ついに開幕「クリムト展 ウィーンと日本 1900」会場レポート(東京都美術館)

報道内覧会にて編集部撮影

最終更新:2019-04-22

過去最大級、待望の「クリムト展」がついに開幕 
「クリムト展 ウィーンと日本 1900」

「クリムト展 ウィーンと日本 1900」(東京都美術館)が2019年4月23日より開幕します。傑作《ユディトⅠ》など過去最多のクリムト油彩画が集結。過去最大級、待望の「クリムト展」となります。

日本国内でも展覧会開催を希望する声は耳にしますが、クリムトは遅筆なうえ、作品がナチス・ドイツに接収されたり、戦火で焼失したりするなど歴史の波に翻弄され、現存する作品が多い作家とは言えません。また建物の天井画や壁画など、現地を訪れなくては実物を見られない作品も多々あります。没後100年を記念して開催する本展は、クリムト作品をまとめて見ることのできる貴重な機会といえます。会期は7月10日(水)まで。

展覧会の見どころ

  • 過去最多25点以上のグスタフ・クリムトの油彩画を中心に紹介
  • 東京では約30年ぶりとなる、待望の大規模展
  • クリムト没後100年(2018年)、日本オーストリア友好150周年(2019年)記念の展覧会
  • 全長34メートルにおよぶ壁画《ベートーヴェン・フリーズ》の精巧な複製も展示

グスタフ・クリムト(1862~1918)

グスタフ・クリムト(1862~1918)は、19世紀末から20世紀初頭のウィーンで活躍した画家です。代表作《接吻》はオーストリアの芸術を代表する国宝的作品として位置付けられ、今や国外への出品は許されない作品となっています。写実的でアカデミックな画風から出発したクリムトは、やがて金箔を多用する「黄金様式」の時代を経て、装飾的で抽象的な色面と人物を組み合わせた独特の画風を確立、ウィーン・モダニズムの旗手として活躍しました。無垢な少女、魔性の女、運命の女…女性の様々な魅力を描き出した華麗な女性像は、国内外で圧倒的な人気を誇ります。

展示会場について

開幕に先立って行われた報道内覧会より、展示の様子をご紹介します。

報道内覧会にて編集部撮影
  • 上記9点、全て報道内覧会にて編集部撮影

報道陣の向こうに見えるのが 《ユディトⅠ》

かなり大勢の報道陣がつめかけており、内覧会は非常に盛況でした。やはりクリムトとその作品への注目度は高く、会期中も混雑が予想されます。

  • [各写真の中央奥の作品] グスタフ・クリムト《ユディトⅠ》 1901年 油彩、カンヴァス 84×42cm ウィーン、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館  © Belvedere  報道内覧会にて編集部撮影

《オイゲニア・プリマフェージの肖像》


グスタフ・クリムト《オイゲニア・プリマフェージの肖像》
1913/1914年 油彩、カンヴァス 140×85cm
豊田市美術館
報道内覧会にて編集部撮影

《ベートーヴェン・フリーズ》


グスタフ・クリムト《ベートーヴェン・フリーズ》(部分)1984年
(原寸大複製/オリジナルは1901-1902年) 216×3438㎝
ウィーン、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館 © Belvedere, Vienna
報道内覧会にて編集部撮影
  • [左][右]グスタフ・クリムト《ベートーヴェン・フリーズ》(部分)1984年(原寸大複製/オリジナルは1901-1902年) 216×3438㎝
    ウィーン、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館 © Belvedere, Vienna, Photo: Johannes Stoll

全長34メートルを超える壁画で、クリムトが40歳の頃に手がけた大作です。黄金の甲冑で武装した騎士が幸福を求めて敵に向かい、楽園にたどり着くまでの旅路が絵巻物のように展開します。本展では1984年に製作された精巧な原寸大複製を通じ、その壮麗さと迫力を体感できます。

物販エリア

  • 報道内覧会にて編集部撮影

出口エスカレーター付近にはフォトスポットも

報道内覧会にて編集部撮影

関連記事

次のページでは展示作品を紹介

Amazon