「北斎の橋 すみだの橋」(すみだ北斎美術館)葛飾北斎が現代に向けてかけた橋とは?

「北斎の橋 すみだの橋」フォトスポットを前にしたすみだ北斎美術館・橋本 光明館長内覧会より

「北斎の橋 すみだの橋」フォトスポットを前にしたすみだ北斎美術館・橋本 光明館長
「みなさんそれぞれの橋への思い入れを持って、心のタイムトリップを楽しんでいただければ」
内覧会にて編集部撮影

すみだ北斎美術館、2018年の目玉企画「北斎の橋 すみだの橋」

すみだ北斎美術館で「北斎の橋 すみだの橋」が開催されています。途中、展示替えがあり、前期が2018年9月11日(火)から10月8日(月・祝)まで、後期が2018年10月10日(水)から11月4日(日)までです。

北斎が描いた浮世絵は、全国各地で多くの橋を描きました。その中で北斎が長く住んだ「すみだ」にスポットをあて、その地域の橋をテーマに取り上げた企画です。

一口に橋といっても、地域のランドマーク的な役割を果たし、交通の要となります。風景の中の橋というだけでなく、橋の構造や歴史に着目したり、橋から見える風景をパノラマで描いたりした北斎。それらの橋をいろいろな角度から捉え直した展覧会です。この展覧会は、2018年の目玉企画。開会式には、いつもの美術展の顔ぶれとは違う、都の橋梁建設関連の方のお顔があり、企画の意気込みが伝わってきました。

北斎は橋の構造も熟知していた!

「北斎の橋 すみだの橋」展示室入り口

「北斎の橋 すみだの橋」展示室入り口

北斎は、橋を描くには、橋の構造を知らなくてはダメだと言ったんだそう。さすが、北斎さんです!人の体を描くにも、晩年になると、接骨術や筋骨の解剖学を極めた人ですから…。あの有名なレオナルドに負けていません。人体を描くには人の構造、橋を描くのも構造を知る!北斎らしいお話です。

北斎はどんな橋を描いたの?両国橋の歴史をたどってみよう

すみだ川にかかる橋の中でも、長くて大きな橋だった両国橋にスポットをあてながら歴史をたどりましょう。

明暦の大火のあとに建設された両国橋

1657年、江戸の町を燃やし尽くした三大大火と言われる明暦の大火がありました。そのあと町は整備され、両国橋がかけられます。今の都市設計の中に、火災の広がりを防ぐための干渉帯として公園などが設置されています。この火除地(ひよけち)という考え方は、この大火のあとに生まれたものだったというのですから驚きです。

両国橋のあたりにも、そんな火除地がありました。しかもただ空き地にしておかず、そこで勧進相撲や、花火を行なう盛り場として利用したのです。今につながる相撲や花火の風習は、大火のあとの地域整備がルーツだったことがわかりました。歴史の連なりを感じさせられます。

ちなみに火事の供養で建てられたのが回向院で、観進相撲はここで行われていました。下記が北斎が描いた両国の花火と橋です。この目線の位置もユニークですよね。北斎はどんな場所に上って描いたのでしょう。夢で見た橋を描いたという北斎。イマジネーションを膨らませて描いた景色かもしれません。

新浮世絵 両国橋夕涼花火見物之図 大判錦絵  天明年間(1781~89)頃

新浮世絵 両国橋夕涼花火見物之図 大判錦絵 天明年間(1781~89)頃

明治になって架けかえられた橋

明治になると、外国の工学技術を学び、お雇い外国人の指導で、西洋式の木造橋にかけ替えられました。橋の高棚がXになっているあたりに、西洋の工法が取り入れられたあとが見られます。こちらは、三代目の歌川広重が描きました。

三代歌川広重 東京名勝両国橋新築図 1875年(明治8)

三代歌川広重 東京名勝両国橋新築図 1875年(明治8)

明治の両国の花火

幕末の動乱期、花火は中止されていました。明治になって待ち望んだ花火が再開します。再開されてから20年余たった花火の様子です。花火の楽しみ方も多様化し、川面にボートがたくさん浮かんでいるのは、屋形船のルーツでしょうか?

小林幾瑛 東京名所之内川開之図 両国橋大花火 1888年(明治21)

小林幾瑛 東京名所之内川開之図 両国橋大花火 1888年(明治21)

橋はどんな構造だったのでしょう?

