[会場レポート]開館15周年 特別展 ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ

プレス内覧会にてコロコロ撮影

プレス内覧会にてコロコロ撮影

:プレス内覧会取材の写真を追加、会場レポートを追加(このパートはコロコロ執筆)/:読者プレゼント応募要項を追加/:初掲載

パナソニック 汐留ミュージアムにて開催されている「開館15周年特別展 ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ」(会期:2018年9月29日(土)-12月9日(日))。ヴァチカン美術館が初めて日本に出品するルオーの作品4点をはじめ、ルオーの代表作が集結する、ルオーの没後60年を記念する特別展となります。この記事では展覧会のみどころを会場レポート及び展示作品の一部を広報用画像もまじえご紹介します。

会場レポート

プレス内覧会にてコロコロ撮影

プレス内覧会にてコロコロ撮影

会場レポート担当ライター:コロコロ/編集:モモモサーバー

9月28日(金)にプレス内覧会が行われました。ジョルジュ・ルオー財団の理事長であり、ルオーのお孫さんでもあるジャン=イヴ・ルオー氏が来日。本展の監修者、西南学院大学教授・後藤新治氏、展覧会を担当された萩原敦子学芸員による解説が行われました。レクチャーより見どころをご紹介致します。

ジョルジュ・ルオー財団の理事長 ジャン=イヴ・ルオー氏による解説プレス内覧会にてコロコロ撮影

ジョルジュ・ルオー財団の理事長 ジャン=イヴ・ルオー氏による解説
プレス内覧会にてコロコロ撮影

展示構成

  • 第Ⅰ章 ミセレーレ:蘇ったイコン
  • 第Ⅱ章 聖顔と聖なる人物:物言わぬサバルタン
  • 第Ⅲ章 パッション:受肉するマチエール
  • 第Ⅳ章 聖書の風景:未完のユートピア

敬虔なキリスト教徒だったルオーは、宗教主題を数多く描きました。キリスト教になじみのない日本人には、見出しの意味がつかみにくいかもしれません。本展の監修者、後藤新治氏より、それぞれのキーワードの解説がありました。

表題の「聖なる芸術」は、キリスト教芸術のこと、「モデルニテ」は現代性、近代性、モダンという意味から転じて、はかないもの、消えやすいものというニュアンスを含みます。この展覧会では、ルオーの古典的な部分の意味と、現代性を改めて問うものになっています。

監修者、西南学院大学教授・後藤新治氏(中央)の解説プレス内覧会にてコロコロ撮影

監修者、西南学院大学教授・後藤新治氏(中央)の解説
プレス内覧会にてコロコロ撮影

ここを見逃すな!

3氏の解説の中から、ルオーに関する知識がなくても鑑賞できそうなポイントを拾ってみました。

ヴァチカンから初めてやってきた作品

《秋 または ナザレット》1948年 油彩ヴァチカン美術館蔵Photo © Governatorato S.C.V. - Direzione dei Musei

《秋 または ナザレット》1948年 油彩
ヴァチカン美術館蔵
Photo © Governatorato S.C.V. – Direzione dei Musei

何と言っても今回の売りは、カトリック教会の総本山ヴァチカンから、3点の油彩と、七宝作品がやってきたことです。中でも《秋 または ナザレット》に注目。ナザレットはキリストが幼少時代を過ごした場所。ルオーがこの景色で表そうとしたのは、どんな世界だったのでしょうか?後半の風景画のところで紹介します。

ガラスが入っていない作品

《サラ》1956年 油彩
ジョルジュ・ルオー財団蔵

《サラ》は、ジョルジュルオー財団の理事長の机の後ろに飾ってあるそうです。今、オフィスになく寂しいと、ジャン=イヴ・ルオー氏。ルオー最晩年の作品で何層にも重ねた絵の具が彫刻のようになっています。そのためもろくなり「旅ができない」という表現をされました。10年に1回、旅立たせるそう。そんなデリケートな作品なのですが、ガラス越しではなく直接、ルオーの肉厚に盛られた筆致を見ることができるのです。

このような機会はまたとありません。10年に1度の巡り合わせ。ルオーのお孫さんがいつも傍らに置き、我が子を見つめるような眼差しを送っているように感じさせられる大切な絵。ぜひこの機会に間近でご覧いただきたいです。

その他にガラスケースに入っていない作品が2点。No.41キリスト《受難》 No.32《聖顔》です。「この時代の絵を裸で見ることができるのはありえない」と後藤氏が力説されました。

「受肉」というマチエールに注目

第3章 展示風景
プレス内覧会にてコロコロ撮影

第3章の「パッション」では、「受肉」するマチエールというサブタイトルがつけられています。「パッション」は一般的には「情熱」ですが、キリスト教では「受難」を意味します。「受肉」は、積み重ねられた絵の具の技法を表しています。晩年の表現は溶岩のように体積した塊になっています。まるで物質に変貌したかのようです。この企画に携わった萩原学芸員によると、第2章の青い部屋は重厚で重い作品が展示され、第3章の赤い部屋は、小ぶりの作品で親しみやすい作品を展示しているとのことです。壁面の色からも、作品のテイストの違い、変化を伝えていることがわかります。

