[行ってきた]「京都・醍醐寺 -真言密教の宇宙-」の見どころと感想(サントリー美術館)

六本木駅地下には巨大なメインビジュアルが<br />編集部撮影

六本木駅地下には巨大なメインビジュアルが
編集部撮影

「京都・醍醐寺 -真言密教の宇宙-」に行ってきた

六本木にあるサントリー美術館で「京都・醍醐寺 -真言密教の宇宙-」が2018年9月19日(水)より開催中です。(会期は11月11日(日)まで)2016年に中国の上海・西安で開催された展覧会では延べ80万人以上が来場し、大成功をおさめています。本展は中国展開催を記念して東京・福岡のニ会場で開催され、国宝34件、重要文化財43件と多数の貴重な寺宝が一挙に公開される貴重な展覧会となります。

この記事では「京都・醍醐寺 -真言密教の宇宙-」の見どころを広報画像を交えてご紹介するとともに、実際に会場で観てきた感想や混雑の状況などの現地情報も掲載しています。

一部のクレジット表記を修正変更/プレゼントの応募を締切。ありがとうございました。/

初日に観覧した感想など会場レポート

最初から感想…

サントリー美術館入り口にはメインビジュアルとともに本日初日の貼紙が<br />編集部撮影

サントリー美術館入り口にはメインビジュアルとともに本日初日の貼紙が
編集部撮影

2018年秋の展覧会の中でも、個人的に非常に行きたいと思っていた美術展、居ても立ってもいられず業務を抜けて(!)初日に行ってきました。この後、オフィシャルとしての見どころ紹介を広報画像とともにご紹介しますが、まずは私の興奮を知って欲しいので冒頭に書きます(笑)。非常におすすめです。ありがたい展示なので東京巡りのコースに絶対いれて欲しいかなと!!!

874年に理源大師聖宝によって開創された真言密教の中核寺院のひとつ京都・山科の醍醐寺。その醍醐寺の歴史を示す約15万点もの寺宝から選りすぐりの名品達を紹介する本展ですが、入場するとまず、チラシのメインビジュアルである仏像・重要文化財「如意輪観音坐像」から展示が始まります。メインビジュアルがいきなり最初から展示されているというのも珍しい構成ですが、ともかく編集長はもう、冒頭で涙が出てきました。(※金色のモノに弱いということもありますが笑)時を超える仏の慈しみとか美の心が伝わる瞬間に出会え、素晴らしい体験をさせてもらえたと思いました。(あ、このへんの感じ方には個人差がございますので悪しからず…)

音声ガイドがオススメです

音声ガイド(550円)には藤村紀子氏による解説ナレーションの他、スペシャルトラックとして本展仏像大使である、みうらじゅん氏、いとうせいこう氏の仏像トークが収められています。これがとても楽しく、オモシロトークとともにポイントを押さえてくれていてオススメです。(内容については是非会場で!)

混雑と所要時間

初日は水曜日で平日、行ったのは午後4時すぎですが、まぁまぁ快適に観覧レベルの混雑でした。場所も良いので土日はもっと混雑するはずです。また、音声ガイドの間隔が比較的短いため人の流れがかなりゆっくりペースです。なので音声ガイドなしの方だと混雑している場合はなかなか先に進めず???となるのかなと思います。所要時間としては特に混雑していない状態で音声ガイドを聞きながら回って90分前後ということころでしょうか。別記事でも書こうと思ってますが「みほとけツアー」的に展覧会をハシゴしたりミッドタウンで食事したりするのにちょうど良いボリュームかと思います。

「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-」チラシ画像

「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-」チラシ画像

開催概要

項目 内容
展覧会名称 京都・醍醐寺 -真言密教の宇宙-
Daigoji Temple: A Shingon Esoteric Buddhist Universe in Kyoto
会場 サントリー美術館
会期 2018年9月19日(水)~11月11日(日)
主催 総本山醍醐寺
サントリー美術館
日本経済新聞社
テレビ東京
BSジャパン
展覧会公式HP http://daigoji.exhn.jp/

2019年1月29日(火)からは福岡展も開催

  • 会場:九州国立博物館
    • 〒 818-0118 福岡県太宰府市石坂 4-7-2
    • NTTハローダイヤル 050-5542-8600(午前8時~午後10時/年中無休)
    • 博物館公式HP:http://www.kyuhaku.jp/
  • 会期:2019年1月29日(火)~3月24日(日)
  • 主催 :総本山醍醐寺、九州国立博物館・福岡県、西日本新聞社、日本経済新聞社、TVQ九州放送、BSジャパン

関連記事

次のページへ
次のページより展覧会の見どころを詳しくご紹介していきます。