東京都美術館「おべんとう展」がすごく良いよ[こどもと一緒もおすすめ]

東京都美術館「おべんとう展」がすごく良いよ[こどもと一緒もおすすめ]

東京都美術館 入り口のおべんとう展看板編集部撮影

東京都美術館 入り口のおべんとう展看板
編集部撮影

企画展「BENTO おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン」
こどもも大人もファミリーも楽しい、見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会

東京都美術館(上野公園)では2018年7月21日(土)より企画展「BENTO おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン」が開催中です(会期は10月8日(月・祝)まで)。

日本独自の食文化であり、人と人をつなぐ「おべんとう」をコミュニケーション・デザインの視点から捉え、その魅力を来場者自身が体験しながら発見できる空間を作るというユニークなコンセプトのこの展覧会、遊び心のある江戸時代のユニークなデザインのお弁当箱や、現代の作家たちのインスタレーション、参加型の作品などが展示されます。

出品作家は、この分野の第一人者でもあるオランダ在住の“イーティング・デザイナー”マライエ・フォーゲルサングをはじめ、NHK番組「サラメシ」でも有名な“お弁当ハンター”の写真家 阿部了、“発酵デザイナー”の小倉ヒラクらを始めとしたアーティスト達。

この記事では企画展「BENTO おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン」の見どころ、また実際に行ってきた感想などをまじえその魅力をご紹介したいと思います。


先に結論ですが

こどもと一緒に楽しめる、かなりおすすめのアートイベントです!特別展「没後50年 藤田嗣治展」との相互割引を利用すると300円も割引で入場できるのもうれしいですよ!

展覧会概要

本展ロゴマーク

企画展「BENTO おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン」ロゴマーク

項目 内容
展覧会名 BENTO おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン
会期 2018年7月21日(土)~10月8日(月・祝)
開室時間 9:30から17:30まで(入室は閉室の30分前まで)
夜間開室 金曜日は20:00まで
※7/27(金)、8/3(金)、8/10(金)、8/17(金)、8/24(金)、8/31(金)はサマーナイトミュージアムにより21:00まで
休室日 月曜日、9月18日(火)、9月25日(火)
※8/13(月)、9/17(月・祝)、9/24(月・休)、10/1(月)、10/8(月・祝)は開室
会場 ギャラリーA・B・C
主催 東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)
後援 オランダ王国大使館(予定)
観覧料 一般 800円 / 大学生・専門学校生 400円 / 65歳以上 500円
※サマーナイトミュージアム割引
7月27日(金)、8月3日(金)、10日(金)、17日(金)、24日(金)、31日(金)の17:00以降は、一般600円、大学生・専門学校生 無料(証明できるものをご持参ください。)
特設サイト http://bento.tobikan.jp/

出品作家

  • 阿部了(写真家)、大塩あゆ美(料理家)、小倉ヒラク(発酵デザイナー)、北澤潤(現代アーティスト)、小山田徹(現代美術家)、平野太呂(写真家)、マライエ・フォーゲルサング(イーティング・デザイナー)、森内康博(映像作家)

出品コレクション

  • 国立民族学博物館、北区飛鳥山博物館、新宿区立新宿歴史博物館、お辧當箱博物館など

東京都美術館へのアクセス

  • 東京都美術館
  • 〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36

サマーナイトニュージアム割引

7月27日(金)、8月3日(金)、10日(金)、17日(金)、24日(金)、31日(金)の17:00以降は一般600円、大学生・専門学校生 無料(証明できるものをご持参ください)

相互割引

  • 特別展「没後50年 藤田嗣治展」の観覧券(半券可)を本展会場入口でご提示の方は、一般料金から300円引き(1枚につき1名1回限り)。
  • 「おべんとう展」の観覧券(半券可)を館内のチケットカウンターでご提示の方は、「没後50年 藤田嗣治展」の当日券が100円引き(1枚につき1名1回限り)
次のページへ
次のページより展覧会の見どころをご紹介していきます。