におい展に行って悶絶した話:熊本、仙台でも開催決定!

悶絶注意!「におい展」熊本、仙台でも開催決定! 実際に行ってみたレポートも

2016年11月名古屋パルコで初開催以降、池袋パルコ、静岡、札幌、博多、さらに大阪をも恐怖のどん底?に陥れた大人気イベント「におい展」、平成最後の年、2019年1月に今度は熊本と仙台に上陸するということです。

今までありそうで無かった「嗅覚で楽しむ体験・参加型イベント」という点が、総動員数なんと14万人を突破する人気の秘密。熊本パルコは1月2日(水)から、仙台パルコは1月11日(金)よりスタート。

今回から新たな「におい」を追加!

会場の様子

今回、あらたな「におい」として、「戦を前に武将が纏った香り」が登場。魔除けと清めのために香りを纏ったといわれている戦国武将たち。織田信長・豊臣秀吉・徳川家康が戦の際、甲冑に纏った香りが新登場します。さらに仙台会場限定で「伊達政宗が纏った香り」、熊本会場限定で「加藤清正が纏った香り」と、地元を代表する武将の香りも再現して展示されるとのことです。

詳しい開催概要はデータページで。

イベント概要

物販

会場限定グッズもあります!

  • におい展ペン:200円(税込)
  • におい展消しゴム:200円(税込)
  • におい展クリアファイル:300円(税込)
  • シュールストレミングTシャツ:3,000円(税込)

展示例

みんなが待ってたあの激臭

『シュールストレミング』

シュールストレミング

世界一臭い缶詰の名を持つ激臭の王様。あまりの衝撃に誰もが悶絶する展示です。スタッフの気まぐれで「追いシュールストレミング」することも!?

『臭豆腐』

臭⾖腐

中国、台湾などで実際に食べられている豆腐の加工食品。過去にはこの臭豆腐の異臭が発端で、電車が止まったこともあるくらいのにおいが実際に体験できます。

『足のにおい』

⾜のにおい

身近な「激臭」なのに「もう一度」嗅いでしまうのはなぜなのか…!? 繁殖した雑菌に、皮脂や角質や汚れが加わり分解されることで発生する激臭です。においフェチの方にも人気の展示です。

香水の素

『イリス』

イリス

イリス

世界で最も高価といわれる香料。地中海産のニオイアヤメの根茎から抽出されるそのにおいは、採油するのに6~7年もの歳月がかかるとも言われ、普段の生活では中々嗅ぐことのできない貴重な品物です。

『カメムシ』

カメムシ

非常にくさいにおいを放つイメージの「カメムシ」ですが、“香水”には欠かせない成分を持っています。来場者からは「意外といいにおいかも?」との声が多くあり、今までの固定概念を覆す学び要素のある展示となります。

『ジャコウ』

ジャコウ

かつてジャコウジカから採取されていた貴重な香料。現在ではほぼ同一の香気をもつ合成香料でしか嗅ぐことのできない超貴重なにおいです。

昆虫がびっくりした時に出すにおい』

敵を感じると相手の嫌がるにおいを出す昆虫。それは私たち人間も嫌がるにおいなのか?それとも意外といいにおいなのか?

【幸運の香り】

アンバーグリス

アンバーグリス

超レア物!『アンバーグリス』龍涎香(りゅうぜんこう)ともも呼ばれるマッコウクジラの腸内に発生する滅多に採取できない結石をにおい展では展示します。現在は捕鯨が禁止されているので、入手することは不可能な超貴重な品物です。においを嗅ぐと願いごとが叶うとも言われている幸運な品物でもあります。

提供:アンバーグリスジャパン

『におい展』に行ってきた@池袋パルコ

2018年1⽉12⽇(⾦)池袋パルコで開催された「におい展」の初日の様子をご紹介します。「悶絶」から「美臭」まで、というすごいキャッチがついているこの展覧会、展示の様子や混雑状況を実際に嗅いで来ました。

