サウジアラビアのマンガプロダクションズ社

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子殿下が設立したミスク財団の子会社「マンガプロダクションズ」が東映アニメーションと共同制作の映像作品をサウジアラビア・日本の両国で放映することを11月16日に発表しました。

コラボ最初の作品は、20分のアニメ「キコリと宝物」。制作はアラビア語と日本語で完了しており、サウジアラビアと日本のテレビで放映する予定です。またこのアニメとは別に90分の映画ならびにサウジアラビアの民話シリーズ13巻の制作も進める予定です。(マンガ・プロダクションズ社のプレスリリースより)

アラブ・イスラーム諸国のみならず日本をはじめとする世界各国の子供やアニメ愛好者にアラブの伝統や文化を映像コンテンツを通じて楽しく紹介する新しい試みということで非常に興味深いですね。

東京国立博物館でも来年の1月から「アラビア展」というのが始まるというニュースが入っています。来年は一気にサウジアラビアブームが来るのかもしれませんね。
「アラビア展」に関しましては詳細が判明次第お伝えしたいと思います!

読んでいただいてありがとうございます。
ハッピーな1日を!

モモン

ライター:

モモモサーバー編集長。好きな食べものはカレーパンとパイナップル。興味のあることにどんどん首を突っ込んで行きたい。どちらかというと映画よりも展覧会やの方が自分のペースで楽しめるので気に入っている。