【会期終了】[みどころ紹介] 企画展「砂丘に眠る弥生人 -山口県土井ヶ浜遺跡の半世紀-」 を取材してきたよ

企画展「砂丘に眠る弥生人 -山口県土井ヶ浜遺跡の半世紀-」

  • 会期終了にともない一部画像の表示を終了しました。
土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム学芸員 高椋 浩史(たかむくひろふみ)氏
報道内覧会にて編集部撮影

関連の常設展の紹介について追加しました。

国立科学博物館の企画展「砂丘に眠る弥生人 -山口県土井ヶ浜遺跡の半世紀-」が12月11日(火)より開催されています。(会期は2019年3月24日(日)まで)今回の展示は、弥生時代人骨の研究の契機となった土井ヶ浜遺跡を紹介し、その後の研究から最新の研究に至るまで、弥生人研究の歩みを紹介するというもの。モモモサーバー編集部では開催にさきがけて行われたプレス内覧会を取材してきました。

わたしたち日本人のルーツは弥生人

国立科学博物館では2018年春に企画展「沖縄の旧石器時代が熱い!」が開催されました。また夏にはお隣の東京国立博物館で特別展「縄文―1万年の美の鼓動」が開催され、「古代」と言うと石器時代や縄文時代を思い浮かべることが多いかも知れません。報道内覧会での国立科学博物館 副館長の篠田先生のお話によると、実は、現代人の遺伝子を調べると弥生時代の人々の遺伝子が8割、残りの2割が縄文人のものということで、私達は基本的には弥生人の子孫ということになるということです。

国立科学博物館 副館長(兼)人類研究部長 篠田 謙一(しのだけんいち)
報道内覧会にて編集部撮影

土井ヶ浜遺跡(山口県下関市)の弥生人

日本の人類史における大きな転換点となった弥生時代。大陸からもたらされた稲作は、当時の食べ物を変えたばかりではなく、社会や文化を変える原動力となりました。そのころの日本列島に暮らした人々は、どのような姿をして、どのように暮らしていたのでしょうか。彼らの生前の姿を現代に伝えてくれる弥生時代人骨の大半は、九州や山口県で数多く発見されており、その研究を通じて弥生時代の人々の姿や私たち日本人のルーツが明らかとなってきました。山口県下関市の土井ヶ浜遺跡は、砂丘の上に造られた弥生時代の集団墓地です。この遺跡から数多くの弥生時代の人骨が出土し、その発見は日本人のルーツを探る上で重要な情報をもたらしてくれました。

明治時代以降、日本人の起源論争が活発する中、弥生時代の人骨は発見されませんでした。そうした中、九州大学の人類学者 金関丈夫(かなせきたけお)氏のもとに弥生時代の人骨が出土したとの朗報がもたらされます。5回に渡る発掘調査を指揮した、金関氏は、約200体にのぼる弥生時代人骨を発見、それらの資料をもとに同氏は「渡来・混血説」を提唱します。土井ヶ浜遺跡発見以降、各地で弥生時代人骨が発見され、弥生時代の人々の形質には地域的な違いがあるなど、少しづつその姿があきらかになって行きます。

  • [左]金関丈夫 画像提供:九州大学総合研究博物館
  • [中]弥生時代人骨 画像提供:九州大学総合研究博物館
  • [右]土井ヶ浜遺跡出土 貝製品(土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム所蔵/奈良文化財研究所撮影)

会場のようすと展示のみどころ

展示会場入り口
編集部撮影

展示会場は「日本人の起源論争と弥生時代人骨」「弥生時代人骨の発見」「弥生人の誕生と広がり」「弥生時代人骨の受傷痕(じゅしょうこん)」「弥生人をめぐる最新研究」のセクションに分けれられており、弥生時代の人骨がが初めて発見された当時の資料からはじまり、最新の研究にいたるまで、弥生人研究の歩みが紹介されます。

会場内
編集部撮影

半世紀前の弥生人展についての資料も

1970(昭和45)年の「弥生人展」についての資料も展示されていました。当時は東名阪の他、広島、福岡の百貨店を会場として開催され、東京の小田急百貨店では17日間の会期になんと約11万人が来場し、大変な盛況ぶりだったそうです。

半世紀前の弥生人展についての展示も

当時は狩猟採集から水稲農耕への変化が骨の形を変化させた説も提示されていたとのことで、この後、出土資料の増加や他の研究分野からのアプローチを通じて徐々に渡来説へと収束していくことになります。

感想など

非常に印象的だったのは、集団墓であった土井ヶ浜遺跡に埋葬されていた人骨はすべて同じ方向を向いているという映像展示(こちらは撮影していませんのでぜひ直接ご覧になってほしいです)。実は全員が向いている方向には、海があり、弥生の人々が「海」に特別な想いを持っていたことが感じられます。まだまだわかっていないことが多いという弥生人と弥生時代の研究ですが、われわれのルーツが少しづつ見えてくるということに大変なロマンを感じる展示でした。

なお、会場は写真撮影はOKですが、一部撮影不可のものがあります。そのほか撮影時のルールについては会場内の掲示を必ずご確認ください。(当記事内の写真は国立科学博物館よりご提供いただいた写真及び、報道内覧会で取材許可の上で撮影しているものになります。)

関連展示

ちょうど展覧会会場の真上のフロアで関連の常設展示があります。弥生時代の資料や弥生人の模型が展示されている他、縄文人とも比較することができます。フロア奥には最新技術で解析された江戸時代のミイラが展示されています(こちらは写真撮影NG)。

2Fの常設展
編集部撮影

関連イベント

会期中、12月24日(月・祝)と2019年1月20日(日)に講演会が開催されます。
会場は日本館2階講堂で、いずれも定員100名、事前申込制。

  • 第1回:12月24日(月・祝)「形態とDNA」定員に達したため受付は終了しました。
  • 第2回:1月20日(日)「弥生時代と土井ヶ浜遺跡」

開催概要

企画展「砂丘に眠る弥生人」チラシ表面  画像提供:国立科学博物館
項目内容
展覧会名企画展「砂丘に眠る弥生人 -山口県土井ヶ浜遺跡の半世紀-」
会場国立科学博物館 日本館階企画展示室
開催期間2018年12月11日(火)~2019年3月24日(日)
開館時間午前9時~午後5時(金・土曜日は午後8時まで)
入館料常設展示入館料のみでご覧いただけます。
(一般・大学生:620円高校生以下および65歳以上無料)
休館日毎週月曜日(ただし、12月24日、1月14日、2月11日、2月25日は開館)
12月28日(金)~1月1日(火)、1月15日(火)、2月12日(火)
主催国立科学博物館
協力土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム、九州大学総合研究博物館

amazon

DNAで語る 日本人起源論 (岩波現代全書)
  • 篠田 謙一
  • 価格  ¥ 2,592
  • 販売者 Amazon.co.jp

関連記事