片岡鶴太郎 画業25周年・芸能生活45周年記念の展覧会「片岡鶴太郎展 顔-faces-」

片岡鶴太郎と「鯉不二」

片岡鶴太郎の画業25周年・芸能生活45周年記念した展覧会

松屋銀座 8階イベントスクエアにて、片岡鶴太郎の画業25周年・芸能生活45周年記念した展覧会「片岡鶴太郎展 顔-faces-」が12月27日(木)より開催されます。(2019年1月14日まで)「顔-faces-」をテーマに、これまでに創作された代表作や新作を含む100点以上が展観します。なお、会場内すべて撮影可能とのこと。

25年にわたり描き続けてきた椿で構成する「椿の回廊」も

今回の展覧会のイメージとして描かれるのは富士山。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、日本の顔である富士山と長寿で知られる鯉を、加賀白山紬に描き染めた作品です。また、画家・鶴太郎の原点といえば、椿。25年にわたり描き続けてきた椿で構成する「椿の回廊」を設け、観る人を魅了する空間へと誘います。また、芸人・片岡鶴太郎の作家なりきりコーナー(富士山を描くアーティスト達)や絵画制作風景など、普段の生活を紹介する映像コーナーなども。

  • [左]雪椿 作:片岡鶴太郎
  • [右]ゴリラ 作:片岡鶴太郎

千年の恋 源氏物語 作:片岡鶴太郎

  • [左]彩雲 作:片岡鶴太郎
  • [右]東京夜景 作:片岡鶴太郎
  • [左]森伊蔵 作:片岡鶴太郎
  • [中]福招き猫 作:片岡鶴太郎
  • [右]白梅 作:片岡鶴太郎

開催概要

項目 内容
タイトル 画業25周年・芸能生活45周年記念
片岡鶴太郎展 顔-faces-
会場 松屋銀座 8階イベントスクエア(中央区銀座3-6-1)
会期 2018年12月27日(木)~2019年1月14日(祝・月)
時間 10:00~20:00
※12月27日(木)は午後7時閉場、30日(日)は午後7時30分閉場、31日(月)は午後6時閉場、
1月1日(祝・火)は休業、2日(水)は午前9時30分開場・午後7時30分閉場、6日(日)は午後7時30分閉場、最終日14 日(祝・月)は午後5時閉場。入場は閉場の30分前まで。
入場料 一般 1,000(700)円、高校生 700(500)円、中学生 500(400)円、小学生 300(300)円。
※( )内は前売料金。前売券はヤフーパスマーケット、ローソンチケット、セブンイレブンにて12月26日まで販売。
主催 片岡鶴太郎展 顔-faces-実行委員会
特別協力 太田プロダクション
協力 草津片岡鶴太郎美術館、山中片岡鶴太郎工藝館、伊万里片岡鶴太郎工藝館、福島片岡鶴太郎美術庭園
演出協力 WOW(「赤富士」映像)、花人 赤井勝(「椿の回廊」装飾)
企画制作 オギノマネージメントコーポレーション

片岡鶴太郎 プロフィール

高校卒業後、片岡鶴八師匠に弟子入り。3年後、東宝名人会、浅草演芸場に出演。その後、バラエティー番組を足掛かりに広く大衆の人気者になる。目下、幅広いキャラクターを演じられる役者として活躍し、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞など数多くの賞を受賞。画家としては、1995年に初の絵画展「とんぼのように」を東京で開催。2001年には、初の海外個展をフランス・パリにて開催し、好評を博す。2011年、初の本格的仏画を出展。

2013年に第69代横綱白鵬関の化粧まわしのデザインを担当し、伊勢神宮で奉納・お披露目された。2014年~2017年にかけて、還暦と画業20周年を記念した個展「還暦紅」を、全国20ヶ所で開催し、34万人を動員した。

書家としては、2015年3月、書の芥川賞といわれる「第10回手島右卿賞」、2018年7月「第3回産経国際書展特別功労賞」を受賞。また2017年5月、インド政府公認プロフェッショナルヨガ検定に合格し、インド政府より、ヨガマスター、ヨガインストラクターの称号を授与され、第1回ヨガ親善大使にも任命される。

2018年4月、第5回「ヨガジャーナル presents Yoga People Award 2018」にて、ベストオブヨギーを受賞。

amazon