損保ジャパン日本興亜美術館の入り口

損保ジャパン日本興亜美術館の入り口

「ターナー 風景の詩」展(損保ジャパン日本興亜美術館)に行ってきました。

新宿の損保ジャパン日本興亜美術館で開催中の「ターナー 風景の詩」展(2018年7月1日(日)まで)に行ってきました。会場の様子や混雑状況、また所要時間、コインロッカーについて等ご紹介します。

本展覧会はイギリスを代表する風景画の巨匠、ジョゼフ・マロード・ターナー(1775-1851)の展覧会です。2020年、新20ポンド紙幣に肖像画が使われるくらい、まさにイギリスを象徴する象徴する顔であるターナー。120点あまりの出品作の多くが日本初出品、しかも研究書や一般美術書でもおなじみの作品が数多く展示される贅沢な展覧会です。

展覧会の概要

項目 内容
会場 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
会期 2018年4月24日(火)から7月1日(日)
休館日 月曜日
開館時間 午前10時から午後6時
5月9日(水)、16日(水)、6月26日(火)~30日(土)は午後7時まで
※入館は閉館30分前まで
主催 東郷青児記念
損保ジャパン日本興亜美術館
毎日新聞社
スコットランド国立美術館群
協賛 損保ジャパン日本興亜
大日本印刷
後援 ブリティッシュ・カウンシル
協力 日本航空
展覧会公式サイト https://turner2018.com/

観覧料(当日券)

項目 内容
一 般 1,300円
大・高校生 900円
※学生証要提示
65歳以上 1,100円
※要 年齢のわかる物
中学生以下 無料
※生徒手帳要提示

※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を提示のご本人とその付添人1名は無料。被爆者健康手帳を提示の方はご本人のみ無料となります。

アクセス

損保ジャパン日本興亜本社ビル

損保ジャパン日本興亜本社ビル

  • 〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階

次のページへ
次のページで展覧会の様子をレポートします。