[開催中]企画展「春を寿(ことほ)ぐ―徳川将軍家のみやび―」

「春を寿ぐ」展チラシ表面

徳川将軍家の年中行事や季節感、そして美意識

東京都江戸東京博物館にて、企画展「春を寿(ことほ)ぐ―徳川将軍家のみやび―」が開催中です。德川宗家に伝来する東照宮御影(元日拝礼)をはじめ、十三代将軍徳川家定正室の天璋院篤姫(てんしょういんあつひめ)と十四代将軍徳川家茂正室の皇女和宮が所持した雛道具、江戸中・後期の精緻な銀細工や豆人形なども展示されます。会期は3月3日まで

作品紹介

「睦月 将軍家の正月」「如月 花ひらく春」「弥生 典雅な雛道具」の三章に加えてプロローグとエピローグの五部構成の展覧会です。徳川将軍家の年中行事や季節感、美意識などを味わうことができます。 

東照宮御影 元日拝礼 德川記念財団所蔵
伊勢物語歌かるた 德川記念財団所蔵
小袖(浅葱縮緬地松竹梅桜菊網干文様) 德川記念財団所蔵
【展示期間】前期:1月2日(水)~2月3日(日)

書棚(左)・厨子棚(中央)・黒棚(右)(黒塗松唐草牡丹紋散蒔絵雛道具)
德川記念財団所蔵

開催概要

開催概要についてはDBページに掲載しました。

Amazon