2018『青の洞窟 SHIBUYA』:昨年の会場取材で得た混雑回避ルートも掲載(渋谷)

青の洞窟2018イメージビジュアル

渋谷の冬の名所、青の洞窟

今年も11月30日(金)から開催されます。昨年大好評だった、数種類の光動く演出も今年も健在。並木道を奥から順に波打つ演出やランダムに光る演出などのロマンチックな光で皆様を魅了します。2018年も渋谷の街を青く染め上げる『青の洞窟 SHIBUYA』、見逃せません!編集部では昨年、相当な混雑を予想して開催最初の土曜日の19時という混雑時間帯に取材を敢行しました。この記事では2018年の開催概要とともに、去年の取材から得た混雑回避ヒントなどを紹介します。下記は昨年、現地で撮影した動画(22秒、点灯演出がみれます)

2018年『青の洞窟 SHIBUYA』イベントの概要

最終日の大晦日は終夜点灯!

項目 内容
名称 『青の洞窟 SHIBUYA』
実施エリア 渋谷公園通りから代々木公園ケヤキ並木
アクセス 渋谷駅(JR・東京メトロ・京王井の頭線・東急各線)徒歩1分
JR原宿駅、東京メトロ明治神宮前駅・代々木公園駅、小田急線代々木八幡駅もアクセス可能
点灯時間 17:00〜22:00
※点灯時間は変更となる場合がございます。
※最終日2018年12月31日(月)は、翌朝(5:00頃)までの点灯を予定しております。
点灯期間 代々木公園内:2018年11月30日(金)~2018年12月31日(月)
渋谷公園通り:2018年11月30日(金)~2019年1月16日(水)
電飾球数 約60万球
URL http://shibuya-aonodokutsu.jp/
主催 『青の洞窟 SHIBUYA』実行委員会
後援 渋谷区
特別協賛 日清フーズ株式会社

昨年2017の様子-現地取材でわかった混雑回避必勝法

※このセクションは昨年の現地取材での情報なので今年は状況が変わっている可能性はありますが、予想で書いているサイトとは情報精度は別物なので参考にはなると思います。2018も開催されたら是非突撃したいと思います!

開催から最初の土曜日19時の様子!

  • 渋谷駅から代々木公園入り口の会場まで、まるで黒い軍勢のように写っているのは全て人!
  • 2017年の青の洞窟の最初の土曜日に編集部撮影

そもそも渋谷の外からエントリする

渋谷の駅前

週末の渋谷駅はイベントに関係なく、メチャメチャ混雑しています。そう、メチャメチャです。なので代々木公園側からエントリーすると良いです。歩く距離長くなるし、やっぱり渋谷駅から行きたい、公園通りのイルミも観たいし…という方も大丈夫です。

渋谷からでも混雑回避する方法

ズバリ、公園通りを避けます。え?公園通りのイルミは?ご安心を。まず、宮前坂方面に出て明治通りを原宿方向へ歩きます。そして宮下公園左折してJRのガードを潜り、タワーレコードを抜けて福祉会館前の信号、公園通りにここで初めてエントリーします。通りのイルミネーションはこの辺りから始まるので見逃しもなく、渋谷駅前のものすごい人混みをスルーしてしまうことが出来ます!

会場も空いている場所を狙え

会場までは歩道から人が溢れかねない、初詣みたいな混雑で、ここだけはしかたないですが、青の洞窟の会場は渋谷側の入口から洞窟中盤までが1番混雑します。理由はみんな立ち止まって写真を撮ろうとするから!正直洞窟の中に入ってしまうと展覧会とかとは違うので同じような写真にしかなりません。ある程度進んだらサイドの通路に移動してしまいましょう。

両サイドと一番奥が空いていて見物しやすい

モニュメントや投票用のボードのあるエリアの裏側です

渋谷側一番奥まで進んだところにモニュメントがあり、撮影スポットになっています。ここは混雑していますが、実は両脇のエリアは非常に空いています。あれ、と言うか両サイドは全然人がいなくて快適に散歩できるじゃないか!両サイドの通路、そしてモニュメントの裏側付近は穴場で、ここだと脚立を持ち出すような無粋なカメラマンとかいつまでも並んで記念写真を撮り続けるファミリーとかあまりいないのでデート向きカモ。夜は冷えますので厚着して行きましょう。着膨れてカッコ悪い!とかいう人はカイロを仕込んだりして防寒を!

更新履歴

最終更新::2018年のイベント概要を追加、昨年の混雑回避ルートを整理してい記事をリライト/:初掲載:2017年の開催最初の土曜日の混雑レポなどをアップ