「25周年記念 るろうに剣心展」[展覧会みどころ] 特別描きおろしキービジュアルが公開!

初の大規模作品展「25周年記念 るろうに剣心展」 2020年4月24日(金)より東京ドームシティGallery AaMo(ギャラリー アーモ)で開催

 展覧会「25周年記念 るろうに剣心展」が東京ドームシティGallery AaMo(ギャラリー アーモ)にて2020年4月24日(金)より開催されます。1990年代に「週刊少年ジャンプ」で掲載され、シリーズ累計発行部数7,200万部(電子版含む)を超えた大ヒット漫画『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』(著:和月伸宏)。その誕生から25周年の節目を記念した初の大規模作品展となります。

和月伸宏氏の特別描きおろしキービジュアル

 展覧会キービジュアルが1月4日に公開されました。これは本展のために作者・和月伸宏氏が主人公・緋村剣心(ひむら・けんしん)の姿を描きおろしたもの。展覧会は、「週刊少年ジャンプ」連載時の原画200点以上を一堂に集めて展示するほか、現在続編として「ジャンプスクエア」で連載中の「北海道編」や、作者の創作メモ、設定資料、会場限定の映像、さらに映画をはじめとしたメディア展開も紹介される大規模展となります。

「25周年記念 るろうに剣心展」 キービジュアル ©和月伸宏/集英社

展覧会みどころ

『るろ剣』登場人物紹介

 剣心を始め、志々雄真実(ししお・まこと)や四乃森蒼紫(しのもり・あおし)など、人気登場人物が大型パネルでずらりと並び、来場者をお出迎えします。そのパネルとともに、色鮮やかなカラー原画を展示。カラー原画は前後期で入替えを予定。(詳細は後日発表とのこと)

  • 展示イメージ図 『るろ剣』登場人物紹介 ©和月伸宏/集英社

原画展示エリア

 「週刊少年ジャンプ」連載時の『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』の原画を中心に、「仲間とは」、「正義とは」など、作品を語る上で欠かせない5つのキーワードに分類して展示。

  • [左] 展示イメージ図 「仲間とは」 ©和月伸宏/集英社
  • [右] 展示イメージ図 「正義とは」 ©和月伸宏/集英社

チケット情報:先行鑑賞券は2020年1月17日から抽選応募開始

 展覧会会期最初の2日間、4月24日(金)、25日(土)の2日間は、入場時間帯指定制の「先行鑑賞券」各種をお持ちの方のみが入場でき、通常の「入場券」をお持ちの方は、4月26日(日)から鑑賞可能となります。また、「先行鑑賞券」各種は、1月17日(金)~27日(月)の期間に事前申込制の抽選販売となります。詳細については展覧会公式サイトをご確認ください。

開催概要

  • 会期:2020年4月24日(金)~6月7日(日)※会期中無休
    ※4月24日(金)と4月25日(土)は先行鑑賞券が必要
  • 開館時間:11:00~19:00 ※最終入場は18:30まで
    ※4月24日(金)は15:00開場
  • 会場:東京ドームシティGallery AaMo(ギャラリー アーモ)
    東京都文京区後楽1-3-61
  • 公式サイト:https://ruroken-ten.com
  • 公式Twitter:@ruroken_ten
  • 主催:「るろうに剣心展」東京実行委員会
  • 原作 和月伸宏
  • 企画協力:ジャンプスクエア編集部、週刊少年ジャンプ編集部
  • 協賛:大日本印刷、ローソンチケット

Amazon

るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 3 (ジャンプコミックス)
  • 和月 伸宏, 黒碕 薫 and 集英社
  • 価格  ¥ 528
  • 販売者 Amazon.co.jp