縄文の国宝全6件が集結!特別展「縄文―1万年の美の鼓動」を徹底的に予習する記事

特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

東京国立博物館・平成館にて2018年7月3日(火)から9月2日(日)まで特別展「縄文―1万年の美の鼓動」が開催されます。「縄文の美」をテーマに縄文時代草創期から晩期まで、日本列島各地で育まれた優品を一堂に集めて、その形に込められた人々の技や思いに迫るこの特別展、今回、抽選で5組の方にこちらの展覧会の無料観覧券をペアでプレゼントいたします。最後までぜひお読みくださいませ。

2018/06/12追記
読者プレゼントの応募は締切となりました。たくさんのご応募ありがとうございます。当選発表は発送をもってかえさせていただきますのでご了承くださいませ。

では、現在わかっている情報をお伝えしていきます!

特別展「縄文―1万年の美の鼓動」 開催概要

項目 内容
展覧会名 特別展「縄文―1万年の美の鼓動」
会場 東京国立博物館 平成館(東京・上野公園)
会期 2018年7月3日(火)〜9月2日(日)
開館時間 午前9時30分から午後5時
※金曜・土曜は午後9時まで
日曜日および7月16日(月・祝)は午後6時まで
入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日、7月17日(火曜日)
ただし7月16日(月・祝)、8月13日(月)は開館
主催 東京国立博物館
NHK
NHKプロモーション
朝日新聞社
協賛 凸版印刷
展覧会公式サイト http://jomon-kodo.jp/

観覧料

観覧料(税込) 当日券 前売券 団体券
一般 1,600円 1,400円 1,300円
大学生 1,200円 1,000円 900円
高校生 900円 700円 600円
  • 中学生以下無料
  • 団体は20名以上
  • 障がい者とその介護者1名は無料
    • 障がい手帳等要提示

お得な早割2枚セット券は3月1日より4月2日まで

3月1日より販売が開始されている早割2枚セット券は、2枚セット券で2,200円と、通常の前売り券以上にお得です。

  • 早割2枚セット券販売期間(2,200円):3月1日(木)〜4月2日(月)
  • 前売り券販売期間:4月3日(火)〜7月2日(月)

東京国立博物館 平成館へのアクセス

  • 東京国立博物館 平成館
  • 〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

特別展「縄文―1万年の美の鼓動」のみどころ

1.縄文の国宝・重要文化財、大集合

数ある縄文時代の出土品のなかでも国宝は6件のみ。本展ではこの6件全てが初めて勢ぞろいします。(期間限定:7月31日(火)〜9月2日(日)

6件の国宝の一つ、「国宝 土偶 縄文(じょうもん)のビーナス」

国宝 土偶 縄文(じょうもん)のビーナス 長野県茅野市 棚畑遺跡出土長野・茅野市蔵(茅野市尖石縄文考古館保管)展示期間:7月31日(火)~9月2日(日)

国宝 土偶 縄文(じょうもん)のビーナス
長野県茅野市 棚畑遺跡出土
長野・茅野市蔵(茅野市尖石縄文考古館保管)
展示期間:7月31日(火)~9月2日(日)

さらに「遮光器土偶」「木製網籠」「土製耳飾」「赤漆塗櫛」などの重要文化財をはじめ、縄文時代を代表する優品が一堂に集め、トーハクならではの演出で紹介されます。

2.「縄文の美」をかつてない規模で紹介

約一万年ものあいだ続いた縄文時代、その始めから終わりまで、北は北海道から南は沖縄までを取り上げ、かつてないスケールで「縄文の美」が紹介されます。

縄文人が生き抜くために生み出した簡素ながらも力強い形、森や海への感謝や命への敬いの中で作りだされた神秘の形に、ただただ圧倒されてください。(プレスリリースより)

3.いま、注目の高まる「縄文」

世界史的に見ても独創的な、縄文土器や土偶に見られるダイナミックな造形。1950年代に岡本太郎らが芸術的価値を見出したといわれる「縄文の美」は、近年再び注目され、評価が高まっています。考古学的な視点だけではなく、縄文時代を生きた人々の生活を知ることにより、現代に生きる我々の進むべき道を探ります。

先行で展示物の一部をご紹介!

本展では、東京国立博物館 平成館の展示室4室を全て使い、約200件が展示されます。プレス用写真をご提供いただきましたので、次のページより展示物の一部を先行でご紹介します。まずはこの展覧会ではじめて一堂に集結する、国宝全6件についてご紹介いたします。

ABOUTこの記事をかいた人

モモモサーバー編集長。 興味のあることにどんどん首を突っ込んで行きたい。 カレーパンが大好き。