北斎が構造まで理解したという両国橋の構造がパネルになっていました。構造をよく見てみましょう。実によくできています。1661年、長さ171m、幅7.3mの木造橋が作られていたというのですから驚きです。

両国橋の構造

両国橋の構造

橋の杭はどれくらいの深さで埋め込んだのでしょうか?川が流れていますが、水はどうやって堰き止めたのでしょう。長い杭はどうやって打ったの?杭の穴はどうしたの?171m橋のアーチの形は、計算したのかしら?いろいろな疑問が沸き起こってきます。

両国橋の構造

両国橋の構造

この時代、水を堰き止める技術はなかったと言います。そのため杭は穴をあけずに、揺り動かしながら入れたそうです。どうしたらそんなことができるのでしょうか?そんな橋づくりの疑問に答えてくれる、講演会もあります。 

講演会・ミュージアムショップ情報

講演会でより詳しく北斎と橋のことを理解しましょう。

1)「江戸の橋と水辺の文化」

  • 講師 :西木浩一氏(東京都公文書館 統括課長代理 史料編さん担当)
  • 場所 :MARUGEN100(講座室)
  • 日時 : 9 月 15 日(土)14:00~15:30(開場 13:30)
  • 定員 :60 名
  • 料金 :無料(ただし、観覧券または、年間パスポートが必要です。)

2)講演会「隅田川 橋の歴史~明治から現代まで~」

  • 講師 :紅林章央氏(東京都建設局道路建設部橋梁構造専門課長)
  • 場所 :MARUGEN100(講座室)
  • 日時 :10 月 13 日(土)14:00~15:30(開場 13:30)
  • 定員 :60 名
  • 料金 :無料(ただし、観覧券または、年間パスポートが必要です。)

チケットなしでも利用できるミュージアムショップ

今回の企画のおすすめグッズは、中央の赤い囲みのあたりの商品だそう。要チェックです!

最近、こんなクリアファイルも新登場したようです。

北斎は科学者だった?新しい橋を今でも絵を通してかけ続けています

北斎は橋の構造も熟知して絵を描きました。その事実から、西洋のレオナルドと同じように、工学、建築にも造詣があり、ただ絵を描いていた人ではなかったことが伺えます。コンパスや定規を使って、人をいかに描くか。そんな資料も展示されていました。

橋という構造物を中心に、人々の暮らしを伝え、いかに町が発展したかを伝えようとしているようです。その視点は、都市計画といった視野を持ち合わせていたと考えられ、日本のレオナルドを感じさせられました。アメリカの「LIFE」で、「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」に選ばれた葛飾北斎。そんな北斎が描いた橋を通して、すみだから日本全国の地域を橋渡ししました。そして今、世界と日本を結び付ける橋の役割を果たしています。

北斎は夢で見た橋を描きました。そして「すみだ北斎美術館」への新しい橋をかけて待っています。

開催概要

項目 内容
展覧会名 「北斎の橋 すみだの橋」
会場 すみだ北斎美術館
会期 2018年9月11日(火)~11月4日(日)
前期:9月11日(火)~10月8日(月・祝)
後期:10月10日(水)~11月4日(日)
※前後期で展示替えを実施
休館日 毎週月曜日
9月17日(月)、24日(月)、10月8日(月)開館
9月18日(火)、25日(火)、10月9日(火)休館
主催 墨田区・すみだ北斎美術館
お問い合わせ すみだ北斎美術館

観覧料

本展のチケットは、会期中観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)もご覧になれます。

項目 料金 団体料金
一般 1,200円 960円
高校生・大学生 900円 720 円
中学生 400円 320円
65歳以上 900円 720円
障がい者 400円 320 円
  • AURORA(常設展示室)も観覧いただけます。
  • ※団体は有料のお客様20 名以上。
  • ※小学生以下は無料。
  • ※中学生・高校生・大学生(高専、専門学校、専修学校生含む)は生徒手帳または
    学生証をご提示ください。
  • ※65 歳以上の方は年齢を証明できるものをご提示ください。
  • ※身体障がい者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆
    者健康手帳などをお持ちの方及びその付添の1名まで障がい者料金でご覧いただけます。(入館の際は、身体障がい者手帳などの提示をお願いします)
コロコロ

ライター:

ライター 美術ってわかりにくい・・・ 他ジャンルのライター経験を生かして、自分の体験をもとに、どんなポイントをつかむと理解の糸口になるのか、記事にしたいと思っています。 WebSite