私の体験記!肌に若返り効果があった行い3つ

アイキャッチ

35歳を迎えたら一気に肌が老化!

35歳を過ぎると、びっくりするくらいお肌の調子が悪くなりました。

どんなふうに調子が悪いかというと、

  • キメとハリのない肌
  • 笑った時にできる目元のひどい皺
  • 頬にシミが出現!

小さい頃から、肌に関しては自信のあった私。30代前半までは全く肌トラブルとは無縁で、同じ年代の人と比べても若く見られ(恐縮ですが、自分でも若いなという自覚があるほどでした)かなり肌には自信がありました。

それが、35歳を過ぎたら年相応、いやそれ以上?の肌になってきたのです。年上のおばちゃんにも「ふみさんは、もう40歳くらい?」なんて言われることもあり、「くっそー。若くなってやる!」と強く思いました。

肌の若返り効果があった行い3つ ~私の場合~

ここでは、肌の老化予防のために紫外線対策が必要だとか化粧水をしっかりと塗るだとか、そういった基本的なことは書いていません。ここで紹介したいのは、私が実際に試して若返り効果のあったプラスαとなる肌のケアです。

1.夜の洗顔を重視!メイク落としはしっかりと

メイク落としの洗顔が重要だと感じたのは、美容部員さんからのアドバイスによるものです。

よく泡立てた石鹸をつけて洗った後の化粧水と、洗わずにつけた化粧水では、前者の方が圧倒的に浸透率が高いというアドバイスを受けました。実際に手の甲を顔に見立てて、そのような実験を行いましたが、メイク落としをしっかりと行った方の肌は、グングンと化粧水を吸収していきました。

化粧水の浸透率を上げるためにも、メイク落としと夜の洗顔は必須です!

2.代謝を上げる

これも、かなり肌に良かったです。半身浴などで大量の汗をかくことで、デトックス効果があったのか、全開していた毛穴も目立ちにくくなりました。毛穴の汚れがしっかりととれたからでしょうか。

半身浴が忙しくてできない時は、靴下を重ね履きにして足を温めるようにしました。そうすると、体がポカポカして代謝を促すのに効果的でした。

代謝を促すと、栄養が血流を通して肌のすみずみに行き渡り、肌の再生能力を高めると言われているので、ぜひお試しください。

3.目元の皺には“刺すヒアルロン酸シート”の効果がすごかった!





ヒアロディープパッチ

この商品はすごいです!

刺すヒアルロン酸シートにはメーカーによって違いはありますが、ヒアルロン酸を始めとする美容成分が入った注射針が100本~1300本ついています。そしてそれを目元に直接貼ってヒアルロン酸を入れるのです。

値段は高めですが、週に1度のケアで良いので、そんなに散在する心配はいりません。何より、エステや美容整形などに比べたら、安い!

しかも、使用方法は寝る前に目元に貼って寝るだけです。

シートについている注射針は美容成分でできた針なので大丈夫です。肌に指すと、溶けるようにできています。刺したときに、ほんの少しチクっとしますが痛くはありません。

私のように30代後半のまだ皺が浅い時期の人なら、この商品でちりめんじわが消せます!40代以降の人にも深いしわが浅くなり、かなりの効果が期待できると思われます。

私の場合は、目元のちりめんじわだけでなく、目元のクマやくすみも劇的に改善されました。目元は年齢が出やすい部分なので、この目元効果はかなり嬉しかったです。

諦めたら、そこで終わり!アンチエイジングで肌を取り戻そう!

35歳を過ぎてから本格的にアンチエイジングに身を乗り出した私。

ここで紹介した方法で、肌のキメが整い、目元の細かいちりめんじわも消せました。
私の自分自身による勝手な自己評価ですが、周りのママ友達と自分の肌を比較すると、30代前半のママと同じレベルのキメになってきたなぁと感じています。

30代後半は、キレイでい続けることができるかどうかの境目だと思います。同年代の人を見ても、スキンケアができてない人は皺やたるみが目立ち、スキンケアができている人は20代後半にも見える肌をしています。

まだ20代に見られたことはありませんが、夢は大きく20代のキメのある肌を取り戻すことです!良い結果が出たら、また報告します!


関連記事

私の冬の乾燥肌対策!粉がふいたときの簡単メイク直し術 [ズボラな人必見!]

プチプラ化粧品でも「うるおいお肌」になる保湿のコツ!| 私の冬の乾燥肌対策

読んでいただいてありがとうございました。
ハッピーな一日を!

ABOUTこの記事をかいた人

二児の子供を持つママさんライター。日頃の生活で感じた疑問をとことん追求するのが大好き。面白いと感じたことを記事にするのが生きがいになっている。