チケプレ有[作品紹介]鏑木清方の幻の作品の特別公開が東京国立近代美術館で開催 

「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」 11月1日より東京国立近代美術館で

東京国立近代美術館(東京・竹橋)では、鏑木清方(1878-1972)の幻の名作《築地明石町》と、あわせて三部作となる《新富町》、《浜町河岸》(どちらも1930年)の新収蔵を記念し、「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」展として2019年11月1日(金)から12月15日(日)の期間、特別公開します。

関連記事

鏑木清方について

ポートレート
鏑木清方(1956年)
根本章雄氏提供

鏑木清方(1878-1972)は東京神田に生まれ、浮世絵系の水野年方(1866-1908)に入門し、挿絵画家として画業をスタートさせました。日本画では文展、帝展を主たる舞台とし、美人画家として上村松園(1875-1949)と並び称されました。清方は大正前期、鳥居清長の《隅田川船遊び》から着想した《墨田河舟遊》(1914 年)に見られるように、浮世絵をもとにした近世風俗を主なテーマとしていました。それに変化が見られたのは大正末のこと。1923(大正12)年に起きた関東大震災を契機に再開発が進むなかで、清方は失われゆく明治の情景を制作のテーマに加えます。そうして生まれたのが《築地明石町》(1927 年)や、《三遊亭円朝像》(1930 年)、《明治風俗十二ヶ月》(1935 年)、といった名作の数々でした。


予定されている出品作品

  • 《築地明石町》 1927年 絹本彩色、軸
  • 《新富町》 1930年 絹本彩色、軸
  • 《浜町河岸》 1930年 絹本彩色、軸
  • 《 《女歌舞伎》のための小下絵》 1910年彩色、紙、額(二点)
  • 《墨田河舟遊》 1914年 絹本彩色、屏風、六曲一双
  • 《晩涼》 1920年 絹本彩色、軸
  • 重要文化財《三遊亭円朝像》 1930年 絹本彩色、軸
  • 《目黒の栢莚》 1933年 絹本彩色、画巻
  • 《弥生の節句》 1934年 絹本彩色、軸
  • 《端午の節句》 1936年 絹本彩色、軸
  • 《明治風俗十二ヶ月》 1935年 絹本彩色、軸(十二幅対)
  • 《初冬の花》 1935年 絹本彩色、屏風、二曲一隻
  • 《鰯》 1937年 絹本彩色、軸
鏑木清方 《築地明石町》 1927(昭和2)年
絹本彩色・軸装 173.5×74.0cm 東京国立近代美術館 ⓒNemoto Akio
鏑木清方 《新富町》  1930(昭和5)年
絹本彩色・軸装 173.5×74.0cm 東京国立近代美術館 ⓒNemoto Akio
鏑木清方 《浜町河岸》 1930(昭和5)年
絹本彩色・軸装 173.5×74.0cm 東京国立近代美術館 ⓒNemoto Akio
鏑木清方 《三遊亭円朝像》 重要文化財 1930(昭和5)年
絹本彩色・軸装 138.5×76.0cm
東京国立近代美術館 ⓒNemoto Akio
鏑木清方 《鰯》 1937(昭和12)年
絹本彩色・軸装 72.0×86.0 東京国立近代美術館 ⓒNemoto Akio

「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」

休館日、観覧料、その他詳細については、東京国立近代美術館のHPをご確認ください。 https://www.momat.go.jp/

  • 展覧会名:「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」
  • 会場:東京国立近代美術館 所蔵品ギャラリー第10室
  • 会期:2019年11月1日(金)~ 12月15日(日)
  • 開館時間:10:00-17:00(金曜・土曜は10:00-20:00)
    • ※入館は閉館30分前まで
  • 休室日:月曜日(ただし11月4日は開館)、11月5日(火)
  • 主催:東京国立近代美術館、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会

読者プレゼントのお知らせ

 こちらの展覧会の招待券を5組10名様にプレゼントいたします。下記フォームより、必要事項を記入の上ご応募ください。 応募受付は2019年11月5日(火)23:59まで。当選発表は発送をもってかえさせていただきますのであらかじめご了承くださいませ。