春日大社御創建1250年記念展Ⅱ『聖域 御本殿を飾る美術』2018年4月より(奈良市)

「御神前御翠簾」 春日大社蔵

「御神前御翠簾」 春日大社蔵

春日大社御創建1250年記念展Ⅱ『聖域 御本殿を飾る美術』が2018年4月1日より

春日大社(奈良市春日野町)は神護景雲2年(768年)、現在の地に御本殿が創建されてから、2018年で1250年を迎えます。これを記念し国宝殿では2017年12月より『伝説の名刀たち』、そして2018年4月より『聖域 御本殿を飾る美術』という2本の記念展が開催されます。

このエントリでは2018年4月1日(日)より開催の『聖域 御本殿を飾る美術』展について、そのみどころをプレス資料を交えてご紹介していきます。

開催概要

項目 内容
展覧会名 春日大社御創建1250年記念展Ⅱ
『聖域 御本殿を飾る美術』
会場 春日大社 国宝殿(奈良市春日野町)
会期 2018年4月1日[日]〜2018年8月26日[日]
開館時間 10:00〜17:00
※入館は16:30まで
会期中の休館日 ナシ
入館料 一般 500 円
大学生・高校生 300円
中学生・小学生 200円
※団体は20名以上で一般 400 円
お問い合わせ 春日大社国宝殿 TEL :0742-22-7788

http://www.kasugataisha.or.jp/

アクセス

  • 春日大社 国宝殿
  • 〒 630-8212 奈良市春日野町160

http://www.kasugataisha.or.jp/about/traffic.html

『聖域 御本殿を飾る美術』 展について

神護景雲2年(768)の御創建から 1250 年、春日大社御本殿は、一般には立ち入ることの許されない聖域として厳重に守られており、御本殿を飾る雅な調度品や障壁画なども間近に拝することが叶いません。
春日大社では第 60次式年造替や御創建 1250 年の記念事業として、その神秘的で雅やかな美を間近に見ていただけるよう修復や復元など保存活用事業を行なっています。
修復復元された御神前の御翠簾や剥ぎ取り保存して衝立に仕立てられた御間塀、ご神前をお守りしていた獅子狛犬のほか、境内の殿舎に飾られていた優美な衝立や屏風など、国宝殿で王朝貴族の雅な春日詣を体感していただける展覧会です。(プレス資料より)

主な作品をプレス資料より一足先にご紹介

作品解説についてはプレス資料より抜粋引用しています。

「御神前御翠簾」(復元展示)

「御神前御翠簾」 春日大社蔵

「御神前御翠簾」 春日大社蔵

第60次御造替で撤下された御簾に、江戸時代の御簾金具を鍍金しなおし復元して取付けた。

ABOUTこの記事をかいた人

モモモサーバー編集長。 興味のあることにどんどん首を突っ込んで行きたい。 カレーパンが大好き。