先行特集「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」パースで見る展示会場の様子

展覧会ロゴ

「荒木飛呂彦原画展」展覧会ロゴ

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」国立新美術館で

2018年8月24日(金)から国立新美術館で開催される「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」、コアなファンが多いことで知られる『ジョジョ』の展覧会とあって、どんな展示か早く知りたい!という方も多いのではないでしょうか。この記事では会場パースを使い、実際どのような形で展示がされるのかをご紹介します。

関連記事

オリジナルグッズ関連の特集記事を別にアップしています。

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」のグッズがすごい!

2018.07.25

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」東京会場

展覧会キービジュアル 東京会場(c)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

展覧会キービジュアル 東京会場
(c)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

大阪会場は11月25日(日)より

展覧会キービジュアル 大阪会場
(c)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

本展は東京会場の後、11月25日(日)より大阪文化館・天保山(海遊館となり)に巡回します。東京会場よりも長い51日間の会期が設定されています。

  • 大阪文化館・天保山(海遊館となり)
  • 2018年11月25日(日)~2019年1月14日(月) [51日間]
  • プレビューデイ2018年11月23日(金・祝)、11月24日(土)

見どころ

多彩な展示セクションに加え、この展覧会でしか公開されない荒木飛呂彦による完全新作の大型描き下ろし原画、全12枚が展示されるなど、まさに史上空前の<JOJO>の祭典にふさわしい展示となりそうです。

1987年から連載開始した『ジョジョの奇妙な冒険』。本作は歴史を重ねるうちに、作品そのものはもちろんのこと、その世界観や影響力が波紋のように拡がり続けています。本展では、初公開を含む豊富な原画や関係資料を、多角的かつ斬新な手法を取り入れた展示で展開する史上空前の<JOJO>の祭典となります。(プレスリリース)

展示の構成、内容など

全体は8つのチャプター+展覧会特設ショップからなる見込みです。展示各CHAPTERのパース画像を入手していますので順にご紹介していきたいと思います。原作ファンならニヤリとしてしまうタイトルがそれぞれついているのが期待を高めますね。

CHAPTER1 ジョジョクロニクル

誕生30年の歩みが詰まったこのCHAPTERでは主人公や舞台を変えながら脈々と受け継がれるジョジョ達の数奇にして壮大な運命の物語を振り返ります。

「荒木飛呂彦原画展」パース画像「ジョジョクロニクル」※画像はイメージです。

「荒木飛呂彦原画展」パース画像「ジョジョクロニクル」
※画像はイメージです。

CHAPTER2 宿命の星 因縁の血

豊富なカラー原画とともに強い信念を感じさせる言葉やシーンを対比、宿命と因縁を背負いながら対峙する主人公やライバルたちの”光と闇”が作る世界を浮かび上がらせます。

「荒木飛呂彦原画展」パース画像 「宿命の星 因縁の血」※画像はイメージです。

「荒木飛呂彦原画展」パース画像 「宿命の星 因縁の血」
※画像はイメージです。

CHAPTER3 スタンド使いはひかれ合う

『ジョジョ』といえばこの”スタンド”。”奇妙な冒険”をさらに引き立たせる個性豊かなスタンドとキャラクターが大集結。

「荒木飛呂彦原画展」パース画像 「スタンド使いはひかれ合う」

※画像はイメージです。

CHAPTER4 JOJO’s Design

印象的なポージング、ファッション、構図など『ジョジョ』のアーティスティックな側面に注目、そのデザインが生み出す世界を彩るカラー原画が展示されます。

「荒木飛呂彦原画展」パース画像 「JOJO's Design」※画像はイメージです。

「荒木飛呂彦原画展」パース画像 「JOJO’s Design」
※画像はイメージです。

CHAPTER5 ハイ・ヴォルテージ

第7部までの主人公とそのライバル達の”最高潮のバトルシーン”を一挙に展示!

「荒木飛呂彦原画展」パース画像 「ハイ・ヴォルテージ」※画像はイメージです。

「荒木飛呂彦原画展」パース画像 「ハイ・ヴォルテージ」
※画像はイメージです。

CHAPTER6 映像展示 AURA<アウラ>

ビジュアルデザインスタジオWOWによるコラボレーション展示。スタンド誕生の瞬間がアーティスティックに描かれる映像展示。

「荒木飛呂彦原画展」パース画像 「映像展示 AURA<アウラ>」※画像はイメージです。

「荒木飛呂彦原画展」パース画像 「映像展示 AURA<アウラ>」
※画像はイメージです。

CHAPTER7 大型新作原画ゾーン

「荒木飛呂彦原画展」パース画像 「大型新作原画ゾーン」※画像はイメージです。

「荒木飛呂彦原画展」パース画像 「大型新作原画ゾーン」
※画像はイメージです。

本展最大のみどころ。荒木飛呂彦が本展覧会のために描き下ろした完全新作の大型原画(2,000mm×1,200mm)、全12枚。本展でしか見ることのできない、新たなる”奇妙な冒険”をお見逃しなく!

CHAPTER8 ジョジョリロン

『ジョジョリオン』ならぬ「ジョジョリロン」と題し『ジョジョ』の斬新な発想、手法など、荒木飛呂彦の創作の秘密に迫ります。

「荒木飛呂彦原画展」パース画像 「ジョジョリロン」※画像はイメージです。

「荒木飛呂彦原画展」パース画像 「ジョジョリロン」
※画像はイメージです。

チケットについて

チケットは完全日時指定制で販売中です。会期前〜会期中を通し各回売り切れ次第、販売終了というシステムです。ただし、各回残券がある場合のみに限り当日も販売があります。東京会場の会期前販売チケットの販売期間は8月23日(木) 23:59とまでとなります。詳細については公式サイトをご確認くださいませ。

開催概要(東京会場)

項目 内容
展覧会名 荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋
会期 2018年8月24日(金)~10月1日(月) [34日間]
休館日 毎週火曜日
開館時間 10:00~18:00
(毎週金・土曜日は21:00まで)
※最終入場は閉館の30分前まで
会場 国立新美術館 企画展示室2E(東京・六本木)
主催 国立新美術館、集英社
協賛 NTTドコモ、大日本印刷、ローソンチケット
協力 NTTコミュニケーションズ、日立コンシューマ・マーケティング
お問合わせ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)

開催概要(大阪会場)

項目 内容
展覧会名 荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋
会期 2018年11月25日(日)~2019年1月14日(月) [51日間]
プレビューデイ2018年11月23日(金・祝)、11月24日(土)
休館日 ※会期中無休
開館時間 10:00~20:00
※最終入場は閉館の30分前まで
会場 大阪文化館・天保山(海遊館となり)
主催 集英社
協賛 NTTドコモ、大日本印刷、ローソンチケット
お問合わせ 050-5542-8600 (ハローダイヤル)
(全日8:00-22:00)
※2018年11月20日(火)まで対応

関連記事

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」のグッズがすごい!

2018.07.25

[ad]超像可動 『ジョジョの奇妙な冒険 第七部 スティール・ボール・ラン』ジョニィ・ジョースター 約150mm PVC&ABS&POM 塗装済み可動フィギュア
超像可動 『ジョジョの奇妙な冒険 第七部 スティール・ボール・ラン』ジョニィ・ジョースター 約150mm PVC&ABS&POM 塗装済み可動フィギュア

モモン

ライター:

モモモサーバー編集長。好きな食べものはカレーパンとパイナップル。興味のあることにどんどん首を突っ込んで行きたい。どちらかというと映画よりも展覧会やの方が自分のペースで楽しめるので気に入っている。