特別展 明治150年記念「日本を変えた千の技術博」明治天皇やトーマス・エジソンゆかりの資料も特別公開

「ミルバーン電気自動車」 所蔵:国立科学博物館

「ミルバーン電気自動車」 所蔵:国立科学博物館
100 年前の電気自動車。

特別展 明治150年記念「日本を変えた千の技術博」10/30より国立科学博物館で

国立科学博物館(東京・上野公園)では2018年10月30日(火)から2019年3月3日(日)まで、特別展 明治150年記念「日本を変えた千の技術博」が開催されます。明治から平成に至るまでの日本の科学・技術の発祥と足跡を示す科学・技術遺産が空前の規模で集合します。

開催概要

ポスター画像

※今後の諸事情により開館日、開館時間等について変更する場合があるため、公式サイト等でご確認ください。

項目 内容
展覧会名 特別展明治150年記念「日本を変えた千の技術博」
開催期間 2018/10/30(火)~2019/3/3(日)
開館時間 ・午前9時~午後5時
・金曜日、土曜日、10/31(水)、11/1(木)は午後8時まで
※入場は各閉館時刻の30分前まで
休館日 ・毎週月曜日
・12/28(金)~1/1(火・祝)、1/15(火)、2/12(火)
(※12/24(月)、1/14(月)、2/11(月)、2/25(月)は開館)
会場 国立科学博物館(東京・上野公園)
〒110-8718東京都台東区上野公園7-20
主催 国立科学博物館、日本経済新聞社、BSジャパン
後援 文部科学省、内閣府、日本化学会、日本機械学会、情報処理学会(順不同)
協賛 NEC、島津製作所、セイコーホールディングス/セイコーウオッチ、
ニコン、桃谷順天館/明色化粧品、安川電機(五十音順)
協力 旭化成、宇宙航空研究開発機構、宇部市石炭記念館、NTT技術史料館、
コマツ、産業技術総合研究所、山陽小野田市歴史民俗資料館、
順天堂大学日本医学教育歴史館、新日鐵住金八幡製鐵所、
セルロイドハウス横濱館、ソニー、第一三共、鉄道総合技術研究所、
テレビ東京、電気学会、東京工業大学博物館、東京大学工学・情報理工学
図書館、東京大学工学部電子情報工学科電気電子工学科、
東京大学総合研究博物館、東京電力ホールディングス電気の史料館、
東京農工大学科学博物館、東芝、東北大学、東レ、日経サイエンス社、
農業・食品産業技術総合研究機構、ミズノプリンティングミュージアム、
郵政博物館(五十音順)
問い合わせ先 03-5777-8600(ハローダイヤル)
FAX:03-5814-9898
公式サイト http://meiji150.exhn.jp/

入場料

チケット販売所:国立科学博物館(休館日を除く)、イープラス、ローソンチケット、チケットぴあ、セブンチケット、その他各プレイガイド、また本展公式サイトからも電子チケットを販売。

入場料(税込) 当日券 前売券
一般・大学生 1,600円 1,400円
小・中・高校生 600円 500円
金曜・土曜限定ペア得ナイト券 2名様1組2,000円 ※会場での当日販売のみ


※前売券の販売は10月29日(月)まで。
※本券で本展を観覧された方は、同日に限り常設展(地球館・日本館)もご覧いただけます。
※未就学児無料※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名様は無料。
※ペア得ナイト券は、会場での当日販売のみ、金曜日・土曜日の午後5時以降、2名様同時入場、最終入場は午後7時30分

展示について

本展は明治時代の日本人と西洋技術の出会いがどのような驚きをもたらしたのかを紹介するところから幕を開けます。人々の暮らしや機械産業、化学産業、農業、街づくり、そしてコミュニケーションなどの分野における日本を変えた科学 ・技術について、重要文化財や多数の技術遺産を含む600 点を超える貴重資料のほか、科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードや世相、関連する写真などを交えてたっぷりと紹介していきます。

明治元年から満150 年の節目となる今年、本展が私たちの社会を支えている日本の科学・技術のすばらしさや強みを知り、新たな科学技術を生み出す若い力を育むきっかけとなれば幸いです。(プレスリリースより)

本展のみどころを先行でご紹介

1. 総展示数600 点超!

日本の科学・技術の発展を示す重要文化財や科学・技術の産業遺産をはじめとする貴重な資料が各地から集合します。また、日本を変えた千の技術を膨大な展示資料とトピックスで紹介します。中でも、「重要文化財」や「化学遺産」「機械遺産」「情報処理技術遺産」「でんきの礎」「未来技術遺産」に認定された約40点の資料は特に注目です。

「蘇言機」

日本で初めて音を記録し再生した器械。所蔵:国立科学博物館 重要文化財

「蘇言機」 所蔵:国立科学博物館

「コマツブルドーザーG40」

日本最初のブルドーザー。所蔵:コマツ 機械遺産

「コマツブルドーザーG40」 所蔵:コマツ

2.当時最先端の「デザイン」が集まる展覧会

日本を変えた科学・技術の研究・開発のエピソードと、技術力が醸し出す時代を彩った当時最先端の「デザイン」が集まる展覧会でもあります。世界に誇る科学・技術をつくり出した人物や世の中との関係にまつわるエピソードを多数取り上げ、わかりやすく解説、新しい技術に接した時の人々の驚きや、高い技術力が醸し出す機能美を追体験することができる空間が登場します。

「コスモスポーツ」

高度成長期に作られた世界で初めて量産車としてロータリーエンジンを搭載したスポーツカー。所蔵:国立科学博物館

「コスモスポーツ」 所蔵:国立科学博物館

「世進電話雙録」(部分)

明治期に電話の使い方を主題に作られたすごろく。所蔵:国立科学博物館

「世進電話雙録」(部分) 所蔵:国立科学博物館

3. 明治天皇やトーマス・エジソンゆかりの資料を特別公開

明治150 年を記念する展示として、国立科学博物館が所蔵する明治天皇やエジソンゆかりの資料を特別に公開します。なかでも、エジソンが明治天皇に献上した蓄音機「エジソン クラスM」は必見です。

「エジソン クラスM」

エジソンが明治天皇に献上した蓄音機。所蔵:国立科学博物館

「エジソン クラスM」 所蔵:国立科学博物館

「電気扇」

皇居で使われたバッテリー式電気扇風機。所蔵:国立科学博物館

「電気扇」 所蔵:国立科学博物館

「エジソン ホームキネトスコープ」

家庭用の標準的な映写機となった。所蔵:国立科学博物館

「エジソン ホームキネトスコープ」 所蔵:国立科学博物館

特別展明治150年記念「日本を変えた千の技術博」

※今後の諸事情により開館日、開館時間等について変更する場合があるため、公式サイト等でご確認ください。

項目 内容
展覧会名 特別展明治150年記念「日本を変えた千の技術博」
開催期間 2018/10/30(火)~2019/3/3(日)
問い合わせ先 03-5777-8600(ハローダイヤル)
FAX:03-5814-9898
公式サイト http://meiji150.exhn.jp/


[ad]風・水車 原動機 工作機械 電力 電気・通信 応用化学・醸造 精密・産業機械 (日本の産業遺産300選)
風・水車 原動機 工作機械 電力 電気・通信 応用化学・醸造 精密・産業機械 (日本の産業遺産300選)

モモン

ライター:

モモモサーバー編集長。好きな食べものはカレーパンとパイナップル。興味のあることにどんどん首を突っ込んで行きたい。どちらかというと映画よりも展覧会やの方が自分のペースで楽しめるので気に入っている。