「古典×現代2020ー時空を超える日本のアート」2020年3月 国立新美術館で

いままでにない組み合わせと新しい試み

 展覧会 「古典✕現代2020 時空を超える日本のアート」が2020年3月11日(水)より6月1日(月)までの期間、国立新美術館にて開催されます。本展は古い時代の美術と現代美術の対比を通して日本美術の豊かな土壌を探り、その魅力を新しい視点から発信するというコンセプトのもと、江戸時代以前の絵画や仏像、陶芸や刀剣の名品を、8人の現代作家の作品と対になるように組み合わせ、一組づつ8つの展示室で構成されます。

 8つの組み合わせは「花鳥画川内倫子」「刀剣鴻池朋子」「北斎しりあがり寿」「仙厓菅木志雄」「円空棚田康司」「仏像田根剛」「乾山皆川明」そして「蕭白横尾忠則」。国立新美術館で古典を扱うのは初ということです。日本美術の名品については國華社が監修を担当、かつてない古典 ✕ 現代美術の展覧会となります。

  記者発表会で 、國華主幹/古典側監修の小林忠氏は「意識的、無意識的に過去の名作や作家の仕事を受け継いで、それぞれのアーティストが全く新しい造形世界を生み出すことで、古きを訪ねて新しきを作る、ショッキングな展覧会を多くの方々に楽しんでいただければ。1人の観客としても期待しています。」と語りました。

右から、しりあがり寿、菅木志雄、棚田康司、皆川明の各氏
記者発表会にて編集部撮影

 しりあがり寿氏は「ユルメーション」の新作映像も制作中。「北斎の人を楽しませることに貪欲で自由である気持ちを少しでも現代に蘇らせることができたら。北斎がみていたら苦笑してしまうようなものを作りたい」とコメント。新作については「以前手がけた北斎のアニメーションのさらに拡大版、絵を描くことの楽しさが全てにあふれるようなものを目指します。でも、ちょっと焦ってきているので、良いアイデアがあばお願いします(笑)」とも。

展覧会日程

  • 古典×現代2020ー時空を超える日本のアート
  • 会期:2020年3月11日(水)ー6月1日(月)
    会期中、一部作品については展示替えがあります。
  • 開館時間:10:00-18:00(毎週金・土曜日は20:00、5月30日[土]は[六本木アートナイト2020]開催にともなり22:00まで)
    入場は閉館の30分前まで。
  • 休館日:毎週火曜日、ただし5月5日(火・祝)は開館、5月7日(木)は休館
  • 会場:国立新美術館 企画展示室2E
  • 問い合わせ:03-5770-8600(ハローダイヤル)

展覧会HP