[速報]「ハマスホイとデンマーク絵画」 ”北欧のフェルメール” 2020年に東京へ(東京都美術館)

[速報]「ハマスホイとデンマーク絵画」 ”北欧のフェルメール” 2020年に東京へ(東京都美術館)

「ムンク展」が始まったばかりの東京都美術館ですが、再来年2020年の展覧会のチラシ配布が始まっていました。デンマーク近代絵画の精華を日本で初めて本格的に紹介する展覧会「ハマスホイとデンマーク絵画」です。

身近な人物の肖像、風景、そして静まりかえった室内――限られた主題を黙々と描いたデンマークを代表する画家ヴィルヘルム・ハマスホイ(1864-1916)。17世紀のオランダ絵画に影響を受け、静謐な室内表現を特徴とすることから“北欧のフェルメール”とも評される画家は、1990年代以降、パリのオルセー美術館やニューヨークのグッゲンハイム美術館などで次々と回顧展が開催され、再び脚光を浴びています。日本でも2008年に展覧会が開かれ、国内の美術ファンに強い印象を残しました。(チラシより)

現在わかっている開催概要

項目 内容
展覧会名 「ハマスホイとデンマーク絵画」
日程 2020年1月21日(火)から3月26日(木)
場所 東京都美術館
主催 東京都美術館、読売新聞社
後援 デンマーク大使館

また、巡回展が2020年4月7日(火)-6月7日(日)山口県立美術館にて開催される予定ということです。

展覧会公式サイト

すでに立ち上がっていました。

続報わかり次第お伝えします!