[行ってきた]企画展「沖縄の旧石器時代が熱い!」(国立科学博物館)の感想や展示の様子をレポる記事

企画展「沖縄の旧石器時代が熱い!」開催中

国立科学博物館(東京・上野公園)にて2018年4月20日(金)より旧石器時代研究の最新情報を紹介する企画展「沖縄の旧石器時代が熱い!」が開催されています。(6月17日(日)まで)開催に先立っての報道向け内覧会にも取材に行ってきましたので広報用写真と合わせて、この企画展「沖縄の旧石器時代が熱い!」の見どころや会場の様子等をご紹介します。
お隣の東京国立博物館では7月3日(火)より特別展「縄文―1万年の美の鼓動」も始まりますし、今年は日本の考古学関連の展覧会の「アツい年」になりそうですね!

ぜひお出かけ計画のご参考に。それではどーぞ!

企画展「沖縄の石器時代が熱い!」チラシ表面

企画展「沖縄の石器時代が熱い!」
チラシ表面

これまで謎に包まれていた沖縄の旧石器時代!

日本の人類史でもっとも古く、もっとも長く、もっとも謎に包まれている旧石器時代。そのころの日本列島に暮らした人々は、どのような姿をして、どのように暮らしていたのでしょうか。 彼らの生前の姿を現代に伝えてくれる旧石器時代人骨の大半は、沖縄で発見されています。しかし、 沖縄では石器などの道具が見つからず、彼らの暮らしぶりは長い間、謎とされてきました。そんな沖縄で、近年、世界最古の釣り針や旬のカニを味わうユニークな暮らしぶり、そして石垣島からの全身にわたる新たな旧石器人骨など、旧石器時代の大発見が沖縄の各地で相次いでいます。 本企画展では、そんな熱気あふれる沖縄旧石器時代研究の最新情報をご紹介します。(プレスリリースより)

イベントの概要

項目 内容
イベント名 企画展「沖縄の旧石器時代が熱い!」
場所 国立科学博物館(東京・上野公園)
会期 2018年4月20日(金)~6月17日(日)
開館時間 午前9時~午後5時
※金・土曜日及び4/29(日)4/30(月)5/3(木)は午後8時まで。
5/1(火)5/2(水)5/6(日)は午後6時まで。
※入館は各閉館時刻の30分前まで
休館日 毎週月曜日
※4/30(月)6/11(月)は開館
入館料 一般・大学生:620円(団体500円)
高校生以下および65歳以上:無料
主催 国立科学博物館
学術協力 沖縄県立博物館・美術館、沖縄県立埋蔵文化財センター
協力 株式会社南都(おきなわワールド・ガンガラーの谷)
八重瀬町・うるま市・宮古島市各教育委員会
NHK

国立科学博物館へのアクセス

  • 国立科学博物館(東京・上野公園)
  • 〒110-8718 東京都台東区上野公園 7-20

  • JR「上野駅」公園口から徒歩5分
  • 東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」から徒歩10 分
  • 京成電鉄「京成上野駅」から徒歩10 分

次ページより展示の見どころの紹介です。

ABOUTこの記事をかいた人

二児の子供を持つママさんライター。日頃の生活で感じた疑問をとことん追求するのが大好き。面白いと感じたことを記事にするのが生きがいになっている。