「ちょっと可笑しな ほぼ三十六景 しりあがり寿 北斎と戯れる」展(すみだ北斎美術館)メインビジュアル

「ちょっと可笑しな ほぼ三十六景 しりあがり寿 北斎と戯れる」展(すみだ北斎美術館)メインビジュアル

しりあがり寿作品がすみだ北斎美術館に登場!8日間限りの幻の展覧会

すみだ北斎美術館で企画展「ちょっと可笑しな ほぼ三十六景 しりあがり寿 北斎と戯れる」が2018年1月27日より開催されます。2017年5月の企画展「てくてく東海道」に続く、しりあがり寿の企画展。しりあがり寿作品の元になった葛飾北斎のレプリカも並列して展示されるなど、まさに「8日間限りの幻の展覧会」(プレスリリースより)となります。また、オープニングイベントとして、しりあがり寿本人により富士山制作ライブパフォーマンスの開催も決定しました。こちらも合わせ、見どころをご紹介したいと思います!

行ってきた

美術館でライブパフォーマンス!「ちょっと可笑しな ほぼ三十六景 しりあがり寿 北斎と戯れる」(すみだ北斎美術館)【行ってきた】

2018.01.27

展覧会の開催概要

「ちょっと可笑しな ほぼ三十六景 しりあがり寿 北斎と戯れる」展

一度見たら忘れられないゆる~いタッチの画風でギャグ漫画から社会派の作品まで幅広い作品を 送り出してきた漫画家のしりあがり寿。最近では現代美術家としても様々な展示で作品を発表しています。さて、今回はそんなしりあがり寿が尊敬してやまぬ葛飾北斎の絵に、ちょっとイタズ ラを加えた「あれれ?」な作品をほぼ 36 枚(目標)一挙に展示いたします。思わず笑いがこぼれ、 北斎をギュッと身近に感じる作品が大集合。本家葛飾北斎のオリジナルイメージ(レプリカ)との 比較も見どころです。(プレスリリースより)

36枚(目標)って…さすがです!

内容 項目
展覧会名 ちょっと可笑しな ほぼ三十六景 しりあがり寿 北斎と戯れる
会場 すみだ北斎美術館
会期 2018年1月27日(土)~2月4日(日)
開館時間 9:30-17:30(入館は17時まで)
休館日 毎週月曜日
主催 墨田区・すみだ北斎美術館

入館料

ーー 一般 大・高校生 65歳以上 中学生 障がい者
個人 600円 450円 450円 200円 200円
団体 480円 360円 360円 160円 160円
  • 会期中観覧当日に限り、AURORA(常設展示室)も観覧できます

http://hokusai-museum.jp/

アクセス

  • 〒130-0014 東京都墨田区亀沢 2-7-2
  • 都営地下鉄大江戸線「両国駅」A3出口より徒歩5分
  • JR総武線「両国駅」東口より徒歩9分

次のページで展示予定作品の一部やオープニングのしりあがり寿本人によるライブパフォーマンスについてご紹介しています。