圧巻の風景画

第4章 会場風景プレス内覧会にてコロコロ撮影

第4章 会場風景
プレス内覧会にてコロコロ撮影

第4章の「聖書の風景:未完のユートピア」では晩年の代表作、風景画が一堂に会しています。これだけ集まることは、なかなか経験できないと後藤氏が熱く語ります。そしてこれらの風景画には定型パターンがあるのだそう。地平線があり、手前に広場。そこには人々の語らい。遠近法的な三角形の道が奥にのび、彼方に建物が建っています。そして天空には月もしくは太陽の光。風景画はこれらの構図が反復して描かれています。この風景こそがルオーが考えたユートピアだったのではとのお話です。

ルオーが考えたたくさんのユートピアに囲まれた空間にしばし浸っていました。一つ一つの風景画から降り注ぐあたたかな光のシャワー。その元で語らう人々の穏やかで満ち足りた表情。自分もその中に溶け込んでいくような感覚を覚えます。すると、冒頭に掲げられていた言葉が頭に浮かんできました。

プレス内覧会にてコロコロ撮影

プレス内覧会にてコロコロ撮影

ルオーの作品の根底にあるものが伝わってきました。

ルオーの色の秘密

ルオーの絵を見て、どのように感じたでしょうか?おそらく好意的にとらえる方と、そうではない方に分かれるのではないかと思うのです。実は私も初めて見た時に、よくわかりませんでした。ところが何度か目にするうちに、次第に心惹かれるようになってきました。見ればみるほど、味わい深く、色の深みのようなものが感じられてくるのです。それは、てっきりルオーの絵の具の重なりによるものだと思っていました。

しかし、今回、ルオーがどのように絵の具を重ねていたか、その一旦を知ることができました。それは、絵の具を重ねてぬりたくって厚くしていたわけではなく、重ねたあと削って、また重ねるということを何年も続けたことによって作り出された厚みの時代があったのです。「重ねる、削る、薄くする」の繰り返しは、光の透過と反射を変化させて複雑な色を発色させていたのでした。

ミュージアムショップ&グッズ

ヴァチカンから初めてやってきた作品がグッズとなって取り揃えられています。鑑賞の思い出にお手元に・・・・鉛筆のシャープナーなど、目新しいものがありました。

ミュージアムショップ全景プレス内覧会にてコロコロ撮影

ミュージアムショップ全景
プレス内覧会にてコロコロ撮影

プレス内覧会にてコロコロ撮影

プレス内覧会にてコロコロ撮影

会場レポート担当ライター:コロコロ/編集:モモモサーバー

プレスリリース・広報画像による展示解説

このセクションでは展示作品の一部について広報画像をまじえ解説します。

20世紀フランスを代表する画家ジョルジュ・ルオー。本展は、ルオーの画業の軸である聖なる芸術に焦点をあて、画家が目指した美しい愛のかたちを紹介します。(プレスリリースより)

みどころ:ヴァチカン美術館が初めて日本に出品するルオーの作品4点を公開*。

*ヴァチカン美術館に所蔵される以前に来日している作品も含まれます。

ルオーとカトリック教会の総本山であるヴァチカンには繋がりがあり、生前ルオーは教皇に作品を寄贈し、画家の没後は家族らが作品をヴァチカンに献納しています。本展では、ルオーの聖なる芸術を考える上で重要でありながら、これまで着目されてこなかったヴァチカンゆかりの油彩3点《聖顔》、《パックス(平和)》、《秋 または ナザレット》そして七宝作品の《聖心》が公開されます。

また、ポンピドゥー・センター パリ国立近代美術館から、《聖顔》、《ヴェロニカ》、《受難(エッケ・ホモ)》、《エジプトへの逃避》、《キリスト教的夜景》、さらにパリのルオー財団や個人からは、《サラ》、《我らがジャンヌ》、《キリストとの親しき集い》など代表作を含む約40点が来日します。

展示作品の一部をご紹介

《サラ》

《サラ》1956年 油彩
ジョルジュ・ルオー財団蔵

ルオーの最後の作品のひとつ。異なる色彩のアーチと花環のような白枠が画面を引き締め装飾的な役割を果たす。溶岩を思わせる厚塗りの絵の具、穏やかにほほ笑む女性の表情、そして光輝な色彩が調和し、作品には神秘性すら生まれている。

《ヴェロニカ》

《ヴェロニカ》1945年頃 油彩ポンピドゥー・センター パリ国立近代美術館蔵Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI, Dist.RMN-Grand Palais /image Centre Pompidou,MNAM-CCI / distributed by AMF

《ヴェロニカ》1945年頃 油彩
ポンピドゥー・センター パリ国立近代美術館蔵
Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI, Dist.RMN-Grand Palais /image Centre Pompidou,MNAM-CCI / distributed by AMF

