[かなり詳しい]特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」のみどころ紹介

報道発表会にて編集部撮影

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」2018年10月2日(火)より東京国立博物館 平成館で

東京国立博物館 平成館で特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」が2018年10月2日(火)より開催されます。
また、同一日程にて特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」が開催され、2展を鑑賞可能なセット券の発売も決定しています。

この記事では特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」の見どころを詳しくご紹介していきます。また記事の最後に無料観覧券の読者プレゼント企画があります。最後までぜひお読みくださいませ。プレゼントの応募は締切となりました。当選者の方には発送をもって発表にかえさせていただきます。

展覧会の概要

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」チラシ

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」チラシ

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」チラシ

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」チラシ

千本釈迦堂の名で親しまれる京都の大報恩寺は、鎌倉時代の1220年(承久2年)に、義空上人が開創した古刹であり、京都市内最古の木造建造物として国宝に指定されています。本尊は快慶の一番弟子、行快が制作した釈迦如来坐像。このほか、運慶晩年の弟子・肥後定慶による六観音菩薩像がそろって残されています。本展覧会では、これら大報恩寺に伝わる数々の「慶派」の名品が紹介されます。

項目 内容
展覧会名 特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」
会期 2018年10月2日(火)~12月9日(日)
会場 東京国立博物館 平成館3・4室
開館時間 9:30~17:00
金・土曜日、10/31、11/1は21:00まで
入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日
10月8日(月・祝)は開館、翌9日(火)は休館
主催 東京国立博物館
大報恩寺
読売新聞社
展覧会公式サイト https://artexhibition.jp/kaikei-jokei2018/
問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)

観覧料について

料金 当日 前売り 団体料金(20名以上)
一般 1,400円 1,200円 1,200円
大学生 1,000円 800円 800円
高校生 800円 600円 600円
  • 中学生以下無料
  • 障がい者とその介護者1名は無料(障がい者手帳等の提示が必要)

特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」との2展セット券

同一日程の特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」とのお得な2展セット券の販売もあります。

報道発表会にて 編集部撮影

  • セット券は東京国立博物館正門チケット売場にて2018年8月10日(金)より販売。
料金 当日 前売り
一般 2000円 1800円

アクセス

  • JR上野駅公園口・鶯谷駅南口より徒歩10分
  • 東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、東京メトロ千代田線根津駅、京成電鉄京成上野駅より徒歩15分

次のページへ
次のページより展覧会の見どころを詳しくご紹介していきます。
モモン

ライター:

モモモサーバー編集長。好きな食べものはカレーパンとパイナップル。興味のあることにどんどん首を突っ込んで行きたい。どちらかというと映画よりも展覧会やの方が自分のペースで楽しめるので気に入っている。