[見どころ紹介]「大哺乳類展2ーみんなの生き残り作戦」

展覧会ロゴ

大好評を博した「大哺乳類展陸のなかまたち/海のなかまたち」から9年、哺乳類たちが上野に帰ってくる!

国立科学博物館(東京・上野公園)では、「大哺乳類展2」(主催:国立科学博物館、朝日新聞社、TBS、BS-TBS)が2019年3月21日(木・祝)から6月16日(日)まで開催されます。このほど正式タイトルが「大哺乳類2ーみんなの生き残り作戦」であることが発表され、内容詳細やビジュアルが公開されました。また、音声ガイドナビゲーターには瀬戸康史さんが決定しました。

モモモサーバーでも情報解禁直後より、かなり力をいれてご紹介していく方針です!

今回のテーマは「生き残り作戦」

「大哺乳類展2」ポスタービジュアル

現在、地球上のほとんどの環境に適応している哺乳類。「大哺乳類展2」では、剥製や骨格標本500点以上の圧倒的ボリュームで、最新の映像なども交えながら、哺乳類が獲得した特徴的な能力である「ロコモーション」(移動運動)を軸に、「食べる」「産む・育てる」際の作戦にも迫ります。(プレスリリースより)

大迫力!約200種の哺乳類が「大行進」

哺乳類大行進

会場中央には「哺乳類大行進」として、科博の重要標本群の一つである「ヨシモト・コレクション」をはじめとする哺乳類の剝製標本を一堂に展示します。200点以上がずらりとならぶ様は圧巻。「哺乳類大行進」を通して、原始的な特徴をもつ哺乳類とされる単孔類や有袋類から、アフリカや南米を起源とするグループ、我々になじみのある哺乳類である齧歯(げっし)目、霊長目、食肉目、鯨偶蹄(げいぐうてい)目といったものまで、分類群ごとにわかりやすく紹介します。

ロコモーション(移動運動)の仕組みに迫る

哺乳類のロコモーションは、同じ脊椎動物である魚類や爬虫類とはまったく異なります。哺乳類は多様性と自由度に富み、様々な環境に適応する能力を獲得しました。会場では、チーターの走り方、ブラックバックの跳躍力、テナガザルのブラキエーション(樹上運動)、イルカやラッコの遊泳などを、山口大学共同獣医学部の協力により、最新の解析映像も駆使して紹介します。また、ロコモーション解説には、陸棲哺乳類最大のアフリカゾウの全身骨格や、体長16mのマッコウクジラの半身を模型で再現したユニークな骨格、12mのセミクジラの全身骨格など初公開の海棲哺乳類も登場。

チーターは陸上最速!

チーター(剥製)

最高時速が時速100Kmにもなるチーターは、スピード、加速・減速、方向制御の能力がベストマッチしたスプリンター。筋肉の活動や、脚の着地時間のコントロールになどにより、すばらしい走行を生み出します。

チーターの疾走中の骨格変化の再現

イルカの泳ぎは魚とは違う?

スジイルカ(FRP 模型)

クジラ類、海牛類、さらにラッコは、体軸と尾ビレの上下運動から生まれる推進力で水中を移動します。一方、魚は尾ビレを左右に動かして前に進みます。

ハンドウイルカ(全身骨格)

巨大な哺乳類たちが間近に!

哺乳類たちは、生息する環境の下で、それぞれの作戦に応じて体の大きさも変化させてきました。体が大きくなると、捕食者に襲われる危険が少なくなるだけでなく、体温維持に有利だったり、水中で暮らすものは浮力を得やすくなったりという利点もあります。本展では、ふだんなかなか見ることのできない巨大な哺乳類をすぐそばで観察することができます。

マッコウクジラの頭部構造や半身を模型で再現したユニークな骨格が登場(初公開)

マッコウクジラはハクジラの中で最大。1,000mを超える深海に潜ってダイオウイカなどを食べる。なんと全長18m!

マッコウクジラ ©国立科学博物館/画・渡辺芳美

セミクジラ(初公開)

ヒゲクジラの1種。頭骨が体に占める割合はヒゲクジラの中で最大。小さな動物プランクトンなどを食べる。全長12m。

セミクジラ(全身骨格)

ミナミゾウアザラシ

アザラシの中で最大。オスはゾウのように長い鼻が特徴。体高は実に3mも。

ミナミゾウアザラシ(剥製)

アフリカゾウ

アフリカゾウ陸にすむ哺乳類で陸棲哺乳類最大。体高は3mにも。

アフリカゾウ(全身骨格)

ドブソンオナガテンレック

体長10センチ!こちらは逆に哺乳類最小クラスのサイズ。実はアフリカゾウと共通の祖先を持つ仲間(アフリカ真獣類)。

ドブソンオナガテンレック(全身骨格)

骨やあごを見くらべ

草、肉、昆虫、魚など、歯やあごは食べるものに適した形に進化してきました。どこが違うのか、食べるものご とに分けて展示する頭骨を見くらべることができます。

動く!「パクパク頭骨」

獲物を捕らえる口の動きをシャチとミンククジラで再現。

シャチ(頭骨)

