[大阪]いよいよ開催「フェルメール展」大阪展 3日閉幕の東京展は68万人を動員

展覧会チラシ

「フェルメール展」大阪展は2月16日(土)より

東京・上野の森美術館で開催していた「フェルメール展」(産経新聞社など主催)が2月3日で終了し、昨年10月5日に開幕してからの総入場者数は68万3485人となりました。 引き続き、2019年2月16日(土)から5月12日(日)まで、 「フェルメール展」の大阪展が大阪市立美術館で開催されます。

17世紀のオランダ絵画の黄金期を代表る画家、ヨハネス・フェルメール(1632-1675年)の展覧会。「多くの方にフェルメール作品をご覧いただく」ことを目的として、3月19日(火)~5月12日(日)は無休で開館することが決定しています。(※3月18日までは、毎週月曜日休館となります。)

大阪展でしか見られない作品も

大阪展では、17世紀のオランダ絵画黄金期を代表する画家フェルメールの作品が6点展示されます。 東京展とは一部作品が入れ替えられ、日本初公開となる「取り持ち女」、大阪展のみ展示の「恋文」など西日本では過去最多となる6作品が集結、東京、大阪の両展覧会を鑑賞すると、最大で計10作品を鑑賞するこになります。

来月から開かれるフェルメール展の告知バナーが御堂筋に掲げられた
28日、大阪市中央区(前川純一郎撮影)

特別展「フェルメール展」開催概要

大阪展は日時指定入場制ではなく、通常の観覧方法となります。前売券の販売期間は、2019年2月15日(金)までです。

項目内容
展覧会名特別展「フェルメール展」
会期2019年2月16日(土)~5月12日(日)
会場大阪市立美術館
大阪市天王寺区茶臼山町1-82(天王寺公園内)
開館時間9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日2⽉18⽇(月)、25⽇(月)、
3⽉4⽇(月)、11⽇(月)、18⽇(月)
※3月19日(火)~5月12日(日)は無休で開館。
(3月25日以降の休館日は無し)
問い合わせ06-4301-7285
(大阪市総合コールセンター なにわコール)

観覧料

  • 一般1,800円(1,600円)
  • 大学・高校生1,500円(1,300円)

※( )内は、前売り料金と、20名以上の団体料金
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)
※大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金が必要。
※前売券の販売期間は、2019年2月15日(金)まで

大阪展公式サイト

関連記事

amazon

フェルメールは国内では特に人気が高く、関連書籍もたくさんありますね。

『フェルメール 光の王国』の続編が発売に

3万部を突破した前作「フェルメール 光の王国」に続く、生物学者・福岡伸一がおくる極上の美術ミステリー紀行第2弾ということで、
「フェルメール 隠された次元(翼の王国books)」 が 2月22日に発売になります。

《稽古の中断》の中に描かれていた“音色”とは?
《聖女プラクセディス》に残された指紋の秘密とは?
そこには隠された次元が存在していたのだ。それを本書で明らかにしたい。フェルメールが絵の中に描き残していた音楽の音色、そして指紋の秘密である。さあ、汲めどもつきぬフェルメール世界の謎へ、あなたを誘おう


―「はじめに」より
フェルメール 隠された次元 (翼の王国books)
  • 福岡伸一
  • 価格 ¥ 2,376
  • 販売 Amazon.co.jp

その他関連書籍

関連書籍などをまとめました。

『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック)
  • 朝日新聞出版
  • 価格 ¥ 1,512
  • 販売 Amazon.co.jp