[展覧会みどころ]「クマのプーさん展」 Bunkamuraザ・ミュージアム(東京・渋谷)

  • [左]「クマのプーさん展」展覧会チラシ
  • [右]「ながいあいだ、三人はだまって、下を流れてゆく川をながめていました」、『プー横丁にたった家』第6章、E.H.シェパード、鉛筆画、1928年、ジェームス・デュボース・コレクション © The Shepard Trust

最終更新日:

これが、プーさんの原点(オリジナル)。

Bunkamuraザ・ミュージアム(東京・渋谷)にて「クマのプーさん展」が2019年2月9日(土)より開催されます。

世界中で愛される「クマのプーさん」は、著者A.A.ミルンと、挿絵を担当したE.H.シェパードの共作として1926年に生まれ、現在までに全世界で5000万部以上のシリーズ本が出版されています。「クマのプーさん展」では、シェパードが鉛筆で描いたプーさんの原画を世界最大規模で所蔵するロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)のコレクションの中から、シェパードの原画に加え貴重な資料や写真、手紙など200点以上を一挙公開し、プーさんの誕生から世界的な広がりまでを紹介されます。

  • [左]A.A.ミルン、クリストファー・ロビン・ミルンおよびプー・ベア、ハワード・コスター撮影、1926年 © National Portrait Gallery, London.
  • [右]E.H.シェパード、 ハワード・コスター撮影、1932年、ノラ・シェパード夫人より寄贈 © National Portrait Gallery, London.

展覧会の見どころと一部作品の紹介

  • V&Aによる決定版「クマのプーさん展」、待望の日本公開
  • 「クマのプーさん」誕生秘話を貴重な資料で
  • プーさんの冒険の名場面をぬくもりあふれる鉛筆画やペン画で
  • アートとしての「クマのプーさん」

「グングン、くつをひっぱったので……」、『クマのプーさん』第8章、E.H.シェパード、鉛筆画、1926年、V&A所蔵 © The Shepard Trust

展覧会は全体で5章に分かれており、プーと仲間たちの名場面の数々を原画でたどることができます。

「バタン・バタン、バタン・バタン、頭を階段にぶつけながら、クマくんが二階からおりてきます」、『クマのプーさん』第1章、E.H.シェパード、鉛筆画、1926年、V&A所蔵 © The Shepard Trust

  • [左]「おふろにはいるクリスロファー・ロビン」、『クマのプーさん』第1章、E.H.シェパード、鉛筆画、1926年、V&A所蔵 © The Shepard Trust. Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London
  • [右]百町森の地図、『クマのプーさん』見返し用のスケッチ、E.H.シェパード、鉛筆画、 1926年、V&A所蔵 © The Shepard Trust. Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London
  • [左]「プーを穴からひっぱり出す」、『クマのプーさん』第2章、E.H.シェパード、鉛筆画、1926年、V&A所蔵 © The Shepard Trust. Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London
  • [右]「おいでよ、トラー、やさしいよ」、『プー横丁にたった家』第4章、E.H.シェパード、鉛筆画、1928年、V&A所蔵 © The Shepard Trust. Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London

百町森の地図、『クマのプーさん』見返し用のスケッチ、E.H.シェパード、鉛筆画、 1926年、V&A所蔵 © The Shepard Trust. Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London

  • [左]「プーとコブタが、狩りに出て…」、『クマのプーさん』第3章、E.H.シェパード、ペン画、1926年、 クライブ&アリソン・ビーチャム・コレクション © The Shepard Trust
  • [右]『クマのプーさん』初版本、1926年; メシュエン社によりロンドンにて出版; ジャロルド&サンズ社印刷、V&A内ナショナル・アート図書館所蔵 © Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London

スペシャルチケットも発売中

チケットは、オンラインチケット MY Bunkamuraおよびチケットぴあ、ローソンチケット、セブンチケットなど各種プレイガイドで販売。また親子券や、スペシャルチケットとして、V&A直輸入の展覧会限定ピンバッジ付きのお得なグッズセット前売券も販売中です。また本展ナビゲーターには、女優の葵わかなさんの就任。葵さんは音声ガイドのナビゲーターも務め、温かみのあるナレーションで、来場者をクマのプーさんの世界へと誘います。

クマのプーさん展 開催概要

テディ・ベア、マルガレーテ・シュタイフ社製造、1906-1910年頃、モヘアのぬいぐるみ、Z. N.ジーグラー氏より遺贈、V&A子ども博物館所蔵 © Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London

「枝には、ハチミツのつぼが10ならんでいて、そのまんなかに、プーが…」、『クマのプーさん』第9章、E.H.シェパード、ラインブロックプリント・手彩色、1970年 英国エグモント社所蔵 © E.H. Shepard colouring 1970 and 1973 © Ernest H. Shepard and Egmont UK Limited

項目 内容
展覧会名 クマのプーさん展
会期 2019年2月9日(土)〜4月14日(日)
休館日 2月19日(火)、3月12日(火)のみ
開館時間 10:00−18:00
毎週金・土曜日は21:00まで
(入館は各閉館時間の30分前まで)
会場 Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷・東急本店横)
展覧会公式サイト https://wp2019.jp/
問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
主催 Bunkamura、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、
朝日新聞社、フジテレビジョン

チケット料金

  • 一般1,500円(1,300円)/大学・高校生900円(700円)/中・小学生 600円(400円)
  • 親子券1,600円(1,400円) ※一般1枚+中・小学生1枚のセット
  • グッズセット前売券(数量限定)2,200円 ※一般券のみ

※( )内は前売券および20名以上の団体料金

大阪会場について

東京での展示終了後、2019年4月27日(土)からは、あべのハルカス美術館(大阪)にて大阪展が開催されます。

  • 会期 2019年4月27日(土)から6月30日(日)まで
  • 会場 あべのハルカス美術館
  • お問い合わせ 06-4399-9050(あべのハルカス美術館)

更新履歴

  • :展覧会のみどころや紹介画像を追加しページリニューアル
  • :展覧会詳細決定について速報
  • :開催決定の先行リリースを速報