【開催中】「くまのパディントン™展」の見どころを紹介するよ【行ってきた】

【開催中】ぜひ音声ガイドも!「くまのパディントン™展」に行ってきたよ

Bunkamura入り口

渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで2018年4月28日(土)から開催中の「くまのパディントン™展」。GW連休の狭間、5月1日に会場に観に行ってきました。広報用の写真を交え、会場の展示の模様や混雑の様子、また、コインロッカー等、実際に足を運ばないとわからない情報などもお伝えしていきます。ぜひお出かけプランの参考にどうぞ。(会期は2018年6月25日(木)まで)

イギリスを代表する児童文学「パディントン」シリーズはマイケル・ボンド氏の手によって1958年に誕生しました。南米ペルーからやってきた子グマのパディントンが活躍する物語は、世界中の人々に愛されてきました。パディントン生誕60週年記念、そして2017年6月に逝去されたボンド氏の追悼の意も込められた本展では、絵本や漫画の原画、世界中で出版された書籍、さらにはボンド氏の仕事道具や貴重なインタビュー映像を交えながら、世界中で愛されているパディントンの世界が紹介されます。

展覧会概要

Illustrated by Peggy Fortnum © Paddington and Company Ltd 2018

項目 内容
展覧会名 生誕60週年記念「くまのパディントン™展」
会場 Bunkamura ザ・ミュージアム
会期 2018年4月28日(土)から6月25日(月)まで
5/8(火)、6/5(火)のみ休館
開館時間 10:00-18:00(入館は17:30まで)
毎週金・土曜日は21:00まで
(入館は20:30まで)
主催 Bunkamura、フジテレビジョン、毎日新聞社
協賛 ニューカラー写真印刷
後援 ブリティッシュ・カウンシル
協力 コピーライツアジア
東京子ども図書館
福音館書店
理論社
WAVE出版
日本航空
監修 松岡享子(東京子ども図書館名誉理事長)
学術協力 三宅興子(梅花女子大学名誉教授)
河野芳英(大東文化大学教授)
お問合せ ハローダイヤル 03-5777-8600
展覧会公式サイト http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/18_paddington/

入館料

入館料(税込) 一般 大学・高校生 中学・小学生 親子券
当日 1,400円 900円 600円 1,500円
前売・団体 1,200円 700円 400円

*前売り券の販売は終了しています。
*団体は20名様以上からで電話予約が必要です。

親子券がお得!

親子券は《一般1名+中学・小学生1名》のセット券です。子供さんと2人で行かれる場合は非常にお得で、会場にも大勢の親子連れがいらしてました。

地下に下りると早速パディントンがおでむかえ。

音声ガイド(貸出料金520円)をオススメします

編集部的には今回、特に音声ガイドの利用を強くオススメします!貸出は展示入り口前の受付で料金は520円。作品の解説はもちろんのこと、音声ガイドのボーナス・トラックとして本展の監修者であり「パディントン」シリーズの翻訳者でもある松岡享子さんのインタビュー、さらにはパディントンとブラウンさん夫妻の最初の出会いのシーンの朗読が収録されています。この朗読が本当に素敵で、胸にジンと来ますよー。

© P&Co. Ltd. 2018

音声ナビゲーターは俳優の瀬戸康史さんが担当しています。

次のページへ
次のページより広報用画像を交えて会場の様子や感想、混雑の様子などご紹介します。
モモン

ライター:

モモモサーバー編集長。好きな食べものはカレーパンとパイナップル。興味のあることにどんどん首を突っ込んで行きたい。どちらかというと映画よりも展覧会やの方が自分のペースで楽しめるので気に入っている。