はじめてのライブハウス – 誰を観に来ましたか?って??

ギターを弾く人

はじめに

先日、「触れるだけ整体」さんがライブハウスのイベントに出張するエントリーを書きました。で、せっかくなんで、はじめてライブハウスに行く人のガイドになるようなことを書いてみようかと思います。

「触れるだけ整体」がライブハウスで体験できるイベントがあるよ

石塚あきら50周年記念カッパカフェス2017

SNSとかで友人がライブをすることを知って一度観てみたい!
だけどライブハウスってどんなところ?怖いの?チケットとかは?という方は是非ご参考になさってください。

チケットの買い方

前売りのある公演の場合

小さいライブハウスでの公演の場合、「チケットぴあ」とかで扱いはありませんので、直接購入する形になります。
たいていの場合は前売り券として物理的なチケットが存在していることは少なくて「公演の予約」という形です。
普通、前売りの方が当日券よりも安く入れます。

ライブハウスに電話かメールで申し込んでおくこともできますが、出演者本人にメールとかで連絡しておけば取り置きしてもらえます。
演劇とか演芸関係だと「置きチケ」と言うみたいですね。

前売りなしの公演

ライブバー系とかで多いですが、前売りと当日券の値段が一緒というパターンがあります。この場合は当日直接会場に行けば大丈夫です。

当日の受付で

これが、ちょっとわかりづらいのですが、ライブハウスの入り口で、「誰を観に来たか」を伝えます。これは出演者が別々にライブハウス側と精算をするため、誰のチケットが売れたのかを把握するためです。普通はスタッフの人が「今日は誰を観に来ましたか」的なことをにこやかに聞きますので普通に答えれば大丈夫です(笑)

*80年代ならいざしらず、コワーイ店の人がギロリなんてことはありえないのでご安心をw

また、前売りのある公演の場合は「◎◎を観に来たXXですけど」みたいに自分の名前を伝えます。

たいていドリンク代が別途かかります!

これも、はじめての人は面食らいますが、チケットとは別で1ドリンクのオーダーが必須というところがほとんどです。2,000円のチケットとは別でドリンクチケットが500円とかで総額は2,500円かかります。

たまーにライブハウスの入り口で揉めてる人を見かけますが、「2,000円+1ドリンク」とか表記があるのはそういう意味ですので念のため。ライブバーとかではドリンク代こみの公演もありますね。

ピアノを弾く人

対バンって?

1公演は19時くらいから22時くらいまでのことが多いですが、その間に3〜4組くらいのアーティストが演奏をします。1ステージは30分くらいですが、特にことわりがない場合は、入れ替え制とではないので、お目当ての人が出演した後も普通に観ていくことができます。

よく、知り合いのバンドが終わったら帰ってしまう人がいますが、別に入れ替えではないのでもったいないです。時間があればついでに観ていくと、新たな自分の好みが見つかったりして面白いですよ。

スポンサーリンク

そのほかFAQとか

やっぱりタバコの煙がもうもうなんだよね?

最近はアコースティック系ライブハウス中心に、禁煙、または公演中禁煙という場所も増えてきています。当サイトで紹介したイベントのライブハウス「阿佐ヶ谷ネクストサンデー」さんの場合は完全禁煙です。

もちろん昔ながらのタバコの煙で前が見えないようなハウスもありますので、タバコが無理な方は事前に確認してみることをオススメします。

写真とかって撮っていいの?

ライブハウスと出演者の方針によります。宣伝になるからどんどん撮影してSNSにアップして欲しいという場合と、絶対に撮影は禁止!という場合とわりと極端だったりするので一応確認してみた方が無難です。

撮影がOKでも、フラッシュをたくのはNGです。出演者の手元が狂ったり、演出上の雰囲気を壊したりします。

おわりに

テレビに出ている人やYouTubeでアクセスを集めている人だけがアーティストではないんです。駅の周りでライブハウスやライブバーの看板を見たことはありませんか?一説では日本国内に6500軒あると言われている大小のライブハウス。毎晩これらのステージではヒットチャートだけを追っていたら決して出会うことのない音楽があふれています。

読んでいただいてありがとうございます。
ハッピーな一日を!

ABOUTこの記事をかいた人

モモモサーバー編集長。 興味のあることにどんどん首を突っ込んで行きたい。 カレーパンが大好き。