円。《築地明石町》《新富町》《浜町河岸》の3部作は全図と部分図を販売。1F中庭のミュージアムショップにて。

作品紹介

出品作品一覧

  • 《築地明石町》 1927年 絹本彩色、軸
  • 《新富町》 1930年 絹本彩色、軸
  • 《浜町河岸》 1930年 絹本彩色、軸
  • 《 《女歌舞伎》のための小下絵》 1910年彩色、紙、額(二点)
  • 《墨田河舟遊》 1914年 絹本彩色、屏風、六曲一双
  • 《晩涼》 1920年 絹本彩色、軸
  • 重要文化財《三遊亭円朝像》 1930年 絹本彩色、軸
  • 《目黒の栢莚》 1933年 絹本彩色、画巻
  • 《弥生の節句》 1934年 絹本彩色、軸
  • 《端午の節句》 1936年 絹本彩色、軸
  • 《明治風俗十二ヶ月》 1935年 絹本彩色、軸(十二幅対)
  • 《初冬の花》 1935年 絹本彩色、屏風、二曲一隻
  • 《鰯》 1937年 絹本彩色、軸
  • 《鶴八》 製作年不詳 ※特別出品

「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」について

休館日、観覧料、その他詳細については、東京国立近代美術館のHPをご確認ください。 https://www.momat.go.jp/

  • 展覧会名:「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」
  • 会場:東京国立近代美術館 所蔵品ギャラリー第10室
  • 会期:2019年11月1日(金)~ 12月15日(日)
  • 開館時間:10:00-17:00(金曜・土曜は10:00-20:00)
    • ※入館は閉館30分前まで
  • 休室日:月曜日(ただし11月4日は開館)、11月5日(火)
  • 主催:東京国立近代美術館、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会

Amazon

鏑木清方原寸美術館 100% KIYOKATA! (100% ART MUSEUM) 鏑木清方―逝きし明治のおもかげ (別冊太陽 日本のこころ 152) 鏑木清方 江戸東京めぐり 鏑木清方 (新潮日本美術文庫)

読者プレゼントのお知らせ

 読者プレゼント企画の応募は締切となりました。当選発表は発送をもってかえさせていただきますのであらかじめご了承ください。たくさんのご応募ありがとうございます。