2018年の東京国立博物館の目玉!夏に特別展「縄文 ― 1万年の美の鼓動」開催決定!

深鉢形土器
長野県伊那市 宮ノ前出土、縄文時代 (中期)・前3000 ~前2000年 東京国立博物館蔵

本日情報解禁 特別展「縄文 ― 1万年の美鼓動」 東京国立博物館で2018年夏、開催決定! ~日本の美原点は、こにあり!~

2018年の目玉となる縄文時代をテーマにした展覧会、2018年7月3日(火)から9月2日(日)まで特別展「縄文 ― 1万年の美鼓動」の開催が決定しました。早速現在リリースされている限りの情報をお伝えします!

関連記事:

【行ってきた】特別展「仁和寺と御室派のみほとけー天平と真言密教の名宝ー」に2回行くべき理由ー見所や会場の様子をご紹介!

2018.01.15

展覧会について

約1万3千年前に始まったといわれる縄文時代。縄文時代が始まる頃には氷期も終わり、その後の温暖化によって入り江や干潟が生まれることで、いま私たちが暮らす日本列島の景観が整いました。 この自然環境を活かして狩猟や漁撈、そして採集を行っていたのが縄文時代の人びとです。当時の 人びとがこうした日々の暮らしのなかで工夫を重ね作り出した土器や石器、土偶や装身具などさまざ ま道具は、力強くも神秘的な魅力をもっています。

近年では、縄文の美はすそ野を広げ、自然との共生や自然保護への意識の高まり、デザインやファッション、そして地域活性化のコンテンツなど、さまざまな切り口で親しまれるようになっています。1 万年以上の時を経てなお多くの人の心をひきつける縄文の美を、ぜひ感じてください。(プレスリリース序文より引用抜粋)

開催概要

  • 展覧会名 : 特別展「縄文 ― 1万年の美の鼓動」
  • 会 期 : 2018年7月3日(火)~9月2日(日)
  • 会 場 : 東京国立博物館 平成館

  • 主 催 : 東京国立博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社
  • お問合せ : 03-5777-8600(ハローダイヤル)

休館日、開館時間、公式サイトURLなどの詳細は 2018年2月下旬に発表予定とのことです。

次のページより、展示予定作品の一部を公開!!

ABOUTこの記事をかいた人

モモモサーバー編集長。 興味のあることにどんどん首を突っ込んで行きたい。 カレーパンが大好き。