【上野動物園の混雑】パンダのシャンシャンの観覧、先着順に[行ってきた]

上野動物公園
撮影:編集部

2018年6月5日から観覧方法が先着順に

6月より上野動物園のジャイアントパンダ母子「シンシン」「シャンシャン」の公開方法が整理券制から先着順に変更になりました。

これまでは1日9000枚限定で配布される整理券方式だったのですが、今後は並びさえすれば観覧できるということで、初日は朝から800人が並んだということです…。

そこで、早速、方式変更最初の休日である土曜日に「普通にぶらっと行ってもパンダに逢うことは可能かどうか」ということで、実際に並んでみました。
結論を先に書いておくと、見れます!

取材では結構上野公園に行くことは多いです。整理券方式の頃は動物園の前で「パンダに会いたいー」と泣くお子さんとか、多分地方から楽しみにしてやってきて、観れないとしってガックリしている年配の女性グループとか、本当にたくさん見てきました(涙)誰もが朝イチで上野へアクセスできるわけではないので、これから家族でパンダアタック(なんだそれ)を計画されいる方はぜひ参考にしてください。

6月9日土曜日11時の状況

土曜日11時の上野動物公園入り口
編集部撮影

観覧まで2時間待ちということでした。入場ゲートはガラガラなのですが…。実はこの日、駒込で別件の取材予定があるため、一旦上野を離脱。

同日14時。

用事を済ませて14時に戻ってきました。今までだと観覧は無理な時間帯ですが…。

あれ、チケットカウンターは混雑しているのに、パンダ自体は50分待ちに!
編集部撮影

午前中と違いチケット売場に行列ができていますが、パンダの待ち時間は50分に縮まっています。謎なので入ってみます。

いよいよ編集部、上野動物園へ

dav

入場ゲートはすごい混雑のように見えますが、自動販売にによる発券はスムーズで、五分程度で中には入れました。意外な順調さに驚きです。

パンダ舎へは入場ゲートをくぐってすぐのところから行列最後尾があり、そのまま並びます15時現在の気温29℃。一部テントがあるものの、日傘、水を用意しておくなど体調管理のために準備が必要かと思います。

50分後、ついにパンダ登場!

撮影:モモモサーバー編集部

ちょうど50分でパンダ(多分シンシン)登場!いきなりガラスぎりぎりの場所に座って、お客さんを眺めながら笹をほうばっています。大きい!そしてサービス良い(笑)

そして

シャンシャンが入ってきた!
撮影:モモモサーバー編集部

撮影:モモモサーバー編集部

となりの室内。シャンシャンが。感激ですねー。

基本的に歩きながらの観覧で立ち止まっているとスタッフに声をかけられてしまいます。なので実際にパンダに会えるのは1分くらいと思ってください。たったの1分ですがとても幸せな1分です。

余談

写真撮影はOKですが、フラッシュ、三脚の使用は禁止です。予断ですが編集長のメイン機材はEOS M2をあえて使用していて、このカメラはフラッシュ自体搭載していないので設定ミスによる誤動作は起こりません。
また、基本立止まって観ることができないので、ピントを合わせるとかもたもたしていられません。あらかじめスマホなり一眼なりを連射モードに設定しておくなどの準備をしておきましょう。

上野動物公園のパンダ観覧時間

休園日等は公式サイトを確認ください。
http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/

  • 観覧時間
  • 9時30分〜17時(休園日を除く)
  • 観覧列への整列は16時に締め切り
  • 当日の混雑状況により、16時よりも前に締め切る場合アリ
モモン

ライター:

モモモサーバー編集長。好きな食べものはカレーパンとパイナップル。興味のあることにどんどん首を突っ込んで行きたい。どちらかというと映画よりも展覧会やの方が自分のペースで楽しめるので気に入っている。