「聖顔」を描く画家ルオーは、聖なる顔貌を写し取る布を差し出した女性、ヴェロニカの存在を意識し、早くも『ミセレーレ』の版画の画題にその名を登場させている。本作のヴェロニカは、面長の顔をわずかに傾け、慈愛に満ちた微笑みを浮かべる。大きな澄んだ目には、十字架への道を歩む者の愛と聖なるものの愛を求める人間の眼差しが重ね合わされる。

《受難 (エッケ・ホモ)》

《受難 (エッケ・ホモ)》1947-49年 油彩<br/>ポンピドゥー・センター パリ国立近代美術館蔵<br/>Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI, Dist.RMN-Grand Palais /image Centre Pompidou,MNAM-CCI / distributed by AMF

《受難 (エッケ・ホモ)》1947-49年 油彩
ポンピドゥー・センター パリ国立近代美術館蔵
Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI, Dist.RMN-Grand Palais /image Centre Pompidou,MNAM-CCI / distributed by AMF

「エッケ・ホモ」は、「この人を見よ」の意。ヨハネ福音書に記述のある、ローマ総督ピラトが審問所の聴衆に向かっ発した言葉。磔刑を告げられたキリストは、茨の冠を被せられ、鞭を打たれて嘲弄された。本作のキリストは、伝統的図像に倣い、茨の冠と赤いマントを身に着け、笏を持つ。下された審判を、目を瞑り、顔をやや傾けて静かに受け入れるキリストの姿は、静謐であり、また荘厳でもある。

《聖心》

《聖心》1951年 七宝<br/>ヴァチカン美術館蔵<br/>Photo © Governatorato S.C.V. - Direzione dei Musei

《聖心》1951年 七宝
ヴァチカン美術館蔵
Photo © Governatorato S.C.V. – Direzione dei Musei

聖なる心臓を描いたこの七宝作品《聖心》は、スイス国境近くのノートル=ダム・デ・ヴォワロン隠修院の聖櫃(聖体をおさめた箱)の扉装飾に使われたもの。ルオーの作品を下絵にして、リギュジェの修道院の工房によって制作された。聖なる心臓は、フランス語で「サクレクール」と呼ばれ、キリストの罪の贖いへの崇敬を象徴する。

《キリストとの親しき集い》

《キリストとの親しき集い》1952年 油彩<br/>個人蔵(ルオー財団協力)

《キリストとの親しき集い》1952年 油彩
個人蔵(ルオー財団協力)

「マルタとマリアの家のキリスト」(ルカ福音書)はルオーの室内画の着想源にしばしばあげられる。マルタとマリアと思しき二人の女性がキリストの近くに集う本作のような室内画は、決まって日常を取り巻く家具や道具が描かれる。どんな人の日々の生活にも、人と人との心の通い合いが生み出す愛や安らぎが存在することを伝えるかのようである。

《秋 または ナザレット》

《秋 または ナザレット》1948年 油彩<br/>ヴァチカン美術館蔵<br/>Photo © Governatorato S.C.V. - Direzione dei Musei

《秋 または ナザレット》1948年 油彩
ヴァチカン美術館蔵
Photo © Governatorato S.C.V. – Direzione dei Musei

1957年に教皇ピウス12世へ寄贈した作品。ナザレット(ナザレ)はキリストが幼少時代を過ごした場所。ぬくもりの光の中に家族が集い、画面は愛に満ちた親密な雰囲気に包まれる。樹木と塔と山の稜線が生み出す安定した構図の画面に、色と形が調和し、ルオー独自の宗教的ヴィジョンがひろがる。

展覧会概要

項目 内容
展覧会名 開館15周年特別展 ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ
会場 パナソニック 汐留ミュージアム
会期 2018年9月29日(土)-12月9日(日)
開館時間 午前10時より午後6時まで
(ご入館は午後5時30分まで)
※10月26日と11月16日は午後8時まで(ご入館は午後7時30分まで)
休館日 水曜日(但し11月21・28日、12月5日は開館)
入館料 一般:1,000円/65歳以上:900円/大学生:700円/中・高校生:500円/小学生以下無料
※20名以上の団体は100円割引き
※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
主催 パナソニック 汐留ミュージアム、NHK、NHKプロモーション、東京新聞
後援 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、港区教育委員会
協賛 光村印刷
協力 日本航空
特別協力 ジョルジュ・ルオー財団
お問い合わせ 03-5777-8600[NTTハローダイヤル]
公式HP http://panasonic.co.jp/es/museum/
公式フェイスブック https://www.facebook.com/shiodome.museum

アクセス

  • 〒105-8301 東京都港区東新橋1 -5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
  • JR「新橋」駅より徒歩約8分、東京メトロ銀座線・都営浅草線・ゆりかもめ「新橋」駅より徒歩約6分、都営大江戸線「汐留」駅より徒歩約5分

この記事について

  • ライター:コロコロ(前半部の会場レポートセクション)、モモン(後半セクション)
  • 編集:モモモサーバー編集部