[行ってきた]「博物館でアジアの旅」東京国立博物館東洋館で日本インドネシア国交樹立60周年企画

展示室入り口編集部撮影

展示室入り口
編集部撮影

[開催中]「海の道 ジャランジャラン」

東京国立博物館で東洋館の作品を紹介する「博物館でアジアの旅」が2018年9月4日(火)~9月30日(日)に開催されます。
アジアの文化財を様々な切り口で紹介する企画「博物館でアジアの旅」は2014から始まった企画ではインドネシアがテーマ。赤道にまたがる1万以上の島々からなる国インドネシアは古来、人と物の盛んな往来があり、インドや中国をはじめとする各地に起源をもつ文化と土着の文化とが融合して、活力に満ちた独自の文化を育んできました。東洋館12・13室は各地との活発な交流によって栄えた多様なインドネシアの作品を紹介します。

ジャランジャランとは、インドネシア語で「散歩」のこと。「博物館でアジアの旅」で、東洋の美と多様性を堪能いただければ幸いです。(プレスリリース)


開催概要

東京国立博物館 東洋館<br/>博物館でアジアの旅 日本インドネシア国交樹立60周年 「海の道 ジャランジャラン」<br/>チラシイメージ

東京国立博物館 東洋館
博物館でアジアの旅 日本インドネシア国交樹立60周年 「海の道 ジャランジャラン」
チラシイメージ

  • 東京国立博物館 東洋館
  • 博物館でアジアの旅 日本インドネシア国交樹立60周年 「海の道 ジャランジャラン」
  • 2018年9月4日(火)~9月30日(日)

展示の様子など(9月5日追加)

9月4日の初日に会場に行ってきましたので展示の様子をご紹介します。

東京国立博物館正門横の看板は「海の道」の他、10月からの2つの特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」、「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」がフィーチャリングサれていました。そして正門から入って右方向にある東洋館は「海の道」仕様の装飾に。

展示室入り口編集部撮影

展示室入り口
編集部撮影

記事の後半でも広報写真で紹介していますが、伝統芸能ワヤンの人形にはヒゲ部分に人間のヒゲが使われていたり、非常に精緻な造作がなされています。

写真撮影について

東洋館は一部の展示物を除き写真撮影OKです(フラッシュ・三脚は不可)…が、注意するべきことがあります。この写真撮影不可の展示物が、普通に写真撮影OKの展示物に混ざって並んでいることが多いため、カメラを使う場合はいったんフロアの展示物をよく確認する必要があります。

主な展示作品の紹介~東洋館12室

特集「岡野繁蔵コレクションーインドネシア由来の染織と陶磁器」

岡野繁蔵は大正3年(1914)にスマトラに渡り、大正8年(1919)に貿易商社・大信洋行を設立、昭和8年(1933)以降、ジャワ島の各地に千代田百貨店を開店するなど、スマトラ島、ジャワ島を拠点とした実業家です。その傍らインドネシアで陶磁器・染織を中心に作品を蒐集しました。本特集では、岡野コレクションのなかから、スマトラ島やジャワ島などのバティック、イカットなどの染織と、東南アジア製の陶磁を紹介します。

カイン・パンジャン(腰衣)白地唐草花禽獣文様(こしごろも しろじからくさはなきんじゅうもんよう)バティック

カイン・パンジャン(腰衣)白地唐草花禽獣文様(こしごろも しろじからくさはなきんじゅうもんよう)バティック<br/>インドネシア、ジャワ島北岸、プカロガン 20世紀前半<br/>(展示期間:9月4日~11月4日)

カイン・パンジャン(腰衣)白地唐草花禽獣文様(こしごろも しろじからくさはなきんじゅうもんよう)バティック
インドネシア、ジャワ島北岸、プカロガン 20世紀前半
(展示期間:9月4日~11月4日)

赤と青を基調とした華やかな色使いで、様々な海と陸の生き物をデザイン。腰に巻いてスカートとして着用します。

白磁鳳首瓶(はくじほうしゅへい)

白磁鳳首瓶(はくじほうしゅへい)<br/>中国 北宋時代・11世紀<br/>(展示期間:9月4日~12月25日)

白磁鳳首瓶(はくじほうしゅへい)
中国 北宋時代・11世紀
(展示期間:9月4日~12月25日)

白磁鳳首瓶(はくじほうしゅへい)
中国 北宋時代・11世紀
(展示期間:9月4日~12月25日)

中国南部の広東地方で焼かれ、東南アジアへもたらされた白磁。鋭くはっきりと刻まれた鳳凰の顔が印象的です。

「東南アジアの金銅像」

独自の美術様式が花開いたインドシナ半島やインドネシアの金銅像を中心に展示します。

ジャムバラあるいはクベーラ坐像<br/>インドネシア、 中部ジャワ時代・8~9世紀<br/>(展示期間:9月4日~12月25日)

ジャムバラあるいはクベーラ坐像
インドネシア、 中部ジャワ時代・8~9世紀
(展示期間:9月4日~12月25日)

