100人を超える作家たちのクレパス画「巨匠たちのクレパス画展 ー日本近代から現代までー」7月14日より新宿で

岡本太郎 《鳥と太陽》 制作年不明 35.6×25.3cm
サクラアートミュージアム蔵

塗る、こする、ひっかく・・・・・・・自由に描くことのよろこび。あの頃の記憶。

新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館にて2018年7月14日(土)より100人を超える作家たちの魅力あふれるクレパス画による競演「巨匠たちのクレパス画展 ー日本近代から現代までー」が開催されます。(9月9日(日)まで)巨匠たちのクレバスによる知られざる名作が一堂に紹介され、現代作品を含む100を超える作家達の約150点が展示され、クレパスを体験できるコーナーも設置されます。

子どものころ誰もが手にしたことのあるクレパス。クレヨンとパステルの良さを兼ね備えた画材として、1925(大正14)年に日本で発明されました。画面によく定着し、伸びやかで発色がよく、混色や塗り重ね、ひっかくなどの幅広い表現が可能です。クレパスが学校教材として普及したため、もっぱら子ども向けのものと思われがちですが、その優れた特性は、油絵具の入手が難しかった第二次大戦直後に多くの画家たちに注目され、次第に独自な画材として絵画表現に取り入れられるようになりました。 本展では、サクラアートミュージアムの絵画コレクションから、クレパス開発と普及に関わった画家・山本鼎をはじめ、大正から昭和にかけて日本画壇で活躍した巨匠たちを中心に、現代の作家たちの作品も併せて紹介します。100人を超える作家たちの魅力あふれるクレパス画の競演をどうぞお楽しみください。 (プレスリリースより)

展覧会の概要

項目 内容
展覧会名 巨匠たちのクレパス画展 ー日本近代から現代までー
会期 2018年7月14日(土)~9月9日(日)
※月曜休館
(ただし7月16日は開館、翌17日も開館)
会場 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
開館時間 午前10時から午後6時まで
(入館は午後5時30分まで)
主催 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
産経新聞社
協賛 損保ジャパン日本興亜
協力 サクラアートミュージアム
サクラクレパス
ターレンスジャパン
アムス
教育美術振興会
HP http://www.sjnk-museum.org/
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)

観覧料

チケット 観覧料
一般 1,000(800)円
大学・高校生 700(500)円
65歳以上 800円
中学生以下 無料

※( )内は前売および20名以上の団体料金
※前売券は4月24日|から7月13日まで販売
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保険福祉手帳を提示のご本人とその付添人1名は無料。
被爆者健康手帳を提示の方はご本人のみ無料

アクセス

〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
新宿駅西口より徒歩5分

展示作品の一部をご紹介

画像写真の無断転載を禁じます

岡本太郎 《鳥と太陽》 制作年不明 35.6×25.3cm
サクラアートミュージアム蔵

岡本太郎《虫》 制作年不明 38.9×55.4cm
サクラアートミュージアム蔵

三岸節子《花Ⅰ》 1940年頃 37.5×27.8cm
サクラアートミュージアム蔵 ©MIGISHI

猪熊弦一郎《顔》 1950年 39.3×27.8cm
サクラアートミュージアム蔵 ©The MIMOCA Foundation

山本鼎《江の浦風景》 1934年 50.0×60.1cm
サクラアートミュージアム蔵

熊谷守一《裸婦》 制作年不明 28.6×37.2 ㎝
サクラアートミュージアム蔵

山下清《花火》 制作年不明 54.4×38.5cm
サクラアートミュージアム蔵

小磯良平《婦人像》 1951年 40.0×31.4cm
サクラアートミュージアム蔵

舟越桂《習作》 2002年 39.0×30.0cm
サクラアートミュージアム蔵

福井江太郎《寧》 2014年 53.0×33.3cm
サクラアートミュージアム蔵

主な出品作家(50音順)

足立源一郎、有島生馬、池口史子、石井柏亭、伊藤継郎、井上護、猪熊弦一郎、梅原龍三郎、岡鹿之助、岡本太郎、荻太郎、笠井誠一、加山又造、熊谷守一、小磯良平、小絲源太郎、鴻池朋子、國領經郎、小杉小二郎、佐伯米子、鈴木信太郎、須田国太郎、田崎廣助、田村孝之介、寺内萬治郎、中村研一、難波田龍起、林武、福井江太郎、舟越桂、前田常作、三岸節子、宮永岳彦、宮本三郎、山口薫、山下清、山本鼎、山本文彦、吉原治良、脇田和   ほか、計100余名。

巨匠たちのクレパス画展 ー日本近代から現代までー

項目 内容
展覧会名 巨匠たちのクレパス画展 ー日本近代から現代までー
会期 2018年7月14日(土)~9月9日(日)
※月曜休館
(ただし7月16日は開館、翌17日も開館)
会場 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
開館時間 午前10時から午後6時まで
(入館は午後5時30分まで)
主催 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
産経新聞社
協賛 損保ジャパン日本興亜
協力 サクラアートミュージアム
サクラクレパス
ターレンスジャパン
アムス
教育美術振興会
HP http://www.sjnk-museum.org/
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
モモン

ライター:

モモモサーバー編集長。好きな食べものはカレーパンとパイナップル。興味のあることにどんどん首を突っ込んで行きたい。どちらかというと映画よりも展覧会やの方が自分のペースで楽しめるので気に入っている。