今回のために制作された青森ねぶた「竹取物語」/漁樵の間

累計23万人を動員する都内最大級のあかりアート展

2018年7月7日(土)より、アートイルミネーション「和のあかり×百段階段2018 ~日本の色彩、日本のかたち~」が開催されます。会場はホテル雅叙園東京館内にある東京都指定有形文化財「百段階段」。(会期は9月2日(日)まで)第4回目となる今回は「青森ねぶた」をはじめ、日本各地から前回の約2倍の63団体、1,000点を超える作品が集結します。

この展覧会は写真撮影がOKということなので(三脚、フラッシュはNG)、この機会にインスタ映えするフォトジェニックなショットを狙ってみてはいかがでしょうか。

この夏は、文化財を華やかに彩る究極の日本美イルミネーションをお愉しみください。(プレスリリースより)

展覧会概要

頂上の間

頂上の間

頂上の間

項目 内容
展覧会名 「和のあかり×百段階段2018 ~日本の色彩、日本のかたち~」
開催期間 2018年7月7日(土)~9月2日(日) ※会期中無休
開催時間 月~木曜日 10:00~17:00(最終入館16:30)|
金・土・日・祝および8/13~17 10:00~20:00(最終入館19:30)
※写真撮影可能(三脚・フラッシュ撮影NG)
入場料 当日 1,500円、前売 1,200円
(館内前売 1,000円7/6迄)
学生 800円※要学生証呈示、小学生以下無料
会場 ホテル雅叙園東京
お問合せ 03-5434-3140(イベント企画10:00~18:00)
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/wanoakari2018
主催 和のあかり展実行委員会
後援 目黒区、めぐろ観光まちづくり協会、カナダ大使館

アクセス

今年、創業90周年を迎える日本美のミュージアムホテルです。

  • ホテル雅叙園東京

会場である「百段階段」は、昭和10年に建てられ、雅叙園の歴史と共にさまざまな集いの場として多くの人々を迎えてきました。類稀な建築・美術による空間美から2009年には東京都指定有形文化財に認定されています。

「和のあかり×百段階段2018」の見どころ

その1 ねぶた界初。「3流派による完全新作の共同作品」を公開

今回は、ねぶた界初の試みとして現地青森では実現しない「3流派による完全新作の共同作品」を公開。青森ねぶた祭り最終日の海上運行の様に水面に浮かぶ「ねぶた」をイメージした幻想的な作品です。その昔、筍の産地として知られ竹林にあふれた目黒と、部屋のモチーフとして描かれている平安時代に誕生した「竹取物語」の世界を美しく創り上げています。

その2 数々の大舞台を沸かせてきたインスタレーションアート集団「ミラーボーラー」が新作を発表

国宝「姫路城」や「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」など数々の大舞台を沸かせてきた、光りの空間演出をするインスタレーションアート集団「ミラーボーラー」が日本画に囲まれた文化財を舞台に新作を発表します。

その3 現代の日本画家が、文化財を揮毫した「昭和を代表する日本画家」の作品で彩られた文化財に挑む

日本画家 間島秀徳氏が、6年の歳月をかけ、昨年末に完成させた3部作、幅6.8m 高さ2.2mにおよぶ大作をご覧いただけます。今回が初の3部作同時展示となります。

その4 文化財に光の落書き体験

「百段階段」の頂上にあたる第8の部屋を今年も特別開放し「光の屏風」を設置。特別な筆を用いて光の落書きをお愉しみいただけます。

その5 和のあかり展初となる香りの演出が登場

「百段階段」史上初となる試みとして日本上陸10周年を迎えるイスラエル発のボディケアブランド「SABON」による香りの演出が実現しました。日本からインスピレーションを受けて作られた特別なコレクション「Decade」の香りを五感で感じていただけます。

ミラーボーラーの作品(イメージ)

日本画家 間島秀徳氏の作品

光の落書き

「SABON」の“Decade”10周年アニバーサリーコレクション

会場と混雑に関して

「百段階段」へは特注の螺鈿が施されたエレベーターで

「百段階段」は通称で、ホテル雅叙園の前身である目黒雅叙園3号館にあたる建物です。館内からエレベータで上がると99段の長い階段廊下がつなぐ7つの部屋からなる別名「昭和の竜宮城」が広がります。(今回の展示では「8つ目の部屋」として「頂上の間」に並ぶスペースにも展示があります。)

