特別展「池大雅」2018年4月、過去最大規模で(京都国立博物館 )

京都国立博物館 特別展「池大雅」チラシ

京都国立博物館 特別展「池大雅」チラシ

京都国立博物館の春の特別展「池大雅 天衣無縫の旅の画家」

2018年4月7日より京都国立博物館で特別展「池大雅 天衣無縫の旅の画家」が開催されます。国内では85年ぶり、過去最大規模での大回顧展。出展作品も過去最大の120件を上回る約180件を予定しています。

特別展「池大雅」展覧会概要

洞庭赤壁図巻(部分)池大雅筆(通期展示)

洞庭赤壁図巻(部分)池大雅筆(通期展示)

  • 2018年4月7日(土)より5月20日(日)
  • 会場:京都国立博物館 平成知新館
  • 開館時間:9時30分〜18時
    — (金土曜日は20時まで)
    — 入館は閉館時間の30分前まで
    — 休館日は月曜日、4/30(月祝)は開館、翌5/1(火)は休館
  • 観覧料:一般1500円、大学生1200円、高校生900円(当日券の場合)
  • 主催:京都国立博物館、読売新聞社

先のエントリにて、記者発表会の様子をお伝えしましたが、この記事ではさらに詳しく特別展「池大雅」についてご紹介したいと思います。

京都国立博物館が2018年の2大特別展「池大雅」展と「京のかたな」展を発表

南画の大成者、池大雅

池大雅(1723-76)は、円山応挙や伊藤若冲など、個性派画家がしのぎを削る江戸時代中期の京都画壇において、与謝蕪村とともに『南画の大成者』と並び称される画家です。 その作品は、寡欲で恬淡、きわめて謙虚だったと伝えられる人柄を象徴するかのような、清新で衒いのない明るさに満ちています。天性の才ともいえる柔軟で芯の通った線描、みずみずしい色彩感覚、おおらかで雄大な空間表現など、江戸時代を彩る数多の画家のなかでも最も魅力的であり、かつ最も重要な画家の一人といえます。

大雅の初期から晩年にいたる代表作を一堂に集めご覧いただくことで、池大雅という画家、ひいては江戸時代の南画の魅力を多くの方々と共有することを大きな目標としています。(プレス用資料より)

特別展では、その人となりや幅広い 交友関係を示す資料を通し、当時から愛された人間大雅の魅力に迫るとともに、「旅の画家」としての池大雅の姿、その旅が絵画制作に果たした役割についても検証していきます。

国内では85年ぶりの大回顧展

  1. 85年ぶりの大回顧展
  2. 過去最大規模の大雅展
  3. 18世紀京都画壇三巨匠、最後の一人登場 (プレス用資料より)

池大雅の回顧展は国内では長らく開催されておらず、近年ではむしろ海外において大規模な展覧会が行われ、大きな注目を集めました。

国内で開催された大雅の回顧展としては、昭和8年(1933)恩賜京都博物館(現在の京都国立博物館)の「池大雅遺墨展覧会」がありますが、今回の特別展「池大雅」はそれ以来、実に85年ぶりの大回顧展となります。出展作品も過去最大の120件を上回る約180件が予定され、円山応挙展(1996年)、伊藤若冲展(2000年)に続き、18世紀京都画壇の三巨匠最後の一人の登場となる待望の展覧会です。

展示について

旅する画家、大雅の人生をたどり、初期から晩年にいたる代表作が展示されます。

「文人画(南画)とは何ぞや、ということ以上に、池大雅の人柄を反映した明るい作品、それ自体の魅力を表現した展覧会です。旅する画家、池大雅の人生の追体験をしてもらえれば」(記者発表会にて、京都国立博物館 福士雄也研究員)

ABOUTこの記事をかいた人

モモモサーバー編集長。 興味のあることにどんどん首を突っ込んで行きたい。 カレーパンが大好き。