「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」展覧会みどころ

展覧会チラシより

「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」 2019年開催

19世紀末、ハプスブルク帝国が終焉に向かう頃、ウィーンでは芸術においても新たな時代を求める動きが起こり、装飾性豊かな世紀末芸術が、絵画や建築、応用芸術、ファッションなど様々な分野で花開きました。2019年の日本・オーストリア外交樹立150周年を記念して開催される本展は、国立新美術館(東京・六本木)、国立国際美術館(大阪・中之島)で開催され、モダンデザインへの萌芽とも言えるビーダーマイアー時代の銀器や絵画から世紀末芸術を代表するクリムトやシーレ、オットー・ヴァーグナー、アドルフ・ロース、ウィーン工房に至るまで、東京会場で約400点、大阪会場では約330点の作品により、ウィーン世紀末の華麗なる芸術世界とその革新性を紹介するものです。

展覧会のポイント

  • 絵画、建築、応用芸術、音楽―ウィーン芸術文化の全容がわかる総合展
  • クリムト47点、シーレ22点、ココシュカ17点 ウィーン世紀末の巨匠の作品が集結(東京展)
    ※大阪展はクリムト18点、シーレ11点、ココシュカ8点
  • ウィーン・ミュージアムの至宝が一堂に

クリムトの傑作《エミーリエ・フレーゲの肖像》が来日!!

グスタフ・クリムト《エミーリエ・フレーゲの肖像》1902年 油彩/カンヴァス 178×80 cm
ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz

展覧会の構成

展覧会は「第1章 啓蒙主義時代のウィーン」「第2章 ビーダーマイアー時代のウィーン」「第3章 リング通りとウィーン」「第4章 1900年―世紀末のウィーン」の4章構成。絵画や工芸はもちろん、建築、デザイン、インテリア、グラフィックデザインなど、多彩な展示品を通して、”芸術の都”ウィーンで育まれた芸術世界を網羅的に紹介します。

展示作品の一部

東京会場で約400点、大阪会場では約330点もの展示作品の一部を画像で紹介いたします。

  • 左:グスタフ・クリムト《エミーリエ・フレーゲの肖像》1902年 ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz
  • 右:グスタフ・クリムト《パラス・アテナ》1898年 ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz
  • 左:エゴン・シーレ《自画像》1911年 ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz
  • 右:エゴン・シーレ《ひまわり》1909-10年 ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz
  • 左から
  • グスタフ・クリムト《第1回ウィーン分離派展ポスター》(検閲後)1898年 ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz ※大阪展は同作品の別版を出展
  • マクシミリアン・クルツヴァイル《黄色いドレスの女性(画家の妻)》1899年 ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz
  • マルティン・ファン・メイテンス《幼いヨーゼフ2世を伴ったマリア・テレジア》1744年 ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz
  • フランツ・ルス(父)《皇后エリーザベト》1855年 ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz
  • ハンス・マカルト《1879年の祝祭行列のためのデザイン画―菓子製造組合》1879年 ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz
  • 左から
  • フリードリヒ・フォン・アメリング《3つの最も嬉しいもの》1838年 ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz
  • ハンス・マカルト《ドーラ・フルニエ=ガビロン》1879-80年頃 ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz
  • モーリツ・ネール《郵便貯金局メインホール》1906年 ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum
  • ベルトルト・レフラー《キャバレー・フレーダーマウスのポスター》1907年 ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz ※大阪展は同作品の別版を出展
  • 左から
  • ヨーゼフ・ホフマン《ブローチ》製作:ウィーン工房 1908-10年 International Friends of Wien Museum, A.P. Collection ©Asenbaum Photo Archive
  • 《エミーリエ・フレーゲのドレス》(複製、1909年製作のドレスに基づく) ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz
  • オットー・ヴァーグナー《カール・ルエーガー市長のための椅子》1904年 ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz
  • アルノルト・シェーンベルク《グスタフ・マーラーの埋葬》1911年 ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz

記者発表会(2018年10月)

記者発表会場にて編集部撮影

  • 左:ウィーン・ミュージアム ウーズラ・ストーク 副館長
  • 右:画面左から、主催の読売新聞東京本社 福士 千恵子 取締役事業局長、主催(大阪展)の国立国際美術館 山梨 俊夫 館長、主催(東京展)の国立新美術館 青木 保 館長、駐日オーストリア大使 フーベルト・ハイッス 閣下、ウィーン・ミュージアム ウーズラ・ストーク 副館長、ウィーン・ミュージアム クリスティーナ・シュヴァルツ 財務部長 2018年10月11日の記者発表会(国立新美術館)にて編集部撮影

ウィーン・ミュージアムが全面協力、東京展で約400点、大阪展で約330点と「通常の展覧会が2、3本できてしまうほどの規模」(学芸担当 国立新美術館 本橋 弥生 主任研究員)であり、ウィーンでもこれほどの作品がならぶことはないということです。展覧会タイトルである「ウィーン・モダン」という言葉は、本展のための造語で、「ウィーンの世紀末文化を、近代化(モダニズム)への過程という視点で読み解く」という意味合いが込められています。

「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」開催概要

2019年4月に国立新美術館(東京・六本木)、8月より国立国際美術館(大阪・中之島)で開催されます。

東京展

項目 内容
展覧会名 日本・オーストリア外交樹立150周年記念
「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
会期 2019年4月24日(水)〜8月5日(月)
休館日 火曜日 ※ただし4月30日は開館
会場 国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)
主催 国立新美術館、ウィーン・ミュージアム、読売新聞社
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
展覧会HP https://artexhibition.jp/wienmodern2019/

国立新美術館

  • 〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2 
  • 東京メトロ千代田線「乃木坂駅」青山霊園方面改札6出口(美術館直結)、東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口から徒歩約5分、都営地下鉄大江戸線「六本木駅」7出口から徒歩約4分 ※美術館に駐車場はございません。

大阪展は2019年8月より

  • 会場:国立国際美術館(大阪・中之島)
  • 会期:2019年8月27日(火)~12月8日(日)

読者プレゼント企画

近日、招待チケットプレゼント応募方法をこのページでアナウンスします。絶対応募したい!人はブックマークを。

関連記事