ヒンドゥー教でも仏教でも信仰された福徳の神。太鼓腹に、財宝を吐き出すマングースを手にするのが特徴です。

「インド・東南アジアの考古」

古来、東南アジアでは青銅製の楽器によるまつりが行われてきました。まつりの中核をなす楽器、銅鼓を展示します。

銅鼓(どうこ)<br/>インドネシア東部出土 初期金属器時代・6~12世紀<br/>(展示期間:9月4日~12月25日)

銅鼓(どうこ)
インドネシア東部出土 初期金属器時代・6~12世紀
(展示期間:9月4日~12月25日)

銅鼓の文化は海をわたり島から島へ。そしてアロール島へと伝わって、モコと呼ばれる細身のドラムになりました。

主な展示作品の紹介~東洋館13室

特集「ワヤンーインドネシアの人形芝居ー」

ワヤンとは、約千年前に始まり現在も盛んに上演される伝統芸能です。影絵人形を用いるワヤン・クリと木彫りの人形を用いるワヤン・ゴレがあります。この特集では、様々なキャラクターをとりあげ、地域による人形のちがいを紹介します。

ワヤン・ゴレ ウマルモヨ

ワヤン・ゴレ ウマルモヨ<br/>インドネシア、中部ジャワ 20世紀 田枝豪氏寄贈<br/>(展示期間:9月4日~12月25日)

ワヤン・ゴレ ウマルモヨ
インドネシア、中部ジャワ 20世紀 田枝豪氏寄贈
(展示期間:9月4日~12月25日)

木彫りの人形ワヤン・ゴレ。イスラーム教に基づく『アミル・ハムザ物語』で活躍する将軍ウマルモヨを表しています。

ワヤン・クリ ブトロ・グル

ワヤン・クリ ブトロ・グル<br/>インドネシア、中部ジャワ 20世紀後半 松本亮氏寄贈<br/>(展示期間:9月4日~12月25日)

ワヤン・クリ ブトロ・グル
インドネシア、中部ジャワ 20世紀後半 松本亮氏寄贈
(展示期間:9月4日~12月25日)

水牛の革に細かい透かしと鮮やかな彩色を施す。ブトロ・グルはヒンドゥー教の最高神シヴァに当たります。

「インドネシアの染織」

12室の特集「岡野繁蔵コレクション」にあわせて、岡野旧蔵のインドネシア染織を、スマトラ島、ジャワ島、その他の島々の3つのテーマに分けて展示します。

チョッキ 紫地縞文様浮紋織(むらさきじしまもんよううきもんおり)<br/>インドネシア、 スマトラ島 20世紀<br/>(展示期間:9月4日~9月30日)

チョッキ 紫地縞文様浮紋織(むらさきじしまもんよううきもんおり)
インドネシア、 スマトラ島 20世紀
(展示期間:9月4日~9月30日)

キラキラと輝く金糸で文様を織り入れたスマトラ島特有の織物でできた衣装。細身の男性が着用した晴れ着です。

「クリスー神秘なるインドネシアの武器ー」

神秘的な霊力が宿すとされるクリス(鉄剣)と槍を、地域ごとに展示します。

クリス<br/>インドネシア、ジャワ島東部 17~18世紀 J.C.ベイレフェルト氏寄贈<br/>(展示期間:7月18日~10月14日)

クリス
インドネシア、ジャワ島東部 17~18世紀 J.C.ベイレフェルト氏寄贈
(展示期間:7月18日~10月14日)

クリスは神秘的な霊力をもつと考えられています。現代のインドネシアでも、男性が正装をする際に腰帯に挿します。

関連イベントも

各日3人の研究員が「インドネシア」をキーワードに20分間ずつ、計70分間の東洋館の旅へ案内してくれる「スペシャルツアー インドネシアを巡る旅 ー添乗員はトーハク研究員ー」やボランティアによる東洋館関連ガイドツアーの「博物館でアジアの旅」特別バージョン、またインドネシアの伝統芸能「ジャワの影絵芝居ワヤン・クリ」の上演などのイベントも予定されています。詳細は東京国立博物館の公式サイトをご確認下さい。

開催概要

項目 内容
イベント名 博物館でアジアの旅 日本インドネシア国交樹立60周年
 「海の道 ジャランジャラン」
会場 東京国立博物館 東洋館
期間 2018年9月4日(火)~9月30日(日)
開館時間 9:30~17:00
※金・土曜日は21:00まで、
9月中の日曜日と9月17日(月・祝)、24(月・休)は18:00まで、
9月21日(金)・22日(土)は22:00まで

※入館は閉館の30分前まで

休館日 月曜日
※ただし9月17日(月・祝)、24(月・休)は開館、9月18日(火)、25(火)は休館
観覧料 一般620円(520円)/大学生410円(310円)
※( )内は20名以上の団体料金
※高校生以下、および満18歳未満と満70歳以上の方は無料。
入館の際に年齢のわかるものをご提示ください。
※障がい者とその介護者1名は無料。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。
※敬老の日(9/17〈月・祝〉)は総合文化展が無料
モモン

ライター:

モモモサーバー編集長。好きな食べものはカレーパンとパイナップル。興味のあることにどんどん首を突っ込んで行きたい。どちらかというと映画よりも展覧会やの方が自分のペースで楽しめるので気に入っている。