京都・平安神宮で紅しだれコンサート開催!超豪華出演者終結!300本の京桜と和洋楽器の奇跡のコラボレーション!

2018年4月5日(木)~4月8日(日)の4日間、京都・平安神宮にて「平安神宮 紅しだれコンサート2018」開催

京都・平安神宮にて、2018年4月5日(木)~4月8日(日)の4日間、「平安神宮 紅しだれコンサート2018」が開催されます。

イベントの概要

項目 内容
イベント名 平安神宮 紅しだれコンサート2018
場所 京都・平安神宮
会期 2018年4月5日(木)~4月8日(日)の4日間
時間 18時15分~21時00分
最終入場は20時30分・雨天決行
問い合わせ先 『平安神宮紅しだれコンサート』事務局(京都新聞COM営業部内)
電話075(241)6170
※土日祝日除く 受付時間10時~17時
公式サイト http://www.kyoto-np.co.jp/kp/kyo_np/info/moyoosi/2018benishidare/
  • 演奏一回目 18時40分~19時20分、演奏二回目 19時50分~20時30分となり、演奏一回目も演奏二回目も同じ内容の演奏となります。
  • 入れ替えせずに、回遊式の演奏となります。
  • 客席はありません。

入場料

  • 入場料:一人2,000円(税込)、前売券1,700円(税込)
    • 小学生以上は有料となります。
      -前売券3月1日より発売
    • 前売券の販売は、京都新聞ホームページ、ジェイアール東海ツアーズ、日本旅行、京都新聞販売所、京都新聞文化センター、高島屋京都店、大丸京都店、イープラス(ファミリーマート)、電子チケットぴあ(セブンイレブン、サークルKサンクス)、ローソンチケット(ローソン、ミニストップ)など。

平安神宮の東神苑と南神苑の紅しだれ桜をこの期間だけ、特別にライトアップ!300本もの紅しだれ桜を前に、幻想的な空間と音楽が楽しめるコンサート

コンサート期間中だけ、300本もの紅しだれ桜が特別にライトアップされます。豪華出演者による和洋様々な音楽を聴きながら、幻想的な空間が楽しめるようになっています。桜を見るだけでなく、音楽による相乗効果で、京都の春を堪能してみてください。

開催30年目を迎える節目のコンサート!日替わりで豪華ゲストを迎え、コンサートに華を添える

「平安神宮 紅しだれコンサート」は、平安遷都1200年記念事業の一環として開催されたものです。今回のコンサートは、開催30年目を迎えることから、節目の年にふさわしい豪華ゲストを招き、最高の舞台演奏を行います。毎年、コンサート開始の2時間前には、1,000人を超える行列ができ、大変人気のあるコンサートとなっています。

出演者一覧

4月5日(木) 雅楽師・東儀秀樹

4月6日(金) ヴァイオリニスト・宮本笑里

4月7日(土) 尺八演奏家・藤原道山

4月8日(日) アコースティックギターデュオ・DEPAPEPE

「平安神宮紅しだれコンサート」のコンセプト

京都新聞によって平安遷都1200年記念事業の一環として1989年より、「平安神宮紅しだれコンサート」を開催しています。日本人の雅の象徴である紅しだれ桜を静寂な闇に浮き立たせ、優雅な音色と融合させる事業は、長く京都の春の風物詩として定着しています。

ふみ

ライター:

二児の子供を持つママさんライター。日頃の生活で感じた疑問をとことん追求するのが大好き。面白いと感じたことを記事にするのが生きがいになっている。