【行ってきた】特別展「仁和寺と御室派のみほとけー天平と真言密教の名宝ー」に2回行くべき理由ー見所や会場の様子をご紹介!

特別展「仁和寺と御室派のみほとけ」(東京国立博物館)展示風景
一般非公開の仁和寺観音堂内部を再現した展示室と実際に安置されている仏像33体の展示風景(こちらのコーナーは撮影がOK!)

特別展「仁和寺と御室派のみほとけー天平と真言密教の名宝ー」報道内覧会に出席してきました

東京国立博物館 平成館にて特別展「仁和寺と御室派のみほとけー天平と真言密教の名宝ー」が1月16日より開催されています。御室桜で有名な京都・仁和寺の名宝をはじめ、全国の御室派寺院より秘仏・本尊など計174件もの寺宝が一堂に集結するこの展覧会を一般公開に先立って取材してきましたので、一足先に展示の見所や会場の様子をご紹介いたします!

展示会場の入り口

補足

– 1月16日17時 開会式典での写真を追加
– 1月18日12時 キャプションの修正追加、また一般のお客様も撮影OKのコーナーについて補足を追加

見所まとめ版

  • 秘仏、本尊など彫刻66体、計174体の名宝が一挙に集結!!
  • 空海直筆「三十帖冊子」が展覧会史上全帖公開!!(1/16〜1/28の期間限定)

全国御室派寺院の秘仏8体が東京国立博物館に

  • 国宝「十一面観音菩薩立像」(大阪・道明寺)
  • 重文「如意輪観音菩薩坐像」(兵庫・神呪寺)
  • 重文「千手観音菩薩坐像」(徳島・雲辺寺)
  • 重文「不動明王立像」(徳島・雲辺寺)
  • 重文「毘沙門天立像」(徳島・雲辺寺)
  • 重文「馬頭観音菩薩坐像」(福井・中山寺)
  • 国宝「千手観音菩薩坐像」(大阪・葛井寺)展示期間:2月14日〜3月11日
  • 国宝「薬師如来坐像」(京都・仁和寺)展示期間:2月14日〜3月11日

そしてこれが2回いくべき理由!

国宝「三十帖冊子」の全帖公開は開催日の1月16日(火)から28日(日)までの二週間限定です。そして国宝「千手観音菩薩坐像」(大阪・葛井寺)と国宝「薬師如来坐像」(京都・仁和寺)は2月14日(水)からの公開となります。

  • 国宝「三十帖冊子」
    2014年に修理が完了した、弘法大師・空海ゆかりの国宝であり、全帖公開は展覧会史上初となります。

  • 国宝「千手観音菩薩坐像」「薬師如来坐像」

国宝「千手観音菩薩坐像」(大阪・葛井寺)は江戸時代の出開帳以来、初めて東京で展示されます。また、国宝「薬師如来坐像」(京都・仁和寺)は仁和寺非公開の秘仏で、国宝に指定されている中で最小の仏像です。

さらに国宝「両界曼荼羅」(奈良・子島寺)も前後期で「胎蔵界」と「金剛界」の入れ替えがあるなど、他にも展示入れ替えが行われます。

国宝 「両界曼荼羅」(子島曼荼羅) 平安時代 10〜11世紀 奈良・子島寺蔵
胎蔵界 1/16(火)〜2/12(月・休)  金剛界 2/14(水)〜3/11(日)

可能な限り全てを観たいですよね。なので1月中に1回、2月の中旬以降でもう一回の2回以上の観覧をオススメします。

国宝 公開の日程
国宝「三十帖冊子」全帖公開 1月16日(火)〜1月28日(日)
国宝「千手観音菩薩坐像」
(大阪・葛井寺)
2月14日(水)より公開
国宝「薬師如来坐像」
(京都・仁和寺)
同上
参考までに

[まとめ]展覧会を楽しむコツ!美術館や博物館に行く時、知っておくと役に立つこと

2018.04.22

東京国立博物館の年間パスを作ったので会員制度についてまとめてみた

2017.12.30

次のページより特別展「仁和寺と御室派のみほとけー天平と真言密教の名宝ー」展示の様子を一足先にご紹介します。

ABOUTこの記事をかいた人

モモモサーバー編集長。 興味のあることにどんどん首を突っ込んで行きたい。 カレーパンが大好き。