[会場レポ]特別展「大哺乳類展2-みんなの生き残り作戦」[見どころ紹介]

展覧会ロゴ

最終更新:2019年4月17日 GWのスペシャル企画についての記事リンク追加

特別展「大哺乳類展2」 国立科学博物館で2019年3月21日(木・祝)から6月16日(日)まで開催

特別展「大哺乳類展2」ポスタービジュアル

国立科学博物館(東京・上野公園)では、特別展「大哺乳類展2」(主催:国立科学博物館、朝日新聞社、TBS、BS-TBS)が2019年3月21日(木・祝)より開催中です。

本展は、地球上の環境に適応し、繁栄してきた哺乳類の「生き残り作戦」がテーマ。剥製や骨格標本など500点以上の圧倒的なボリュームで、哺乳類の生き残り作戦に迫ります。

特別展「大哺乳類展2-みんなの生き残り作戦」

  • 国立科学博物館(東京・上野公園)
  • 会期:2019年3月21日(木・祝)~6月16日(日)

展覧会概要については、記事の末尾にまとめて記載しています。 また、ゴールデンウィークは「GW特別延長開館」。

関連記事

グッズをまとめてご紹介、またGWはアニマルコーデで行くと良いことがありそうです。

報道内覧会より、展覧会場レポート

編集部では開幕に先立って行われた報道向け内覧会を取材してきました。当サイトが今まで取材した中で一番報道陣の多かった内覧会で、春休みの人気ぶり、混雑ぶりが容易に予想できます。

林良博 国立科学博物館長は「いろいろな楽しみ方をしてください」、宮田亮平文化庁長官は「今日(内覧会で)良く勉強し、長官としてではなくお客さんとし孫と一緒に来て、孫にいろいろ説明して尊敬されたい」などと、ユーモアを交えた挨拶の後、テープカット。

展示会場のようす

展示会場に入ると、いきなり巨大なアフリカゾウの骨格が!

陸棲哺乳類最大の動物 アフリカゾウ
編集部撮影

Zone1、Zone2では「哺乳類の歩き方:ロコモーションの基本」「哺乳類の生き残り作戦:ロコモーション」というテーマで哺乳類の「歩き方」「走り方」を骨格や筋肉の構造により、そのひみつを解き明かしていくというもの。

チーターの速さのひみつとは!?

チーターの失踪中の骨格変化の再現のコーナーの前での、和田直己 山口大学 共同獣医学部 教授 によるギャラリートーク。チーターの

和田直己 山口大学 共同獣医学部 教授

チーターの疾走を再現した3D骨格モデル連続画像
©Animal System Physiology,Yamaguchi Uni.(Prof.Wada)

最高時速が時速100Kmにもなるチーターは、スピード、加速・減速、方向制御の能力がベストマッチしたスプリンター。筋肉の活動や、脚の着地時間のコントロールになどにより、すばらしい走行を生み出します。チーターは蹄を持つ動物の動きをするネコ科の動物といえ、蹄を持つ動物と同じような筋肉の発達のしかたにより、その動作と速度を可能にしているということです。

【注意事項】特にお子さん連れの方

会場内は一部をのぞき写真撮影OKですが、「肩車禁止」となります。

大迫力の200種類もの哺乳類が大行進!!

Zone3は「哺乳類の分類と系統」と題し、「哺乳類大行進」。会場中央に30メートル以上にわたって科博の誇る哺乳類の剥製標本を一堂に展示。


編集部撮影

もう、声も出ないくらいに圧巻なのですが、写真の左側をよく見て下さい。え、これクジラ…?

マッコウクジラ
編集部撮影

チラシにも使われているメインビジュアルにも宙にクジラが浮いているのですが、まさか本当に会場内で展示されているとは!全長は実に16メートルもあります。体の構造がわかる半身の模型付きの全身骨格です。

「こんなに大きいが、人間と同じ哺乳類ということを手の骨などから読み取ってもらえれば」(田島木綿子 国立科学博物館 動物研究部 脊髄動物研究グループ 研究主幹)

次ページでは展覧会みどころをまとめています