[速報]国立科学博物館の来年春の特別展は「和食」がテーマ!

特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 のチラシ配布が開始

特別展和食
展覧会チラシ

 「恐竜博2019」が大盛況のうちに閉幕、11月からはこちらも注目の特別展「ミイラ」が開催される国立科学博物館(上野)ですが、2020年3月からの特別展のチラシ配布が始まっていました。なんとテーマは「和食」。2013年に「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産登録となり、世界的にも注目を集めている「和食」を、カハクならではの切り口でどんな形で展覧会にしてくれるのか、こちらの展覧会も注目を集めそうです。公式サイトでは、「和食」の魅力を、“日本列島の自然がもたらした多様な食材” “人々の知恵や工夫で作り出された発酵などの技術や調理法”“現代にいたる日本の食の歴史的変遷”などの多角的な視点から掘り下げるとあります。

  • 展覧会名:特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 WASHOKU: Nature and Culture in Japanese Cuisine
  • 会期:2020年3月14日(土)~6月14日(日)
  • 会場:国立科学博物館(東京・上野公園)
  • ※巡回展ナシ

展覧会公式サイト

展覧会の公式サイトもすでに開設されています。

続報わかり次第お伝えいたします。

Amazon