左から、浅井健博NHKスペシャル「人体」チーフプロデューサー、
山田格博士(国立科学博物館 名誉研究員)、
篠田謙一博士(国立科学博物館 副館長 兼 人類研究部長)

2018年3月に特別展「人体-神秘への挑戦-」

11月30日、国立科学博物館で2018年3月に開催の特別展「人体-神秘への挑戦-」についての記者発表会が開催されました。

過去の同館の展示「人体の世界展 現代の解体新書」(95年)は63日間で45万人の来場者を記録しています。今回の特別展は、NHKスペシャル「人体 神秘の巨大ネットワーク」と連動、人類がどのようにして人体の神秘に挑戦して行ったのか、先人たちの足跡と現代の最先端の研究成果を合わせて体感できる展示となるようです。

編集部も記者発表会にお邪魔しましたので特別展の見所等をお伝えしたいと思います!