月岡芳年 妖怪百物語 展示チラシ
  • 写真はチラシより

夏といえばということで

原宿の太田記念美術館で8月27日まで開催中の「月岡芳年 妖怪百物語」展示に行ってきました。今時はジバニャンさんとか可愛い妖怪も多いですよね。今回鑑賞したのは幕末から明治にかけての人気絵師「月岡芳年」による作品で、当時の最高峰のエンタメです。開催1周目に行ってみました。

展覧会の概要

太田記念美術館 月岡芳年 妖怪百物語 展

太田記念美術館は国内有数の浮世絵専門の美術館です。

  • 2017年7月29日(土)- 8月27日(日)
  • 開館時間:10:30-17:30(入館は17時まで)
  • 休館日:毎月曜日
  • 入館料:一般1,000円/大・高校生700円/中学生以下無料
  • 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-10-10

http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/exhibition/%E6%9C%88%E5%B2%A1%E8%8A%B3%E5%B9%B4%E3%80%80%E5%A6%96%E6%80%AA%E7%99%BE%E7%89%A9%E8%AA%9E

こんな展示

歌川国芳の弟子で幕末から明治時代の人気浮世絵、月岡芳年の妖怪画シリーズである「和漢百物語」と「新形三十六怪撰」が全点公開されています。

会場まで

JRの原宿駅、地下鉄の明治神宮前駅からすぐです。

明治神宮前駅は出口5番から地上に上がり、原宿方向に向かいます。

すぐに太田記念美術館の看板が出ていますので路地を右に入り30メートルくらい。多分迷いません。

[kpAdBIG]

展示を観る上でのTIPSや子供連れでも大丈夫か等の記事を次ページに書きました。