「草間彌生と世界の現代アート作家展」2/1 よりアールグロリューギャラリーで開催(銀座)

(株)大丸松坂屋百貨店が、GINZA SIX5階で運営するアートギャラリー、Artglorieux GALLERY OF TOKYO(アールグロリュー ギャラリーオブトーキョー)にて、2018年2月1日(木)から2月14日(水)まで、「草間彌生と世界の現代アート作家展」が開催されます。

草間彌生 Yayoi Kusama Pumpkin(White T) 1991年 シルクスクリーン、額 72.3 x 60.4 cm

近年、香港や台湾、シンガポール、上海など、アジアを中心にアート熱が高くなっているということで、特に世界で認められた現代アートの作家作品は年々入手が難しくなっています。2月1日(木)〜2月14日(水)アールグロリューで開催する「草間彌生と世界の現代アート作家展」では、戦後美術史に大きな足跡を残し続け、日本を代表する前衛現代アート作家となった草間彌生の作品を中心に、同時代からそれ以降に活躍した世界の著名な現代アート作家の作品が紹介されます。

また、アンディ・ウォーホルやデビッド・ホックニーなどの60年代に全盛期を迎えたポップアートや、それ以降ポップアートの影響を受け現れたミニマルアート、80-90年代に活躍したジェフ・クーンズやジュリアン・オピーなど様々な現代アートを展示。

アンディ・ウォーホル, Andy Warhol  Committee 2000 1982年 シルクスクリーン、額 76.35 x 50.95 cm

ジャスパー・ジョーンズ, Jasper Johns VIOLA 1971 – 72年 リトグラフ、額 73.7 x 109.2 cm

ジュリアン・オピー, Julian Opie Elena and Cressie get ready for the party 4, 2011年 アクリルにシルクスクリーン、 インクジェットシート、 アルミニウム額 78 × 62 × 3.8 cm

アールグロリューについて

アールグロリューは、株式会社大丸松坂屋百貨店が運営するギャラリーです。

モモン

ライター:

モモモサーバー編集長。好きな食べものはカレーパンとパイナップル。興味のあることにどんどん首を突っ込んで行きたい。どちらかというと映画よりも展覧会やの方が自分のペースで楽しめるので気に入っている。