[実験]どっちが昼寝に効く?|コーヒーナップ VS「紅茶ナップ」

コーヒー

コーヒーナップって、知っていますか?

コーヒーナップというのは、昼寝をする直前にコーヒーを飲んで20分間昼寝をすると、頭がスッキリするというものです。

コーヒーにはカフェインが入ってますよね?そのカフェインを摂取すると、20分後にカフェインの成分が脳に到達し、覚醒効果によって頭がスッキリした状態で目覚められます。

また、カフェインには脳に疲労を感じさせるアデノシンという物質を減少させる働きがあります。

昼寝で脳の疲れを取るだけでなく、カフェインによってアデノシンを減少させるというダブルの効果で、疲労回復を望めるのです!

午前中の疲れが出て睡魔の襲い始める午後は、このコーヒーナップを取り入れることで頭がスッキリとした状態で活動できます。

でも、ここでふとした疑問が…。

ふみ
カフェインが入っていれば、別にコーヒーじゃなくてもいいよね?

紅茶ナップにも効果があるのかな??

編集長
え…?
今回は実験するヤツなんですか!?
ふみ
昼寝して実験します!
  

ABOUTこの記事をかいた人

二児の子供を持つママさんライター。日頃の生活で感じた疑問をとことん追求するのが大好き。面白いと感じたことを記事にするのが生きがいになっている。