混雑と客層

初日とはいえ、金曜日の16時前なのでガラガラかと思いきや、結構人が入っていました。会場がそんなに大きくないこともあって、順番に観るというか嗅ぐ感じに。年齢層的には若い女性が多く、通常の美術作品の展覧会とはちょっと雰囲気が違いました。

展示の様子

においの体験展示のため、会場内にはずらりと密封されたガラス容器が並べてあります。中はにおいを含ませた脱脂綿。これを入場者は1個づつ開けては中のにおいをかいで体験していきます。

またドア付きの電話ボックス的な個室がいくつかあり、そこではまさに「悶絶」するようなにおいの展示が待ち構えています。

入り口から段々とすごいのが展示されて行き、最後には…という趣向です。

これは危険!ちょっとした注意?

  • 思い切り息を吸い込んで嗅がないこと!
  • これ大事です。
  • あげいん。
  • 思い切り息を吸い込んで嗅がないこと!

咳き込んでいる方、えづいている方、はたまた絶叫している方などがいらっしゃいました…。

展示会場の端々にあるコーヒー豆のにおいをかいで鼻をリセットということになっていましたが、肺の奥まで吸い込むととてもにおいが抜けません。編集長も咳き込みました(笑)

なるべく軽くかぐようにしましたが、鼻の中が乾いた感じがしばらくしています。帰ったら鼻うがいとかして鼻をいたわった方がよさげです。

会場の様子(池袋展)

左のブースでは自分の体臭を測定できます。

最初のコーナーは、季節の花のにおいから。このへんはまだ安心でしたが…

香水などに使われる動物のにおい。霊猫(レイビョウ)のはもう完全に獣のにおい!

くさや

くさやの干物です。美味しいらしいんですけど…。そうはいってもまだ魚の匂いなのでなんとか…

さらに!

ドリアン

きましたドリアン!

ドリアン

カセットコンロとかのガスみたいなにおいがします…。

だんだんレベルが上がります。カーテンをめくって次のセクションに行くとそこには…

カメムシのにおいのコーナー!

え!ちょっと!待って!と言いたくなる、カメムシのにおいのコーナー。
いきなりレベルがあがりました…。なんとバラの香料などの成分としてカメムシのにおい成分は使われているのだそうです。

臭豆腐

すいません、豆腐の見た目してないんですけど…。中国、台湾、香港で食べられている臭豆腐という食べ物です。異臭騒ぎで電車を止めたことがあるという曰くの一品。もう吸い込んだらまずいレベルですね。

 さらにレベルアップして、続きます(怖)

足のにおい

足のにおい…。個室のなかにはマネキンの足に履かせた靴下。もちろん、まんま足のにおいがします。怖ろしい展示だと思いました。ここだけブースの中に加湿器がおいてあったのが狂気を感じました。

加齢臭

加齢臭の展示です。マネキンが着ている服の脇の下からは怖ろしい…。コレ、どうやって採集してるんでしょうか?考えるとほんと怖いです。ものすごい咳き込んでいる人がいました。ワタシも正直オエーって言っちゃいました(泣)

そして、展示会場の1番奥には、あの世界最強に臭い缶詰が展示されていました。
正直もう、鼻の中がカラカラに乾いている感じがしますが、取材というか怖いもの見たさ(かぎたさ)で行ってきます!

シュールストレミングのブース

スゥエーデンからやってきた「世界一臭い缶詰」、とあります。

発酵した塩漬けのニシンの缶詰だが、缶の中でも発酵を続けてガスが発生しており、開缶時に中の液体が勢いよく噴き出すといった怖ろしい缶詰である。

ひえー。

汁の濁り方がヤバイ!
もちろん嗅ぎました…。ええ、あとは是非ご自分で確かめて見て下さい><

ちなみに、物販コーナーでも買えました!

AD

[Ad]Amazonにも有りました!シュールストレミング


シュールストレミング

更新履歴