オスのアピール作戦

メスへの求愛アピールやオス同士の競争のために、オスが角や歯をユニークな形に進化させた哺乳類もいます。

セレベスバビルサ

伸びすぎた牙で死に至ることもあるようです…。

セレベスバビルサ(頭骨)

イッカク

角ではなく最大2mになる歯。

イッカク(頭骨)

コドモも生き残り作戦

コドモにも、環境に同化して身を守るための作戦が備わっています。親子で毛の色が違うもの、同じものは、それぞれどのような意味を持っているのでしょうか。マレーバクのようにコドモの時だけ親と違う毛色をもつものがいます

マレーバク親子(剥製) 写真撮影:石原秀樹

展覧会ナビゲートキャラクターを早良朋さん(漫画「へんなものみっけ!」)が担当

展示ナビゲートキャラクター チー太、まっ子
『へんなものみっけ!』©早良 朋/小学館 月刊!スピリッツ連載中

博物館の舞台裏を描く人気ストーリー漫画「へんなものみっけ!」とタイアップ。作者の早良朋さんが展示をナビゲートするキャラクターを描き下ろしました。早良朋さんは実際に国立科学博物館にて非常勤で標本を作っていた経歴の持ち主なんですって。

音声ガイドナビゲーターは俳優の瀬戸康史さんに決定!

現在好評放送中のNHK連続テレビ小説「まんぷく」で、主人公夫妻を心から尊敬し、二人が手掛ける事業を生涯に渡って支える青年・神部茂役を演じ注目を集める、俳優の瀬戸康史さんが本展の音声ガイドナビゲーター就任します。学生時代は獣医師を目指すなど、動物好きとして知られる瀬戸さんと、会場で哺乳類
の生き残り作戦を楽しく学べます。瀬戸さんの気になる動物の話などもお届けする予定とのことで、音声ガイドにもぜひご注目を。

瀬戸康史さんコメント(全文)

瀬戸康史さん

音声ガイドのお話をいただいた時、とても興奮しました。というのも、学生時代には獣医師を目指していたくらいで、今でも動物が大好きだからです。今回は我々人間にも大きく関わる「哺乳類の運動能力」をテーマにしているということで、解明されているようでまだまだ謎が多い哺乳類の能力を、僕の興奮はなるべく抑えて、解りやすく皆さんにお届けできればと思います。

2010年の「大哺乳類展」って

2010年の「大哺乳類展」は3月~6月の「陸のなかまたち」、続けて7月~9月まで「海のなかまたち」の二本立て構成で開催され、のべ73万394人が来場し、当時も「アランジ・アランゾ」「あらたひとむ」とのコラボなどで話題を呼びました。

大哺乳類展が閉幕 東京・国立科学博物館 東京・上野の国立科学博物館で開催していた「大哺乳類(ほにゅうるい)展 海のなかまたち」(朝日新聞社など主催)が26日閉幕した。76日間の会期中に計39万4346人が来場。3~6月に開いた「陸のなかまたち」(83日間、総入場者数33万6048人)と合わせ、のべ73万394人が訪れた。(2010年9月27日 朝日新聞朝刊:2010年9月27日)

開催概要

項目 内容
展覧会名 「大哺乳類展2ーみんなの生き残り作戦」
会期 2019年3月21日(木・祝)~6月16日(日)
会場 国立科学博物館(東京・上野公園)
開館時間 午前9時~午後5時
※金曜・土曜は午後8時まで
※ただし、4月28日(日)、29日(月・祝)、5月5日(日・祝)は午後8時まで、
4月30日(火)~5月2日(木)、5月6日(月・休)は午後6時まで
※入場は各閉館時刻の30分前まで
休館日 月曜日、5月7日(火)
※ただし、3月25日(月)、4月1日(月)、4月29日(月・祝)、5月6日(月・休)、6月10日(月)は開館
主催 国立科学博物館、朝日新聞社、TBS、BS-TBS
後援 日本動物園水族館協会、東京都恩賜上野動物園、日本哺乳類学会
学術協力 山口大学
協賛 凸版印刷
お問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
公式サイト https://mammal-2.jp

入館料金

「金曜・土曜限定ペア得ナイト券」というのがあり、これがかなりおススメです。

  • 一般・大学生1,600円(1,400円)、小・中・高校生600円(500円)金曜・土曜限定ペア得ナイト券2名1組2,000円
    ※()内は前売料金、前売券の販売は3月20日(水)まで
    ※金曜・土曜限定ペア得ナイト券は会場で当日午後5時以降販売、2名様同時入場限定
    ※未就学児ならびに障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名様は無料

続報入り次第、お伝えします!

関連記事(国立科学博物館関連)

更新履歴

  • :展覧会のみどころや紹介画像を追加しページリニューアル
  • :展覧会詳細決定について速報