過去三回で累計23万人を動員、昨年の最終日にはなんと1日だけで5千人ものお客様が訪れたということです。文化財内での展示ということもあり、状況によっては並んで待つ形になる可能性もあるということです。

十畝の間

草丘の間

百段階段」は普段ホテルに宿泊の人と、食事付きのガイドツアーでは見ることができるが、一般公開されるのはイベント期間のみという貴重な機会。イベントは、年6回のみ。

記者の感想

見どころは、特注で作られたという「ねぶた」三体。本物を見るのは初めて。造形の細かさとダイナミックさは圧巻で、やはり本物を間近でゆっくりと見られるのがいい。遠出せずとも目黒駅から近いのがいいのだけれど、これを見るとたくさんの「ねぶた」が動いている青森のお祭りも見たくなってしまう。

5つある各階のどの部屋も、伝統を生かしつつ最新技術も取り入れた「和のあかり」で、静かに好奇心が刺激されるような趣向が満載だった。

金魚提灯、ランタン、染色、和紙、日本画、ガラス、木工芸、かまくら、落ち葉、ミラーボール、五千枚の折り紙ランプ、切り絵、七宝、漆のランプ、昭和の絵、浮世絵インスタ、光る九谷焼、和紙灯篭、銭湯絵師の屏風絵、切子ガラス、伝統柄、なにが出るかわからないガチャ、光のらくがきタイル、生け花、などなど。

それぞれダイナミックでも主張しすぎず引き立てあい調和している。
どこかに自分のお気に入りが見つかるような配慮も、誘いあって行くのにはもってこいだ。

百段の階段に「石の巻のこけし」が1段1体ずつ寝かせてあり、こけしが芝居をしているコーナーがあったり不思議な案内役をしている。薄灯りの中で幻想的で、ここが真夏の昼間の都会だということを忘れそうな、オススメの納涼イベントだった。

コラボレーション企画も多数

すみだ水族館×和のあかり展 相互入場コラボレーションを実施~

すみだ水族館

2018年7月7日(土)~9月2日(日)までの期間中、水族館の年間パスとホテル雅叙園東京のファミリークラブカードの提示で両施設の無料入園が可能です。

東京タワー「天の川イルミネーション」大展望台にて和のあかり展 コラボレーション展示

東京タワー

東京タワー

メインデッキ(150m)にて、和のあかり展 コラボレーション展示を実施。和のあかり展の出展者「篠原風鈴本舗」の江戸風鈴が東京タワー「天の川イルミネーション」とコラボレーションします。(7月後半スタート)

東海汽船「東京湾納涼船」 装飾コラボレーション

東海汽船

和のあかり展出者「柳井金魚ちょうちん祭り」が東京湾納涼船を鮮やかに飾ります。ホテル雅叙園東京で人気の浴衣プランと納涼船がセットになったプランも発売いたします。

ログロード代官山 装飾コラボレーション

ログロード代官山

コテージライクのスタイリッシュな建物をつなぐ散策路を持つログロード。施設の端から端までを結ぶ散策路に企画展と連動した夜空と花火をテーマにしたあかり提灯が優しいあかりを灯します。

※詳細は各ウェブサイトをご覧ください。

「和のあかり×百段階段2018 ~日本の色彩、日本のかたち~」

頂上の間

項目 内容
展覧会名 「和のあかり×百段階段2018 ~日本の色彩、日本のかたち~」
開催期間 2018年7月7日(土)~9月2日(日) ※会期中無休
開催時間 月~木曜日 10:00~17:00(最終入館16:30)|
金・土・日・祝および8/13~17 10:00~20:00(最終入館19:30)
※写真撮影可能(三脚・フラッシュ撮影NG)
入場料 当日 1,500円、前売 1,200円
(館内前売 1,000円7/6迄)
学生 800円※要学生証呈示、小学生以下無料
会場 ホテル雅叙園東京
お問合せ 03-5434-3140(イベント企画10:00~18:00)
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/wanoakari2018
主催 和のあかり展実行委員会
後援 目黒区、めぐろ観光まちづくり協会、カナダ大使館