【開催中】「生誕150年 横山大観展」東京国立近代美術館(東京・北の丸公園)に行ってきたよ

東京国立近代美術館

東京国立近代美術館

横山大観(1868-1958)の生誕150年と没後60年を記念した回顧展

東京国立近代美術館(東京・北の丸公園)にて「生誕150年 横山大観展」が2018年4月13日(金)からから5月27日(日)まで開催されています。本展は、横山大観(1868-1958)の生誕150年と没後60年を記念した回顧展で、代表作《生々流転》(重要文化財)や《夜桜》《紅葉》をはじめ、初公開作品の数々や習作などの資料をあわせて展示し、制作の過程から横山大観の芸術の本質を改めて探るものです。この記事では、会場の様子や見どころなどを報道内覧会での写真も交えながらご紹介いたします。

展覧会ビジュアルイメージ

展覧会ビジュアルイメージ

展覧会の概要

横山大観の個展としては1959年の追悼展以来59年ぶりの開催となります。

項目 内容
展覧会名 「生誕150年 横山大観展」
会期 2018年4月13日(金)〜5月27日(日)40日間
会場 東京国立近代美術館(東京・北の丸公園)
開館時間 10:00〜17:00(金・土曜日は20:00まで)
入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日(4月30日(月・休)は開館)
問合 公式サイト http://taikan2018.exhn.jp/
ハローダイヤル 03 -5777-8600
観覧料 一般 1,500円(1,300円)大学生 1,100円(900円)高校生 600円(400 円)
( )内は前売及び団体( 20名以上)料金、中学生下は無料
その他各種割引適応あり
本展の 観覧料で入館当日に限り、所蔵作品展「 MOMAT コレクション」( 4F -2F )もご覧いただけます。
主催 東京国立近代美術館
京都国立近代美術館
日本経済新聞社
毎日新聞社
巡回情報 京都展
2018年6月8日(金)~7月22日(日)
京都国立近代美術館

横山大観ポートレート(昭和8年頃)
写真提供:横山大観記念館

ABOUTこの記事をかいた人

モモモサーバー編集長。 興味のあることにどんどん首を突っ込んで行きたい。 カレーパンが大好き。